FC2ブログ
DVD
ローマ帝国に挑んだ男 -パウロ- [DVD]

ローマ帝国に挑んだ男 -パウロ- [DVD]

久々にDVDの感想なぞを。
イエスの映画は今まで色々あるけど、パウロが主人公の映画っていうのはめずらしいなーなんて思っていると、去年パウロが主人公の映画が公開されていたという情報を発見。
で、こっちのパウロは。評判を見て期待せず視聴したんですが、おもしろかったです。
イエスの死後40日からはじまって、ペンテコステでの聖霊による油注ぎ、ステファノの石打ちという印象的なシーンはもちろんあり、サウロの友人(架空)を登場させることでサウロの信仰、苦悩がより浮き彫りに感じられるようにもなってました。
メシアであるイエスを受け入れる側と、あくまでモーセの律法に固執する側と。古い契約と新しい契約のぶつかりあうところですね。
ただ後半は冗長に感じるところあり、もう少し広げてほしいところあり。え、そこで終わり?ってなりました。
キャストはほとんどの人がイメージと違いましたが、中でも主役のパウロが若くてイケメンすぎ。禿げてない←
バルナバの出番が多い。ペテロが一番イメージに近かった。
そのほか登場したのは、ヨハネ、ヤコブ、イエスの母マリア、ガマリエル。
邦題はなんか大げさなような。原題は「saint paul」。
CGの合成に違和感あったりもするけど、おおむね聖書から堅実に作られている印象でよかったです。


新約聖書 ~ヨハネの福音書~ [DVD]

新約聖書 ~ヨハネの福音書~ [DVD]

エルサレムの神殿で大暴れするイエスが印象的でした←
聖書の福音書を読んだことのない人には意味のわからない表現が多く退屈しそう。とくにヨハネは四福音書のなかでは独特なので。
イエスの態度やセリフがくどい。詰め込みすぎ。
ナレーションに説明させすぎだしナレーションの必要ない部分が多い。
見どころとしては、水をワインに変えるところ、五千人にパンを配るところ、海の上を歩くところ、土と唾で作った泥で盲人を癒すところ、など、やっぱり記述にある奇跡のシーン。
映像的にあっと驚くような仕掛けはないけども。
見終わってから日本語吹き替えにしてみたら、イエスの口調がですます調だった!ぜんぜん印象が変わる。
字幕じゃなくて吹き替えで見るべきだった…。


プリンセス・オブ・ペルシャ ~エステル記~ [DVD]

プリンセス・オブ・ペルシャ ~エステル記~ [DVD]

エステルはもっとおしとやかで知的なイメージだったんですが、この映画のエステルはなかなかのおてんばですね。王妃になる前までは。
エステル記は聖書中でも短い話なので、だいぶ広げてアレンジされてるけど、そんなに逸脱した内容ではなく、ペルシャの壮大な王宮、美しい異国情緒溢れる豪華絢爛な世界を楽しむことができます。
エステルも美人だけど、イケメンなアハシュエロス王のセクシーな肉体美に目を奪われる←
ただ、ね。エステルが掟に背いて王に謁見するあたりからの流れが納得いきません。
原作のエステルはもっと毅然としていたイメージがあるし、王もエステルの望みはなんでも叶えてやる、という終始そんな態度でしたよね。
聖書を読んでるほうがずっとドラマチックでどきどきわくわくできます。
エステルと王の甘い恋愛映画が観たかったわけじゃないので。
でもその終盤以外は楽しめました。
原作は最後かなり血なまぐさく、映画のほうはそういう部分は全部カットされていて、美しくハッピーエンドに仕上げています。
スポンサーサイト
[Edit]
DVD
帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕 超全集版 (初回生産限定) [DVD]帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕 超全集版 (初回生産限定) [DVD]
(2010/06/21)
松坂桃李、相葉弘樹 他

商品詳細を見る


コスプレ祭り吹いた。
大きなお友達向けのファンディスクって感じ。
おもしろかったよ。ていうかやりすぎw
もういっかい見よう。

ゴーカイジャー5話、デカレン回楽しかった。
なぜか6時に目が覚めて、そのままリアルタイムで見てしまったよ…。(どんだけ楽しみだったんだよ
ジャスミン素敵。でも出番あれだけ?という。
最後、バンとの絡みがあればもっとよかったな。

6話、朝っぱらからルカの絶対領域とかけしからんですね。
けどイエローのアクションかっこいい。
ボウケンイエローに変身したかと思うと、ショベルで吹っ飛ばして終わりとか笑ったけど。
ゴーカイジャーはたしかに面白くて毎週ワクワクしてるけど、キャラクターやストーリーが好きというより、おもに今までの戦隊が毎回出てきて派手でかっこいいアクションシーン満載なところが一番の楽しみなのだな。
アクション、ほんと秀逸だよね。
ゴーカイキャラの今後、ストーリーがどう進んでいくのか期待。

ファイナルウェーブは今回、発動しましたね。
5話の時だけ自重したの?
でも考えてみると、べつにウェーブが津波を連想させるっていうのも違うような…。
[Edit]
2010.10.14
DVD
最近、スーパー戦隊シリーズが気になっていて。
過去の作品でなにか面白いのないかな。ラインナップ多すぎてどれを選べばいいのやら。
この前、ボウケンジャーの劇場版借りてきました。なにそれ今頃。
当時、はじめて毎週見るようになった戦隊モノだったもので。途中でやめたけど。

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス 特別限定版 [DVD]轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス 特別限定版 [DVD]
(2007/02/21)
高橋光臣齋藤ヤスカ

商品詳細を見る


懐かしかったわー。チーフが熱い。真面目なレッドだと記憶してたけど、案外熱血だね。
で、結構いじられキャラだったのか。そしていい体してるな…(関係ない
服の上からでもわかる肉厚って、たまらんのですけど…。

冒頭が、みんなでプールに来てるって設定なんですけど、さすが肉体派のチーフ。水に飛び込む姿が様になりすぎ。
でもずっと引きの映像だったので全然肉体美が見えなかったぞ。どういうこと。
あと、ビキニ姿の菜月という出血サービスにもかかわらず、映像時間短すぎる。まあそれはどうでもいいんだけど、さくら姉さんに菜月が抱きつこうとする寸前で映像切り替わるとかさ。なぜ寸止めする。
Wヒロインっていいよな、と思う今日この頃。

シルバーがどういう経緯でメンバーに加わったのかまったく覚えてない。
イケメンオーラ全開のビジュアル先行、私の脳内。
一番強いんだよね、きっと。

当時も思ってたけど、みんなの着てるジャケットのデザインがかっこいいな。
まあそんな感じ。
面白かったよ、なかなか。アクションもかっこよかったし。
そんなところから飛び降りたら確実に死ぬだろう、って突っ込み入れながら見るとよい。

そういえば、最近の甥っ子はゴセイジャーより仮面ライダーオーズが好きらしい。
ちぇ。前まで仮面ライダーは興味ないみたいだったのに。
よくわかんないけど、すごいらしいね、オーズ。うん、なにがすごいのかはよくわかんない。見とけばよかったよ、とも思う。
腐女子の間でも人気(?)だった電王が、私は2話で挫折し、その後のキバも2話で挫折したから、仮面ライダーは肌に合わないんだ、と思ってるのだ。
とりあえず、オーズの食玩ソフビを買っておこうと思ってスーパーで見つけたが、その隣にあったオーズキットとかいう、15箇所可動するというアクションフィギュアを購入。
帰って家で開けたら。なんと。組立式だった。


DSCN2613.jpg

なにこれ!こんなの小学生の時以来作ったことない!
ていうかこんな複雑なの作ったことないわ。
まあ、開封してすぐ作り始めたんすけどね…。
慣れないもんで、一時間近くかかったけどね…。

しっかし、最近の食玩はすごいな。この可動フィギュア、すごく良く出来てんの。これで300円か。
甥っ子にあげる前に、いろんな格好させて写真撮ってみるよ。
[Edit]
DVD
チェブラーシカ [DVD]チェブラーシカ [DVD]
(2008/11/21)
不明

商品詳細を見る

「ミトン」のロマン・カチャーノフ監督作品。今やミトンよりもこっちの方が有名かも。
キャラクターグッズとか色いろ出てるんですよね。
私はチェブラーシカの絵を初めて見たとき、「これってかわい…いか?」
と、微妙な感想をもったものでした。
が。映像として動くチェブを見たとき、うあ、やっぱりかわいかった…と。
キャラクターの生き生きとした動き、やさしくてあたたかい心温まるお話、哀愁漂う音楽、どれをとってもよく出来た人形アニメーションで感動する。
私はチェブちゃんよりも、ワニのゲーナの方が好きなんですけどね(笑)2人セットで好きなのかな。

ミトンの時は声はなかったのに対して、この作品はキャラクターみんながしゃべります。チェブの声かわええ…。ちなみに日本語吹き替えも付いてるです。チェブの声はピカチューの人です。この日本語吹き替え版、評判良いんですよね。あとで見てみよう。

映像特典に、安藤美姫のスペシャルトークショーとやらが付いてるんですが、なんすかこれー。
まだ最初だけしか見てません。ロシアではチェブラーシカは、日本でいうドラえもんやキティちゃんみたいなもの、とおっしゃってましたよミキティが。
[Edit]
DVD
くるみ割り人形 [DVD]くるみ割り人形 [DVD]
(2010/02/16)
杉田かおる、志垣太郎 他

商品詳細を見る


小学生か中学生かの時に、確かあれはクリスマス直前の冬休みだったと思うんだけど、NHKで放送してたんですよねこれ。人形アニメーションです。
やっと手に入れましたよ。キッズのDVDのコーナーにずっと張り付いてた甲斐があって(笑)
(今見たらアマゾンでも普通に買えるやん…;)
おぼろげに記憶に残ってて、大人になってから思い出してずっともう一度みたいと思ってたんですよこれ。でもタイトルも覚えてなくてですね。くるみ割り人形だったとは。
なんでも、ホフマン原作の「くるみ割り人形とねずみの王様」と、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」を元に脚色されてるらしい。

とにかくですね、すごいんですよ。一時間半の長編です。制作にだいぶ時間かかっただろうな~と思ってたら、だいぶなんてもんじゃなくて、なんと7年。らしいです。
表情も変わるし口パクもあるし、相当人形のパーツの数も多かったでしょうね。
もうすっごくかわいいよ。人形たち。メルヒェンの世界。でも内容はけっこうシュールだったりも。
途中けったいなノリになったりもするけど。
声優陣が豪華です。杉田かおるに志垣太郎(笑!)時代を感じるねぇ~~。
他にもね、西村晃とか愛川欽也とか藤村俊二とか。

主人公クララの、いとこのお兄様ラブvなところから始まって、夢の中の王子様はどう見てもそのお兄様で、夢から覚めて部屋に入ってきたお兄様と王子様が重なって、という乙女フィルターがなんともいえませんね(笑)
自分に娘がいたら絶対こういうの見せたいわ(笑)
[Edit]
DVD
51XRTW3MNKL._AA240_[1]


モーセの生涯を描いた映画。2005年のだから美しい映像に期待できるかなと。
本編は一章・二章と二枚組みのディスクになっている。
全部見終わって出た言葉。「モーセが最低すぎる」
はい、以上。って感じなんですけど(笑) が、世間の評判は知りませんよ。

このDVDを紹介してるページの説明を見ると、「新解釈」と「真の十戒ともいえる」という言葉が目に留まります。(というか引っかかる)
確かに新解釈だ。史実を全く無視した性格設定のモーセはアロンを代弁者に立てる必要ないじゃんってくらいにベラベラ喋るし、自分を抑えられないらしくてすぐ感情的になるし乱暴だし。
神のことなんて「頑固な方」呼ばわり。あまり神を信頼してないぜこの男。タメ口きいてるからな(笑)「これで満足か!?」とか「無視するな!」とか。
誰がおまえみたいなのを指導者に選ぶかよ!!腹立つわー。
神もまたひどい。そりゃね、旧約の神は新約の神と本当に同一なのか?と疑問視されるくらいだし、確かにひどい、残酷な神だと思うところもあるよ。でもこの描き方はないだろう。日本語の吹き替えなんてサタンの声かと思ったよ(笑)
なんか、神の存在に猜疑的になってる現代人らしい作り方だな。信仰心を皮肉ってるのかな。…ま、私が言えた立場ではないけど。
でも私は神の僕たちの強い信仰が見たいんだ。変に現代の自分たちに近いものを感じさせるような、弱さや人間らしさみたいなそんな余計な演出はいらん。最近はそういうのが受け入れられるみたいだけど。

確かに「十戒」という観点で見るなら、そこに至るまでにいろんな問題が起こって自分たちではどう裁いていいかわからない、という経緯があり、神に十戒を授かったという話の流れは納得できるかもしれない。

あと、戦争のシーンが長い。この部分をじっくり扱ったのはモーセの映画ではなかったので新鮮、と最初は思ったけど、リアルすぎる。殺しあう場面が生々しくて気持ち悪い。狂気を感じる。
実際血なまぐさかったんだろうなとは思うさ。でもやっぱりこういうのはじっくり見たいものではない。

そんなわけで、ほぼモーセのせいで散々な感想になったわけですが、ディスク1の方はなかなか良かったんですよ。子供の頃の話はうまく作ってあるし、なんといっても紅海が割れるシーンは迫力があった。紅海の底がすごくリアルで岩がむき出しになってたりして、実際に一番近いんじゃないのかな、とか。
[Edit]
DVD
ソドムとゴモラ [DVD]ソドムとゴモラ [DVD]
(2007/11/30)
リチャード・ハリス、バーバラ・ハーシー 他

商品詳細を見る


なんか「ソドムとゴモラ」って響きが嫌。原題のまま「アブラハム」で良かったのに。
アブラハム役は、リチャード・ハリス。ダンブルドア先生ですよ。
ストーリーはドラマ性を持たせるためか、結構創作入ってるしちょっとアレでしたので、史実に忠実というより話を楽しみたい人向け、かな。
ソドムとゴモラの町は、もっと気持ち悪い描写に仕上がってるんじゃないかと思ってたけど(男色家の男共がギラギラしながら迫ってくるとか・笑)その辺は心配要らなかったッス。それとかロトが娘二人と近親相姦、とか。よかったー完全に省かれてて。
でもいくら子孫を残すためとはいえ、こういう行為が許されてるんだよね昔は。まぁ元をたどれば、アダムの息子のカインやセツ以降そういう行為によって人類が増え広がっていったわけだけど。

あれ、話がそれた。えーっと。とりあえずアブラハムの演技はとても好印象でしたよ、と。そして最後は息子イサクを焼いて神に捧げようとする例のシーンまでですよ。
[Edit]