FC2ブログ
横山智佐さんとOSKスターが「サクラ大戦」コラボ公演を語る! | アニメイトタイムズ
なにこれめっちゃ読み応えあるw
OSKのメンバー、ノリノリやん。

そういえば中学生の時、ジャンプの雑誌に横山さんのコーナーがあって、サイン応募者全員プレゼントとかいう企画があって、往復はがきで送ったことあるw 
こないだ整理してたら出てきてびっくりした。
横山智佐といえば、元祖アイドル声優ってイメージあるな。

OSKとサクラ大戦のコラボが実現するなんてすげえな。けっこうガッツリっぽいやん。
古いファンは10年以上前から思ってたんじゃないかと思うけど。

OSKファン側の客のハードルめちゃあげてますね、大正時代の装いってどんなだよw
客席参加型が苦手なファンってけっこういると思うし。
実は私も昔ゲキテイの振り付け覚えて踊ったことあるけど、通しでやるとけっこう覚えづらいフリとかあって素人には大変だった記憶ある。
あ、サビだけの振り付け動画あった。これだったら簡単。
昔撮った自分の踊りみたらふにゃふにゃしてて笑った。
OSK劇団員じきじきの振り付け動画、さすがやなw
スポンサーサイト



[Edit]
そっか、歌ってみたであり踊ってみたでもあるのか。




やればできる子やねんな、運営。高画質高音質。
カメラ割りの編集に熱意を感じる。

踊りながらの方が歌唱が全体的に向上してるような気がする…おそろしい人たちだ。

カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜
東京公演:銀座博品館劇場 2/18〜2/21
[Edit]
ナレッジキャピタル。オサレなとこやなあ。


IMG_1125_Fotorth_.png


今真冬なんだけど、館内どこ回ってもクソ暑くて気分悪くなって、ナレッジシアター内も暑くて体調不良で死にそうになりながら観劇したのでどの程度内容を把握出来てるのか定かではありませんが、感想は残しておこう。


良かったです。
前知識としてカンタレラ2012再演は視聴済み。
さらっと見た程度なので今回との違いははっきりわかりませんが、思った以上にそのままだったのかな?
キャラクターたちの台詞も一語一句違わないところが多かったように思うし。

期待してたサンドリヨンをいっぱい堪能できた。うれしい。
舞美さんはちょっと高音が苦しそうだったけど(笑)あの歌い出し2回もやらんなんの大変やな。
歌が始まると一気に盛り上がる感じ。音楽の力がやっぱり大きいと感じた。
カンタレラ、サンドリヨン、パラジクロロベンゼンの3曲は公演前から知っているし再演も視聴したので劇中で流れる違和感に対しては免疫できてます。
が、パラジクロロベンゼン以外は馴染んでた気がする。
でもラストでの踊りまくりながら歌うパラジのあの勢いと迫力の前では違和感など関係ありませんが。
これを生で観に来い!っていうOSKカンタレラの最大の売りになってそう。

一番好きなキャラクターはジョバンニです。
いや、感情移入できるキャラが他にいない…。
ジョバンニのまっすぐで健気な姿勢が泣けるわ。
ビジュアル的にはサヴォナローラ。
2012再演でのサヴォナローラはなんか気持ち悪くてそれが結構好きだったんだけど、真麻さん演じるサヴォ様は胡散臭いというより美しくて、ひとたび踊れば水を得た魚のようにいきいきとしてらっしゃるのがすごくかっこいいです。
悠浦ホアンのいっちゃってる演技もいいね。あと声かわいい。

結末について少し。
題材としては正規ルートはアンハッピーエンドなのかもしれないけど、再演でも不評だったらしいチェーザレの寝オチは私は嫌いじゃなかった。これはこれでありなのかなと。
ロドリゴに呼び出されたローザ、最後の晩餐でのローザの思わせぶりな視線(机を見る)で、もう予想もつくし。
ニコ生で見た再演はこのくだり、あったかな?
再演は、チェーザレが喉を抑えて床に倒れこんでたというのもあって、そのまぎらわしい演技が余計に寝オチの反感をかってそう。
不評にもかかわらずOSK版でもこれを通したってことは…
どこかで初演のあらすじ見たらけっこうストーリーも設定も違うんだよね。すごくドロドロもしてたし。歌劇でそれはちょっと…というような。
だから再演版を採用したとかかなあ。

チェーザレが寝てる間に流れだすカンタレラ。チェーザレとルクレツィアが楽しそうに踊り出すのだが、振り付けめちゃ早くて弾け飛んでてちょっと笑った。
が、無邪気に楽しそうな二人を見ていると涙が出そうになった。


わー結構長くなった。ほんとに体調悪くてたまに意識朦朧としてたから正常に見れてなくて残念だ。
今回上演時間が長いのでさらに辛かったのだ。

さて、ニコ生のカンタレラも見ないとな。記憶違いもありそうな気がする。
まずラストのパラジまで一気に飛ぼうっと。


おやつに「THE CITY BAKERY」でプレッツェルクロワッサン食べた。
平日の2時でも人いっぱいなのな。あきらめモードでちら見してたら店員のお姉さんが声かけたくれたのでギリで座れた。

2_20160204195636451.png


外カリ中しっとりで塩が効いてて美味しい。でも普通のクロワッサンでも十分美味しくこっちのほうが好みだった。
[Edit]


まさか、OSKが踊ってみたではなく歌ってみた動画をあげる日がくるとは…。
パラジクロロベンゼン。これってレンの歌なんだよね。
こうやって聴くと、少年声の宝庫やないですかOSKは。
桐生・悠浦・楊・真麻の4人は聴き分けられる。みんな綺麗な声してるなあ。

これ通常のよりテンポ早いから余計に音とりずらいだろうな。
わざわざ高速化してるのは、早く歌うほうが息が続くから?

で、この動画の説明文。
「公演では、これを歌いながら踊ります。」
ちょwwww
酸欠死しそうなのだが。


ついでにカンタレラ2012のパラジの音源があったので貼っておこう。



カンタレラ2012再演、ニコ生で途中までしか見てないけどみんな上手だったな。
全然期待せずに見たというのもあるだろうけど←
1時間ほど、つい見入ってしまった。
機材のトラブルでしばらく静止画状態になったときのみんなのコメがおもろすぎて飽きなかったわ。
[Edit]
今更だけど「プリメール王国物語」の音源をiTunes Storeでげっと。




OSKの楽曲をiTunesで購入できるのは、真田幸村とこのプリメールだけですね今のところ。
しかしまああれですね、同じ金額でCD買えるのにね、っていう。
あえてここで購入する人は

・劇場が遠くて滅多に行けない
・通販だと送料がかかる
・CDケースがかさばるのが嫌
・CDを聴ける環境がない
・mp3変換できる機器を持ってない
・iTunesのギフト券がある
・とにかく今すぐ聴きたい

あら、書き出してみるとけっこうあるわ。

それはそうと、この再演版は本役と役替り両方が収録されていてお得である。
人気曲は「Frozen Heart (Dance Version)」らしいですよw
「Frozen Heart」はクロードの歌でかっこいいんですけど、フィナーレのダンスナンバーとしてジャズアレンジになっているのがDance Version。男役さんたちの、耽美な衣装での華麗なダンスシーンが脳裏によみがえりましたわ。
[Edit]
OSKミュージックスタジオ楽しかった。
現役劇団員がOSKを卒業したOGを迎えての公演。こういう試みは初めて。
今年1月に南座でOGのみの公演はあったけど、また全然違ったあたたかい雰囲気があった。
初日に観てきたんですけど、OGの方もいっぱい来てはりました。
波輝さんや安希さんや友麻さんや…。舞台で見たかったです←

娘役が千爽・若木・沙月・美森という、もう二度とお目にかかれないんじゃないかという豪華メンバーが揃って、もうほんとにあの頃に帰ったみたいに胸が一杯になった。
千爽さんのダンスがまた見られるなんて思ってなかった。
千爽さんがあんなに喋ってるところをはじめて聞いた。沙月さんにいたっては、近鉄時代の時から今までトークされてるところを聞いたの初めてじゃないか…。
昔は今ほど、作品中にトークコーナーとかなかったからだと思うんだけど。

貴城さんもめちゃ久しぶり。歌もダンスも相変わらず男前。
真麻さんとのコラボすごい素敵だったわ。
幻想のタンゴという濃い選曲w
みもさんとみうちゃんのデュエットも夢のようにかわいい。
博雅と茨姫のデュエット、名シーンの再現もあって涙が…。
吉津さんもお変わりなく元気そうでよかったし、語り尽くせないのでこのへんで。
ニコ生のタイムシフト、胸がいっぱいすぎていつ見ようか迷う。

CDも販売されるらしい。LIVE音源だろうけど嬉しい。闇の貴公子、新・闇の貴公子の主題歌とかなにげに初音源化ですやん。



アート館のある8階から一つ上、9階へ行くと北海道展やってたので、たい焼き食べて腹ごしらえ。

1th__2015101722221074b.png

「北菓り」ってところのたい焼き。はねつき。
じゃがちぃずを食す。
懐かしい感じで重曹の独特な匂いがする。
はねの部分は炭酸せんべいみたいな味。
濃厚なチーズにじゃがいもがごろっと入ってて、一つ食べたらお腹いっぱい。
おかずたい焼きもうまいもんだな!
[Edit]
ニコ生。そういえば、いつからかカメラが2台に増えてますね。アップが増えて見やすい。
この前書いたブログ、記憶違いもあったなあ。

剣戟のSEはだいぶいい具合に合ってた。
たぶん画面におさまってない部分もあるだろうけど。
佐助って改めて見ると出番少ないな。(楓になるまでの佐助が)
「大阪城パラディオン」の才蔵にしてもそうだけど彼女らのドラマ性は薄いんだな、設定に対して。
メインが幸村の物語だからそうなるのは仕方ないのか。
利世の侍女二人に「佐助さまかっこいい!」と言われて照れてる佐助がかわいい。
このシーンだけでも萌えられるというのに…(萌え要素の無駄使い)

「紅に燃ゆる」の才蔵、「大阪城パラディオン」の後藤又兵衛、共に現代の軽い感じのしゃべり口調でちょっとキャラが似てるんですけど、個人的には苦手。
歴史上の人物が今の若者風の言葉をしゃべるのが。
あ、才蔵は架空の人物ですね。
コーエーの歴史ゲームが好きで「太閤立志伝」や「戦国無双」を昔良く遊んでいて、「戦国無双2」でキャラ数人の口調やノリが現代寄りになったのが違和感で、無印ほどハマれなかった記憶が。
コーエーのは硬派なところが好きなのに…みたいな。
だから未だに「戦国BASARA」は未プレイなんですよね。
中古で50円で売ってるからいずれやってみようとは思っては…いる(笑)

まあ単なる老害の古臭い考え方ということなのかな。←一応自覚はある
かと言って「YUKIMURA〜」の時みたいな「相、わかった…」のような重々しい武士語が飛び交うのはそれはそれでちょっと…。


話は変わって。幸村八ツ橋食べました。
母と一緒に食べたんですけど、やっぱり母も八ツ橋はそんなに美味しいものではないと。
で、食べてみたらこれが!
「あれ?お、おいしい…」「おいしいな」
10年前に最後に食べた八ツ橋はこんなんじゃなかった…。
メーカーによってそんなに違うもの?
ニッキも強すぎず薄すぎず、硬さもほどよく、噛んでいくともっちり感もあって、生八ツ橋と生地は同じだということがなんとなくわかる。
「これが美味しく感じるようになったってことは、あんたが歳いったってことやろう」
なんてことを言われながらも、これ美味しいわほんまに。
今まで生八ツ橋しか買わなかったけど、今度からは堅焼きの八ツ橋にも注目してみるわ(笑)
とりあえず聖護院の八ツ橋は美味しい、とメモっておこう。
[Edit]