FC2ブログ
まただいぶ間が空いたけど、昔DLして放置してたアイテム探しゲーム消化。

th_IMG_2062.png

PARANORMAL AGENCY
超常現象探偵事務所:ウエイン屋敷の亡霊

iOS版はもう入手不可。
シリーズものだったのかなあ。
屋敷で起こる超常現象を調査するためにゴーストハンターの主人公が謎を解く、というストーリー。


th_IMG_2065.png
th_IMG_2064.png
th_IMG_2063.png
th_IMG_2066.png

うむ、あまりおもしろくなかった←
ラストもちょっとあっけない。
ストーリー性があるのは好きだけど。



th_IMG_2067.png

9 クルーズ:サーペントクリークの秘密

開発はTap It Games。Artifex Mundiの名前もあるけど、共同開発なのか?
iOS版は現在入手不可。
BigfishGamesでPC版は購入可能。


th_IMG_2069.png

th_IMG_2073.png

th_IMG_2072.png

th_IMG_2070.png


1950年代のアメリカが舞台らしい。
サスペンス・ホラー。蛇をモチーフにした作品なので、蛇がいっぱい出てきます←
私、蛇が大嫌いなのでちょっとキツイ。
まあでもなかなか引き込まれるストーリーではありました。ちょっとこわいけど。
グクマツとシジンとかいうのが出てきたけど、蛇関係の神話なのかしら。


リビング レジェンド:氷の美女 - アイテム探し、ミステリー、パズル、謎解き、アドベンチャー








リビング レジェンド:氷の美女 - アイテム探し、ミステリー、パズル、謎解き、アドベンチャー (Full)
Big Fish Games, Inc
価格: 360円

シリーズもののようです。
アナと雪の女王がブームの頃に出たやつかな。世界観がなんとなく。(ってアナ雪見たことないからわからんけど)
童話ファンタジーな感じで、女性向けなのかなー。
グラフィックがめちゃ綺麗だった。今やってもハイクオリティだと感じる。


th_IMG_2080.png

th_IMG_2081.png

お姉さんを助けに行く旅へ。


th_IMG_2082_20191111205430c3c.png

th_IMG_2084.png

どこを切り取っても美麗。


th_IMG_2083_2019111120543665c.png

th_IMG_2086.png

謎解きも凝ったものもあれば、いつもどおりのアイテム探しもあり。ミニゲームあり。


th_IMG_2091.png

物語を進めていくとペットのリスちゃんが手に入りますw
この子がまたかわゆくて。

th_IMG_2092.png

ゲーム中に手に入るコインで、リスのねぐらをアップグレートしていく。


th_IMG_2093.png

th_IMG_2094.png

このあとどんどん豪華になっていきます。
べつにそれでどうするっていうわけでもないけど、ちょっとした息抜き。

ゲームクリア後、コレクターズエディションの場合はおまけのストーリーが付いてくるけど、別になくてもよかったかなあ←
同じようなことの繰り返しで疲れる。

やっぱり久々にこういうの遊ぶの楽しいな。
まだけっこう積んでるのあるけど、また気が向いたら。

スポンサーサイト



[Edit]
2019.09.28 googleレンズ
googleレンズ。いつからこんな便利なサービスがあったんだ…。
植物の同定が簡単にできるじゃないか!この精度、GreenSnapより全然上じゃないか!なんてこった。
というわけで、iOSのgoogleフォトアプリからgoogleレンズを試してみました。

まず写真を撮ったらgoogleフォトを立ち上げ、写真を選択。


th_IMG_4264.png

下部、右から二番目のアイコンをタップすると…


th_IMG_4261.png

このようにいくつかの結果が表示されますが、一番目の「ヤナギハナガサ」で合ってます。


th_IMG_4265.png

以前撮ったトキワハゼ。
トキワハゼとムラサキサギゴケが隣り合って表示されるという的確さ。

時間もほとんどかからないのでこれにはほんとにビックリ。もっと早く知りたかったぞ…。

続いて、文章を読み取ってみる。
ちょうど読んでいた本の写真を撮る。


th_IMG_4278.png

googleフォトで写真を選ぶと、切り取りと調整が自動的に表示…
されないこともある。


th_IMG_4279.png

読み取れる部分は白くなっていて、ここで文章を選択する。
これをコピーしてメモにでも貼り付ける。


th_IMG_4280.png


改行をひとつ削除しただけで、完璧な出来です。
ちなみにこれは梨木香歩の「岸辺のヤービ」という本から。
私は読んだ本の気に入った一文をメモっておくのが趣味なので、OCRのアプリとかも入ってるんですが、このgoogleレンズの精度もなかなかのものですね。
長い文章も試してみたい。全文をその場で確認できないっぽいのが難点かな。
[Edit]
th_IMG_3646_20190711014746a1d.png

th_42841552_Unknown.png

New2DSLL、9千円切ったから6月に購入しておいたんだけど、今年は3DSのサマーセール、来ないんですかねえ…。
それが目当てだったのに←


久々に、昔DLして放置してたアイテム探しゲームをはじめました。←





隠された世界
Fire Maple Games
価格: 240円

何年前のや、って感じで。(2013年リリースだった)
今いろいろ過去のもの見てるんだけど、どうやらもうAppStoreから姿を消してるのもけっこうある。
これは、FIre Maple Gamesのゲームで、私がはじめてプレイしたアイテム探しゲーム「LostCity」と同じメーカー。
発売当初は「Mosaika」ってタイトルだったよね。


th_IMG_3766.png

このピンクの気球の絵が印象的。

th_IMG_3761.png

th_IMG_3764.png

グラフィックの美しさ。
今遊んでも十分きれい。


th_IMG_3763.png

ミニゲーム楽しい。


th_IMG_3765.png

G5やBigfishやらのもっと複雑なゲームもあるけど、このくらいのシンプルさのほうが好きかなあ。
少ないボリュームだけど楽しめた。


Return to Grisly Manor



フォトブック作製アプリ。
例によってサービス期間中だったのでお試しです。
100円引き&送料無料。
普段はスクエアサイズ24Pが250円。送料90円。

注文から到着までは早かったです。
個人的には別にいつも急いで作ることもないので、1週間以内ならかまわないという人です。
熊本→京都でしたが早かったですね。
最近はどこのサービスでも早いもんだな〜と感じていますけど。


th_IMG_1831.png

こんな四角い箱に入っていました。


th_IMG_1832.png

表紙はカバー仕様。


th_IMG_1834.png

ぺらり。
この表紙の紙質、なめらかでしっとりとした質感は今まで購入したフォトブックでははじめて。

※(追記)…と思ってたけど、あとでしまうまプリントの表紙触ってみたら似たような感じであった。


th_IMG_1836.png

ふむう。
画質がちょっと粗い。
今まで画質にはそれほどこだわってなかったけど、他の安価フォトブックと比べると粗い、よなあ…?
紙質は気に入ったんだけどな。
手触りいいんですよ。それにちょっとおしゃれな感じがある。

スクエアサイズで同じような価格帯でいえば、ノハナ、ネットプリントジャパン。
ノハナは写真ページだと20P、ネットプリントジャパンは22P。
Sarahは22P。
値段はSarahが250円 送料90円
nohana 送料226円
ネットプリントジャパン 250円 送料90円
ネットプリントジャパンは、前は200円だったんですけど値上がりしたんですね。
文庫サイズは180円〜と安くなりましたが。
ちなみにしまうまフォトブックのスクエアサイズは36Pで298円 送料90円です。
こうやって見ると、nohanaはまた送料値上げしましたがそれでもまだ安いですね。

それとアプリについて。
写真は自動レイアウトもできるが、手動で配置するのを選んだときは1枚目から選んだ写真がそのまま頭から順番にページに配置されます。
あとで写真を好きなように並び替えたい場合はちょっと面倒。
でもUIはわかりやすくキビキビと動くので、たいして時間はかかりませんでした。
スマホのみでPCからの注文には非対応。

今後も割引などのキャンペーンもやるそうだし、画質をもうちょっとだけ頑張ってくれたら新たなフォトブックの選択肢が広がりますね。
個人的には写真はPCで編集するのでPCから注文できる方がいいんですけどね。
nohanaもこのsarahもスマホのみの対応です。
スマホで写真撮ってチャッとフォトブックにできるところがいいと思います。

*フォトブックの値段・仕様については2017.9.10現在のデータです
[Edit]


「くらしのこよみ」の姉妹アプリ「奈良こよみ」がリリース。
季節を感じながら旬の奈良を旅する情報が得られる。
写真は奈良で撮られたものが使われていて、シンプルに七十二候もチェックできる。


1_20161101172303295.png
[Edit]

「Kings Valley」は、タイル作家でありボードゲームクリエイターの山本光夫さんが考案されたアブストラクトゲームです。
このアプリ版「REGENCY Kings Valley」は以前、有料で配信されていましたが、2013年に販売終了となっていたものです。
今回新たに無料配信されたときいてDLしました。
じつはこれ、山本光夫さんのウェブサイトでプリントアウトして遊べる素材があって、それで一時期よく遊んでたんですよ。
シンプルなルールながら奥深くて、子供から大人まで幅広く楽しめるゲームだと思います。
知らずに打った一手で相手を勝利させてしまって「あれ?」「あっ!」という声が何回響いたことか。
オセロ、五目並べ、チェッカーなどのアブストラクトゲームが好きなら絶対おすすめ。
エジプシャンなモチーフがまたいいんですよねー。アプリではジャジーでオシャレな雰囲気になってますけど。


1_2016041902520075c.png

これはプリントアウトしたボード。駒はおはじきで。


2_20160419025157bff.png

3th__20160420202843b56.png

駒は縦横斜め進めるんだけど、盤の端か駒にぶつかるところまで直進しなければいけない。
最終的に王の駒を真ん中のマスに置いた方が勝ち。

VERY EASYからはじまって、HARDをクリアすると…


2th__201604202028409fe.png

この画面を出すまで何度負け続けたことか…。
「王奪還ルール」は王様の駒が逆に配置されているだけなんですが、それだけでまごついてしまう。
HARDは私にはクリアできそうにありません…。


King'sValleyのページ
こちらからボードイメージをDLできます。

その他のゲームのボードイメージはこちら
製品版はタイルで出来ていて、コマを動かすときの音が気持ちよさそうなんですよね〜(動画で拝見)
[Edit]

またこれで作ったものを少し。


写真 2015-12-14 21 40 04th_

写真 2015-12-14 21 27 03th_

写真 2015-12-14 17 43 30th_


写真 2015-12-16 18 54 36th_

そうそう、以前八ツ橋うめー!ってなって、やっぱり自分が歳いったせいかもしれんと思うに至った。
この京栄堂の八ツ橋も普通に美味しいんだもんね。
この前、またもや奈良に行った時「ぜいたく豆本舗」で購入。


写真 2015-12-15 20 47 24th_

(食べさしですけれども)この「梅ソフト」、梅の酸味とピーナッツの甘さが意外に合う。

[Edit]