FC2ブログ
2012.02.28 Asturias
フラクタルズフラクタルズ
(2011/09/04)
エレクトリック・アストゥーリアス、ELECTRIC ASTURIAS 他

商品詳細を見る


Electric Asturiasの「Fractals」というアルバムかっこよすぎヘビロテ中。

のっけから疾走するエレキバイオリン。たたみかけるような変拍子のアンサンブル。
Asturiasは「癒し系プログレバンド」らしいのですが、このElectric Asturiasの曲は超燃えます。
6曲目からの3曲はアニメ「fate/zero」の曲らしい。(「fate/stay night」しか知らんわ。
私はこのアルバムが、一番好きなAsturiasの形だな、と思った。








Asturiasは日本のバンドです。学生の頃にZABADAKなどにはまってた私は
上野洋子が参加してるアルバムを見つけては集めたりしていて、その中に
Asturiasもあった。3枚のアルバムを発表、その後活動を停止したようだけど、
2003年にメンバーを一新、「Acoustic Asturias」として10年振りに活動を再開したらしい。
音楽は名前が示すとおり、アコースティック路線になっていた。






クラシカルなのもいいんだけれど、私は2008年発売のAstrius名義の
「In Search of the Soul Trees」が気に入ってます。
2つのパートにわかれた組曲構成になっていて、緻密に音が重なり合っていく
心地よいサウンドと、これは日本人ならではのメロディーだなあと思える旋律の
美しさ、かっこよさに、素直にぐっとくるのです。
ゲーム音楽のような雰囲気もあるし、プログレなにそれおいしいの?って人でも
すんなり入っていけると思います。




多重録音のメイキング動画。
[Edit]
一聴き惚れしたけど日本では知られていないであろうアーティスト。
まずは「Ballroomquartet」から二曲。ベルギーのバンドらしい。
バイオリン&マンドリン・アコーディオン・ベース・ドラムという編成。









「Dites34」
ベース・アコーディオン・ギター・サックス・ドラム。
フランスのバンド。





「Paté de Fuá」
こういうのも好きなのだ。
アコーディオン、トランペット、バンジョー、ビブラフォンetc…。
なにか懐かしい気持ちになる。
メキシコのバンド。
歌も入る。メキシコの母国語ってスペイン語なのね。




なぜかすべてのバンドにアコーディオンが入ってるけど、単なる偶然です。
[Edit]

kosemura氏といえば、ああ、エレクトロニカ・アンビエントサウンドの~とか思うんですが、これはピアノアルバムになってました。
最近ソロピアノのアルバムってめっきり聴かなくなったけど、この「how my heart sings」は今の季節に聴くのがピッタリだとわかった。
むしろこの季節だからこそ胸に染みるのかもしれない。
全体を通して直情的に切さ溢れる旋律。
窓の外からは虫の声。秋の夜長に浸れます。




[Edit]
2011.06.21 Porcupine Tree
イギリスのプログレ系ロックバンド。なんですけども、「In Absentia」っていうアルバムのThe Sound of Muzakが好きで、この曲だけ何回も聴いたりしてました。


how my heart singshow my heart sings
(2011/04/11)
Akira Kosemura

商品詳細を見る
In AbsentiaIn Absentia
(2002/09/30)
Porcupine Tree

商品詳細を見る


ジャケこええええっ

porcupine treeの音楽は、優しさと凶暴性の二極の顔がくっきりしてるっていうか、ギャップがすごいなあって思います。




バックの音もさることながら、コーラスワークが美しいんだよな…。
それとボーカルの人が、こんな眼鏡イケメンだったとは思わなかったよな。



Stupid Dream (CD+DVD NTSC)Stupid Dream (CD+DVD NTSC)
(2009/11/10)
Porcupine Tree

商品詳細を見る

このアルバムも好きです。
毒気はぜんぜんありません。


IncidentIncident
(2009/09/15)
Porcupine Tree

商品詳細を見る


2009年に出たこれは、「In Absentia」以降HMのほうへ傾倒していった感じだったのがずいぶん毒が抜けて、というか、とってもプログレしてるアルバムになってたので驚きでありました。
こういうのクリムゾン的っていうんですか。
私は好きです。


すごく今更なのですが、私のブログ、今まで記事を個別にリンク貼れませんでした。
カレンダーも置いてないし、見てる側の人からは無理だったと思います。
で、タイトルクリックで飛べるようにテンプレを改変してみました。
ほんとにすごく今更でした。


iTunes版

[Edit]
2011.05.08 Lost World Band
以前友人に教えてもらったロシアのバンドが、すっごいのです。
ギター、キーボード、ドラムにバイオリン、フルートが織り成すチェンバーサウンドがめちゃくちゃかっこいい。
シンフォ・ジャズロックが好きならハマる。

iTunesで販売中の3rdアルバム↓、300円ってどういうことなの!
ということで、もちろんポチりましたよ。



ジャケットで損してる気がせんでもないです。



こちらは2nd。どっちも甲乙付けがたい。





ヴァイオリンの人が半端ないぜ。
このダイナミックなリズムとグルーブ感もたまらん。
そしてフルート。
もう!バイオリンとフルートが入ってるだけで、もう!
私、たぶんプログレフルート萌えなので。




2ndの一曲目。いきなりシビれます。
なんとなく、Camelを思い出した。




優しいバイオリン。
そしてフルートの人が歌う。



amazon版

Sound Source
Sound Source
(2011/04/13)
Lost World

商品詳細を見る

Awakening of the ElementsAwakening of the Elements
(2006/12/21)
Lost World

商品詳細を見る
[Edit]
-MYTH-The Xenogears Orchestral Album-MYTH-The Xenogears Orchestral Album
(2011/02/23)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る


昨日…あ、もう一昨日か、発売されたゼノギアスのオーケストラアレンジアルバム聴いてます。
ゼノギアスというゲームが発売されて13年も経ったのですね。
今になってこんなアルバムが発売されるなんて。
今聴いても色褪せない珠玉の名曲の数々。
音楽が流れるだけで、エリィが、バルトが、シタン先生が!(フェイはどうした
胸が締めつけられて涙でそうです。
去年、私もアレンジして欲しい曲に投票しましたが、全部入っててうれしい。

しかし、ゲーム自体はなんというか、宗教色が濃いこともあるけど暗くて重くてもう、発狂しそうなところもありましたが(笑)深いストーリーやキャラクターがなんか好きだったな…。
久しぶりにやってみたい…が、かなり気力が必要になるなそれ。


iTunes版
[Edit]
2010.09.13 睡眠導入剤
今年の夏の暑さを超える夏が今後も来るのだろうか。
毎晩、部屋の温度は普通に32度でした。夜中になっても30度を下回らないのがデフォになってたくらい。でもエアコンかけたのは1日くらい。
そしてますます睡眠障害に拍車がかかる。
でも、かなりの高確率で私を睡眠へと誘ってくれる音楽にも出会いました。




この二枚。
どちらも国産。
ごくごく小音量で聴くのがポイント。
これで、知らない間に眠ってたりする。
意識を耳に集中させないのも大事。
こういう起伏の少ない、音の反復、耳障りの良い心地よいサウンドが眠る前にはいいみたい。
下のアルバムは、ピアノを基調とし、サックスやギターを使ったアコースティックサウンド。
生の空気感が伝わる録音。作業の邪魔にならない曲調なので、文章を読む際でも流しておいても問題ない。

あとは、自然音。川のせせらぎ、雨の音。
でもこれは、結構飽きてしまうのです。なんでだろう。




この夏、涼をとるのも兼ねて、ちょっといい感じの音を見つけた。
一曲目に入っている「フローズン波」と「流氷波」。
ほんとにフローズンなんですよ。シャリシャリいってる。(ドンシャリのシャリにあらず)
あまりに珍しかったのでダウンロード。「流氷波」も気持いい~。
今年の初夏あたりにDLしたけど、実はあまり聴いてないw
寝るときに聞くのはうるさいです。流氷波の方は耳が幸せになります。


amazon版
AfterglowAfterglow
(2007/09/14)
akira kosemura + haruka nakamura、haruka nakamura 他

商品詳細を見る

Twilight
Twilight
(2010/07/17)
haruka nakamura

商品詳細を見る

知床・オホーツク知床・オホーツク
(2007/04/25)
自然音

商品詳細を見る

[Edit]