FC2ブログ
2019.05.12 文学の扉感想
文学の扉youtube

最近(っていつからか知らんけど)音質よくなってるよね。
以前はシュワシュワしてたから聴く気にならなくて、radikoのタイムフリーで聴いてた。

4/28・5/5
ゲスト:吉本実憂
小川未明の童話2本。
「持ち歩きたい声」って、めっちゃわかるわ。魅力的なきれいな声だなあ。
美少女も少年もいけるし、朗読も聴いてみたい。童話に合う声してはるわ。
青春アドベンチャーに出てくれんかな。

5/5の「負傷した線路と月」はちょっと笑ってしまったなあ。シュール過ぎて。おもしろかった。
中嶋朋子さんのキャラクターの出し方、さすがだ。
スポンサーサイト
[Edit]
ぼちぼち消化してはいるんだけど、ちょっとおろそか気味。
青春アドベンチャーは、「高天原探題」まで聴いたけど、今年に入ってまだこれ、というものはない。
一番良かったのは「北海タイムス」。
そういえば、「夢みるゴシック」の続編が放送されるんですね。

「夢みるゴシック それは常世のレクイエム」
出演者:
石川由依 藤岡正明 鈴木幸二 野々すみ花
入野自由 大林隆介 佐藤誓 山本郁子
丸山厚人 荒巻まりの チョウヨンホ 秋山エリサ

ほお、今回は入野自由が演じるキャラが登場するのですか。
前回の作品はしかしあれでしたね、内容はうーん…って感じで。
出演者たちの美声は堪能できましたが。

最近ちょっとづつ聴いてるのはNHKの朗読、常盤貴子が朗読する「川端康成作品集」。
↑聴き逃し配信にリンク貼っといたよ
今「雪国」を聴いてて、実はこれ、過去に二度ほど他の人の朗読聴いて挫折してるのだ。
今まだ三回目までしか聴いてないんだけど、常磐さんの朗読、意外と聴きやすいのかも。
伊豆の踊子も最後まで聴けたし。

ここのところ、聖書以外の読書ができていない。
でも今度新しい図書館に行くのだ。楽しみ。
[Edit]
遅ればせながら。
青春アドベンチャーの投票結果、希望する再放送という欄があって、私が書いたのは井上夢人・原作の「オルファクトグラム」。
読んだことある人はわかると思いますけど、あの、嗅覚が視覚的に見えるという能力を持つ主人公の独特な世界を、どうやって音で表現しているのか…。気になってるんですよね。
ほんとは他にもいろいろあるんですが、実現しそうなのを考えてみました。
再放送期待できないのではと思うのは、たとえば樹なつみの「OZ」、荻原規子の「これは王国の鍵」とか。
バナナフィッシュが再放送されたんだから、希望は捨ててませんけど。
他に、女装の騎士が主人公という「仮想の騎士」、伊藤遊の「鬼の橋」。
「封神演義」は長すぎてたぶん無理だろうな。
ほんとに量が膨大すぎて、聴きたいもの多すぎるわまったく。

さて、本題のFMシアターマイベスト。

1.満点のゴール
2.風のち、りんご晴れ
3.海を駆ける

つくづく青春ものが好きなんだなあ、と自分ながら。
通い猫アルフィーの奇跡」や「70歳の受験生」「嘘の秘密」なんかもよかったかな。
なんかもう聴いたのが前すぎてよく思い出せんのだ。

FMシアターの投票結果も見てきましたが、(私自身は投票し忘れました)私のマイベストは、10位以内にも入ってませんでしたww
それどころか、満点のゴールは30位。ひとりの人が2位に選んでいるだけという…。
でも「風のち、りんご晴れ」は16位だけど、2位に選んだ人がふたりだけという…。
つまり票がばらけすぎてるから、あまり順位とかは意味ないですね。

ところで、3月3日にオーディオドラマ三昧の放送が決定しましたね。

司会:松田洋治、長谷川真弓
ゲスト:山西惇、中川晃教、坂本真綾

とのこと。
三昧って聴き逃し配信あるのかな?
10時間もあるから録音するのも聴き直すのも大変なんよね。
2時間毎に区切って聞き逃し配信してくんないかな。
[Edit]
先日、私も参加した「青春アドベンチャーの2018リスナー人気投票」の結果を見て、予想以上の他人との温度差に笑いしかおこりませんでした←

1.暁のハルモニア
2.リテイク・シックスティーン
3.武揚伝

私のマイベスト
1.カーミラ
2.さよなら、田中さん
3.毒味師イレーナ

リスナー人気投票では
カーミラ13位、さよなら、田中さん22位、毒味師イレーナ4位という結果。
私の1位2位が13位と22位!ww
まあ演者のファンによる組織票もあってリテイク・シックスティーンがなぜか2位にきてますけど、そういうのを抜きにしてもカーミラとさよなら、田中さんはこの順位ですよ。
投票したリスナーの性別と年齢層も気になるところですなあ。
あと、私は毎度のことながら再放送ものはランキングに入れないことにしています。
再放送を入れるんだとしたら、バナナフィッシュですかね。3位か4位あたりに。
リテイク・シックスティーンは前半までは私も前のめりで聴いてた記憶がありますが。

アンケートには「青春アドベンチャーに出演して欲しい俳優」という項目もあったんですが、私は解答しませんでした。
NHKのオーディオドラマでは、名前を聞いたこともない人から有名な人まで、様々なキャスティングがされてくるので、それをただ楽しみにしている部分もあるのです。
無名の人の演技に「おおっ」となったり、有名な声優の出演に「おおっ」となったり、こちらの反応も色々。ただそれに身をまかせてます。
で、このみんなの解答の中でびっくりしたのがありました。
華月奏(OSK日本歌劇団)」。
えー!OSKファンに青春アドベンチャーのリスナーがいるとは!
いやあびっくりでした。
私は以前から、OSKの劇団員さんによる朗読CDを出してくれと言っていたんですよ?この誰も見てないブログでね←
昔の話ですけどね。
美声の方多いですもんね。
私も華月さんは好みの男役さんです。最近OSK観てないのでよくわかってませんが。
NHKのオーディオドラマで見かけるのは宝塚OGとかキャラメルボックスの人とか。舞台俳優のことはあまり知らないので、このへんの人をかろうじて認識できるくらいです。
最近はミュージカル俳優の人もけっこう出演してる印象かな?

「再放送希望」についての結果がまだ発表されてないので、FMシアターのマイベストと合わせてまた感想書きます。
FMシアター、アンケート書くの忘れてたんですよねー…。
まあFMシアターはいいか、という気持ちもあったので…。

[Edit]
「タイムライダーズ 紀元前6500万年からの逆襲」(全10回)1/7〜
原作:アレックス・スカロウ

出演者:
吉永拓斗 占部房子 磯部莉菜子 大友龍三郎
桑島法子 山崎たくみ 柴田義之 新納だい
石住昭彦 ミョンジュ 佐々木睦 藤貴子
中島来星 渡辺優奈 山田瑛瑠 小薬英斗
田中誠人

「夢みるゴシック それは怪奇なセレナーデ」(全5回)1/21〜
原作:木原敏江

出演者:
石川由依 藤岡正明 多田直人 野々すみ花
伊礼彼方 瑞生桜子 大林隆介 佐藤誓
秋山エリサ 荒巻まりの チョウヨンホ 松本惣己

------------------------------------------------

木原敏江原作…え、え?
キャスト陣も。
石川由依、藤岡正明、野々すみ花。きゃー。
多田直人さん抜かしてごめん←
ちょっと〜久々にドキドキしてきた。
ゴシック・ロマンは乙女の好物ですものね←
でも原作ちょっと調べてみると、ミステリ要素のある冒険活劇って感じなのかな。フランケンシュタインと吸血鬼というのも気になる。
木原敏江というと、アンジェリクしか読んだことないから(古っ)あの辺のイメージしかないんだよなあ。
この原作の「それは常世のレクイエム~夢みるゴシック~」は2012年発行のものでけっこう新しいのね。
「それは怪奇なセレナーデ」というタイトルは、雑誌掲載当初のもので、シリーズ化にともない改題されたらしい。

キャストの方の私のイメージ。
石川由依→「風神秘抄」糸世、「砂漠の歌姫」ユン。
そして「月蝕島の魔物」一連のシリーズのメープル。「ニーダムおじさまっ!」ですねw
藤岡正明→「暁のハルモニア」イザーク。
これがオーディオドラマデビューだったんですよね。早くも二作目のご出演。
イザークの声、好きだったんで楽しみ。
野々すみ花→「帝冠の恋」ゾフィー。
そして「カーミラ」のカーミラですよねー。とにかく美しい、麗しい。
多田直人→「海に降る」高峰。キャラメルボックスの人。
青春アドベンチャーにはほかにもいろいろご出演されてたはず。
あ、荒巻まりのってスタジオ・エコーの「初恋」に出てた人だ。ちょっと前オーディブルで聴いたやつ。


で、「タイムライダーズ」の続編きたー。
一応児童書のくくりっぽいけど、大人も楽しめるエンタテイメント。
けっこうスリリングな展開続きでドキドキするんだよねこれ。

来年も新年から飛ばしてくるなあという印象。
で、特集オーディオドラマは。

「サウンドミュージカル 雪色オルゴール」 1/2

出演者:
昆夏美 福井晶一 莉奈 香寿たつき
西川大貴 近江谷太朗 岡田達也 武藤晃子
庄司ゆらの 神田真歩 今村凛音 榊菜津美
塚瀬香名子 永嶋柊吾 山﨑秀樹 山本与志恵
富田帆香 曽我くるみ 小池佑奈 歌田雛芽

サウンドミュージカル。
ミュージカル…。
どんななんでしょうねー。

年末年始のオーディオドラマ関係、まだ情報集められてないんだけどなにがあるかなあ。
来年もいっぱい聴くぞ。
[Edit]
今年の青春アドベンチャーは、もうこのあと新作ないんですね。
いつもより早いけど、マイベストを書いとこうっと。

1.カーミラ
2.さよなら、田中さん
3.毒味師イレーナ
4.暁のハルモニア
5.王妃の帰還


「カーミラ」は自分の中ではちょっと特別枠な気もするな。
これをラジオドラマ化すると聞いただけでひっくり返りそうになったもんです。
脚本の方の解釈、味付けもすばらしかった。
「さよなら、田中さん」は、母子家庭で貧乏でもたくましく生きる田中親子に元気がもらえるような作品。
ホロリとくる場面もあるけど、豪快で陽気なキャラの母親と花実とのやりとりに笑わせられ、楽しかった。
これが14歳の書いた作品だと知って仰天した。(実際は小学生の時に書いたのも含まれるらしい)

でも、今年は自分好みのが少なかったです。
一話聴いて挫折、なんていつ以来?という作品もあったし。
「ハリネズミの願い」と「ギルとエンキドゥ」なんですが。
バナナフィッシュの再放送は感激でしたね〜。再び聴ける日がくると思ってなかったし。
5位につけた「王妃の帰還」は、前半まではコミカルな雰囲気で面白かったけど後半はやっぱりこうなるか…というどろどろ展開が苦手でしたけど、前半の楽しさでなんとなく5位にしました←

だいぶいろんなものを消化できてきたので、NHKの朗読で現在放送されている「山本周五郎作品集」を聴いてます。
今年著作権の保護期間が終了した山本周五郎の作品は、やっぱり聴く機会が増えましたね。
田中宏樹さんの朗読が素敵だわー。

FMシアターは12月22日まで新作が放送されるので、マイベストはまた後日。
[Edit]
朗読関係じゃないけどラジオ深夜便、四時台の「明日へのことば」聴いてました。
振付師の名倉加代子さん。
77歳で現役で踊っちゃう。すごいな。
OSKは出てないけど、宝塚のことはちらと出てきてた。
10月17日(水)の聴き逃し配信、4時台のところ。(日付変わって18日の一番下)


青春アドベンチャー
「暁のハルモニア」

近世ヨーロッパ、カトリックとプロテスタントの対立から始まった「三十年戦争」。
日本人には馴染みのない宗教戦争を背景にした物語だけど、小難しいこともなく重厚な歴史ロマンの雰囲気を楽しめました。
ティコ・ブラーエやヨハネス・ケプラーといった有名な天文学者が出てきたり。
主人公はティコ・ブラーエの息子という設定で、父の、そしてケプラーの意思を継ぎ星に関する暗号を解こうと旅をする、実直な好青年ヨアヒム。
彼の幼馴染であり親友のイザーク。
このふたりの友情も聴きどころ。
プロテスタントとカトリックという別の宗派に属していながら、ふたりは柔軟な感性をもっているので最後まで友情を貫き通すのです。
イザークはカトリックの司祭なんだけど、どこか気だるげで斜に構えた感じが素敵なんですよね〜。
この方の声がすごく好みだったので、イザークが登場するのが楽しみでした←
キャストは藤岡正明さん。初オーディオドラマだったそう。
主役のヨアヒム役は、「タランの白鳥」や「斜陽の国のルスダン」でも出演されていた海宝直人さん。
この方も上手いですねえ。今回の役が一番好きかな。まっすぐで純粋なところがよく表現されてた。
あと、アマーリエ役の朝夏まなとさんも初オーディオドラマだったみたいですけど、この方、宝塚の元男役トップスターでいらっしゃる。なかなかの美声でした。


ちょっと長くなったけど、オーディブルのことも書いとくかな。
だいぶ時間経ってるのでメモ書きから。
コイン制になってから30日のお試し。
まずコインが3つもらえて、1コインで一つのオーディオブックと交換する形だった。
気に入らなければ返品でコインは戻ってくる。
30日の間に交換したものは、返品したものも含め以下の通り。



日の名残り: ノーベル賞記念版

日の名残り: ノーベル賞記念版

話が全然頭に入ってこなくて、1時間近く聴いて返品。
田辺誠一、けっこう好きなんだけど…。


コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

文体もナレーションも私にはくどく感じて、1時間聴いて返品。


アルケミスト: 夢を旅した少年

アルケミスト: 夢を旅した少年

羊飼いの少年がピラミッドの宝を手に入れるため旅に出、いろんな人と出会いながら人生とはなにか、悟りへと導かれていく、みたいなお話。途中までは集中して聴けたけど、だんだんからわけわからんくなって、半分から先はちょっとうつらうつらしながらだったから内容があまり…←
スピリチュアリティな表現が多くて、文字で読み返さんと理解できないわ。
聖書からのネタが結構多いからそのへんは興味深かった。


有頂天家族

有頂天家族

主役はたぬき家族だけど、京都色の濃いこと。京都好きにはこたえられないだろうな。
独特な文体に奇想天外な話運びは変わらずだけど、けっこうおもしろかった。
ナレーションが講談調なのがどうなんだろう…と思いはしたけど、すっと耳に入ってきてとても理解しやすいのであった。ナレーションの人、奈良出身だったのか。といっても、関西弁ってだれもしゃべってないような。大昔に乙女ゲーで騎士の役やってた人、という記憶だけある。


風鈴 (Kindle Single)

風鈴 (Kindle Single)

これはオーディブル会員特典で、会員なら無料で聞けるという「短編文学チャンネル」の中の一本。
Kindleから出ている短編を朗読したものです。

田舎で暮らす子どもが主人公なので興味出て聴いたんだけど、ちょっと後味悪い感じかな。文体がきれいだからなのか最後まで聴けちゃったけども。ナレーションは聞きやすい声質なのに滑舌の問題でところどころなに言ってるかわからない箇所あり。


無限大ガール (Kindle Single)

無限大ガール (Kindle Single)

こちらも「短編文学チャンネル」から。
「虚無を彼女にできない」で吹いた。
これはおもしろかった。主人公も元カレも最初は鼻につくキャラに思えたけど、この先こいつらがどうなっていくんだろう、という興味。スピード感。
夜中に吹き出しながら、一気に最後まで聴いてしまった。

結局3作品返品したのかな。あ、ロードス島戦記も最後まで聴きました。
3作品程度では返品ボタンはなくならなかったけど、なんとなく返品というのは気がひけるものですね。
最後まで聴いたものは、という意味ですけど。それにやっぱりめんどくさい。
コインで交換したものは退会しても残っているので、わたしの手元には3コイン分、つまり3作品が端末に残っています。
削除も再ダウンロードもできるっぽい。

オーディブルのせいでラジオの朗読物、オーディオドラマがたまりにたまっていて、いまだに追いつけず。
年末までには消化せねば。
[Edit]