散歩しながらタンポポを観察してみると、このあたりで咲いているのは在来種のタンポポのようです。
見分け方は、花の下のほうに総苞というのがあって、その総苞片が反り返っているかいないか。
反り返っていたら外来種のタンポポということです。


th_IMG_3291.png


これは反り返ってません。


th_IMG_3287.png

丸い葉っぱもあれば

th_IMG_3293.png

ギザギザの葉っぱもある。



野の花えほん 春と夏の花

野の花えほん 春と夏の花

最近図書館で何気なく手にとった絵本。
絵本というより図鑑のようで、やわらかな風合いのイラストに草花の特徴、遊び方、食べ方(!)が載っていて、本を開いた途端すっかり気に入ってしまいました。
散歩中に見かける草花も多いので探してみたいと思います。


th_IMG_3264.png

スミレ


th_IMG_3271.png

キュウリグサ


th_IMG_3276.png

カラスノエンドウとキュウリグサ


th_IMG_3301.png

シロツメクサ

カラスノエンドウって食べられるんですね。
うちの庭にもいっぱいなってきたから、豆がふくらんだら豆ごはんにしてみようと思います。
粒が小さいから大変かなあ!


スポンサーサイト
[Edit]
2017.04.16 イソヒヨドリ
ここ一ヶ月くらい、聴き覚えのない鳥のさえずりを耳にしていて、それがまたすごく美声なのです。
同じフレーズの繰り返しでもなく、変化があって複雑なさえずり。
なんだろう、なんの鳥だろうとずーっと探しているけど、姿をはっきり見ることもできなくてただ澄んだ美しい声が聞こえるのみ。
きのうやっと近くを飛んでいる姿を確認。


th_IMG_3274.jpg

いやーわからん(笑)
ただ、黒っぽいんだけれども濃いブルーに見えるんですよ。飛んでいる時の背中の色が。
それで、「濃い青 おなか茶色 鳥」で検索したところ、ようやく発見。
yahoo知恵袋のQ&Aでわかったんですが、質問者の写真ではシルエットしか確認できないにもかかわらず、これで「イソヒヨドリ」と回答した人、すごいですね。
動画でさえずりを確認し、これだよっしゃー!と思わずガッツポーズするほどうれしかった。

で、このイソヒヨドリ。
海岸や岩山などで多く見られると書いてあり、近年では都市部の住宅地でも見られるということ。
この辺りはちょっと自然の多い住宅地であるけど、奈良よりの京都だから海からはほど遠い内陸部です。
「イソ」ヒヨドリなんてものが生息しているとは思わんかった。
でもこのイソヒヨドリは、ヒヨドリに似てるってだけで本当は「スズメ目、ツグミ科」なんですね。

名前と姿がわかって本当にスッキリした。
午後の昼下がり、聴こえてくる美しいさえずりに耳を傾けつつコーヒーを飲む、というのも乙なものです。
あと、キジの声もやたらよくきこえてくる。
よく「ケーンケーン」と表現されるけど、実際聞いた感じだと「クァー、カー」かなあ。
「クェー、ケェー」とか。うーん、字で表すのムズい。
にわとりっぽい声なんだよね。
[Edit]
2017.04.15 桜の名残
th_IMG_3259_Fotor.png


th_IMG_3255_Fotor.png

桜もだいぶ散ってしまいましたが。


th_IMG_3260_Fotor.png

th_IMG_3261_Fotor.png

th_IMG_3252_Fotor.png

th_IMG_3228_Fotor.png

近所の桜をめぐるだけでもいいお花見になります。
ここ最近は身近な桜を愛でて満足してる。


th_IMG_3246_Fotor.png

th_IMG_3248_Fotor.png

せっかく桜にとまるメジロに出会ったのに、なんの鳥かさっぱりわからんなこれ…。
[Edit]
th_IMG_3219_Fotor.png

th_IMG_3218_Fotor.png

th_IMG_3206_Fotor.png

近所の公園までお散歩。


th_IMG_3220.png

うちのツバキとは品種が違って花弁も多くてゴージャス。


th_IMG_3225.png

しいたけみたいなのがなってる。
ほかにもきのこがいろいろ。
ここのところジメジメしてるからなあ。

th_IMG_3207.png

菜の花も見頃で、あざやかな黄色が気分を明るくしてくれる。


th_IMG_3212.png

なぜかカラスノエンドウなんかの雑草に混じって水仙の花がぽつんと。
そしてその横に鈴蘭らしき可憐な花。


th_IMG_3204.png

あれー?鈴蘭てこんなのだっけ?
緑のぽちぽちなんてあったっけ、と調べたところ、これは「鈴蘭水仙」というらしい。
いや、「スノーフレーク」というほうが耳馴染みがある。
スノードロップにもちょっと似てるよね。
なんでこんなところにちょびっとだけ咲いてるんだ。

春はいろんな花が咲いていて楽しい。

[Edit]
2017.04.08 春の鳥風景
th_IMG_3197.png

ツバキとモクレンが咲いて、うちの庭先も春らしくなってきました。
余談ですけど、つい最近までこのシモクレンのことをコブシだと思ってました。
見分けにくい花はハクモクレンとコブシであって、紫色したものは間違えようなくモクレンなんですね。
誰さ最初にコブシって言い出したの。
今年もこのモクレン、いきいきと花開きました。
で、このヒヨドリをよく見てください。
口元のところ。


th_IMG_3196.png

黄色い花粉まみれ。
さっきまでツバキの蜜を吸ってたんだな。


th_IMG_3210.png

ツバキの蜜は好物だもんね。
メジロもよく来るんだけど、まだ写真にちゃんと姿をおさめたことないなあ。


th_IMG_3198.png

今くらいの時期からだったか、ムクドリが群れてやってくる。
それも、5、6羽くらいの小隊で。
去年よく見かけたムクドリだったりするのかな?


th_IMG_3199.png

胸を張ってウォーキングする姿が愛嬌あるんだなあ。


th_IMG_3191.png

えらく甲高くて個性的な鳴き声のスズメちゃんがいたので、思わず撮ってしまった。
スズメの声もけっこう個体差あるんだよね。
[Edit]
2017.04.07 春の奈良公園
気温がぐんぐんあがってきて桜が見頃になりつつも、しばらくは晴天が見込めなさそう。
ということで昨日、一足早くお花見がてら奈良公園へ。


th_1.png

今回はデジカメにメモリーカードを入れ忘れるという失態をおかしたため、iPod touchで撮影。
曇天のせいもありあまりに暗いのでごりごりに補正してます。

ここは大仏池を通り過ぎたところの、大仏殿の裏辺り。
ここのソメイヨシノは結構咲いてました。
全体的にはまだまばらなんですけどね。
こんなに開花が遅いのも近年めずらしいですよね。


th_2.png

去年の秋と同じルートで、猫段をのぼります。
馬酔木の花がたくさん咲いています。


th_3.png

鐘楼と桜。


th_4_20170407142802bd7.png

今の時期の鹿さんは、夏毛に生え変わり中でボッサボサです。

ところで、ちょうど桜の時期ということもあり、こんなお天気でも観光客はわんさかいるのですが(ほとんど外国人だけど)この辺りはやはり人が少なく、落ちついています。


th_5_201704071427535ec.png

二月堂、三月堂へ続く道。

ここを行かずに「上之坊」と標に書いてある左手の石段をのぼると、立派な枝垂れ桜があるのです。


6_20170407144127f0a.png

7_20170407144120a2d.png

8_201704071441238df.png

10.png

9_20170407144127196.png

薄暗くてぱっとしない絵で残念なんですけど。
ここ、誰も人がいませんでした。
こんなきれいな枝垂れ桜を誰にも邪魔されず独り占めできるという。
これを目的に来たんですが、またいいお天気に恵まれた時に見に来たい場所ですね。
氷室神社の枝垂れ桜とだいたい同時期に見頃を迎えるようなので、それに合わせて行くとよさそうですよ。


11_201704071458031f8.png

さて、そろそろ帰るね、鹿ちゃんたち。

このあとは、天極堂へ。


th_12.png

th_13.png

窓の外は東大寺西大門跡で、銀杏の色づく時期は格別な景色が望めるようです。


th_15.png

吉野本葛を使った葛もち目当てで来ました。


14.png

できたてでほんのりあたたかく、やわやわ。
甘みもやさしく、ぺろっと平らげてしまった。
もう一皿食べれる…←

期間限定の桜の葛湯と葛プリンも味見。お上品。
今度はランチを食べに来たいな。

帰りにすぐそばにある「千壽庵吉宗」で、柏餅をおやつに購入。
つぶあんとみそあんを一つづつ。
ここはわらび餅で有名なお店ですね。


th_16.png

葉っぱの色を変えてあるのがいい。
[Edit]
3_2017040302503798e.png

本屋さんでもらってきました。
たまに行くと楽しいですね、本屋さんは。
特に児童書コーナーが充実してるとね。

みらい文庫の全作品ガイド、なかなかありがたいわ。
しっかりした紙質で71Pもあって分厚い。
これのつばさ文庫版もほしいな。


4_20170403025056fd5.png

5_201704030251087c7.png

女吸血鬼カーミラが気になるわ。
ドラキュラと二本立てってことは、抄訳だろうね。
それから「わし姫物語」が一番気になっている。
60年ぶりの新訳って、まじかよ。
今まで見たことも聞いたこともなかったよ。
他の本と違って挿絵が当時のまま(原著と同じ)らしいんだけど、めちゃ浮いてそうだなそれ。
そのうち買うわ。
こういう本は貴重。
挿絵って大事だよね。なんでもかんでも今風の媚びたような絵柄にすればいいってものじゃないやん。
小さい頃から漫画に親しんではいたけど、児童書の絵はやっぱり漫画絵とは違って味わい深かったり時には理解できなかったり、なんだこの絵、っていうのもあったけどそれでよかったのだ。
想像の広がり方が全然違う。
まあ今は可愛い絵柄による購買力がものをいうんだろうけどさ。
私も赤毛のアンは絵の可愛さで選んだけどさ←


2_2017040302511051e.png

こっちのミリオンぶっくは、出版社の垣根なく発行部数が100万部以上のものを集めたという、これまた興味深いものだ。
つまりどれを読んでも間違いないってやつだね。


1_20170403025036d9c.png

私自身は思い入れのある絵本ってあまりないのだ。
あ〜小さいころ読んだな、懐かしい。内容忘れたけど。…という程度のものが多い。
小学生以上になって読む、字が多めの読み物から思い入れのできる本が多く出てくる。
でも最近は気になる絵本があればちょこちょこ読んでるので、これもまた参考にしようと思う。
[Edit]