FC2ブログ
2019.03.02 PS3で遊ぶ
去年の12月からPS3のゲームで遊びはじめて、「戦国無双3 Z」と「ロロナのアトリエ」をクリア。
現在は「真・三国無双6」をプレイ中。
人よりだいたいいつも10年遅れてるプレイスタイルです。
やっぱり据え置き機はいい。

実は初プレイの三国無双。シリーズ出すぎてて今更やってついていけるのか、と不安に感じつつ。
三国志なんて、諸葛孔明と劉備、関羽、張飛の名前を知ってるくらいの知識しかないのですよ…。
なんで買ったかというと、「無双OROCHI Z」で佐々木小次郎で遊びたかったからです←
三国無双と戦国無双のコラボの作品なので、どうせなら三国志のキャラ知ってたほうがより楽しくなるんじゃないかと思って。
いやープレイしてよかった。めっちゃおもしろい。
むしろ戦国無双よりハマってしまったかもしれん。
キャラもストーリーもアクションのバッサリ感も、こっちのほうが上じゃないか…と思えるのですが。
(戦国無双3との比較だから仕方ないのかも)
これは過去作にも手を出してしまうな、という予感でいっぱいです。
登場人物多すぎで三国の絡み合うストーリーも複雑なので、この6だけではやっぱり把握はできません。
触りは飲み込めたのでここから過去作、後続作をプレイすればさらに楽しそう、といったところです。
それにしても、キャラの名前が難しいんですよね。ふりがな振ってくれないと読めない人ばかりで。
セリフやナレーションのボイスで聞き取って、覚えていくという…。あとロード画面にランダム表示される武将の紹介のときと。
気に入ったキャラは夏侯惇ですかね。渋い眼帯おじさま。
魏・蜀・呉・普だと、魏が好きっぽい。魏からプレイしたからというのもあるかな。呉も好き。
でも国に関係なくいいキャラいっぱいいるからなあ。

「ロロナのアトリエ」は、マリー、エリーのアトリエからの久々のアトリエシリーズだったから、つまりPS2をすっ飛ばしてのPS3だったからついていけるのかなあと。
まあおもしろくないことはなかったけど、なんであんなにあからさまに百合ってんでしょうか。
いつからあんな萌えキャラゲーになったんかな。
男性向けにシフトチェンジしたのか。
クリアして最後ギリギリのデータロードして3つほどのエンディングを見たけど、もう後続のアトリエシリーズやることはないかもという結論。

戦国無双3zはキャラクターの7割ほどクリアしたところでストップ。
作業感とムービーの使い回しはどうしても気になったものの、楽しかった。
4もいずれ遊ぶと思うけど、今はそろそろ「無双OROCHI Z」に移行したい。
「真・三国無双6」のクロニクルモードという名の作業をちまちまプレイしてて、さすがに飽きてきたので。

スポンサーサイト



[Edit]
th_IMG_4298.png

ミニスーパーファミコンかわいいわあ。


th_IMG_4303.png

ビジュアル的にはミニファミコンのほうが好みだけど、中身のソフト的にはスーファミのほうが圧倒的に遊びたいものが多いんだなやっぱり。

久々にマリオカートやってみたけど、やばい、酔うわこれ。
液晶酔いのことを忘れてたよ。
素早くスクロールするものは32インチ以上のテレビだとおえーってなるんだった。
自室の19インチのテレビでやると平気。
あと、HDMI端子出力ではっきりくっきりきれいな画質はいいんだけど、ブラウン管テレビ時代のことを思ってると違和感はある。
今の規格のテレビには、昔のスーファミ繋いだとしても同じことが言えるのでそれは仕方がない。

で、メニューに画面が設定できる項目があって、そこに「アナログテレビ」というのがある。
昔のもわっとした感じやにじみが再現されてて、他の「4:3」「ピクセルパーフェクト」より目に優しい気がする。

2人プレイなら32インチでしたいところだけど激しく目が疲れる、なら19インチで一人で遊べばいいと思うけど、それならPCのエミュでもよかったじゃない、というちょっとした葛藤がおこるけれども、ミニスーファミを買ったこと自体は後悔してないぞ。
ゼルダをちょっとプレイしてみて、懐かしさもありつつ、でもストーリーとか全然覚えてなくて新鮮さもあり。
マリオカートも昔はやりこんだはずだけど最初は下手くそすぎ、でも操作がシンプルだからすぐ慣れて楽しくなったり。
はじめて遊ぶタイトルも結構あるので、ちょっとずつ遊んで行こうと思う。
[Edit]
久々にはじめた決戦3。


th_36761120_Unknown.png

th_36761088_Unknown.png

th_36761104_Unknown.png

th_36761072_Unknown.png

去年に一度クリアしてて、今回中級でスタート。
同じコーエーの歴史ゲームでも、キャラ造形は戦国無双などとは全然違う。
主人公、織田信長は爽やかすぎ好青年で他でこんな魔王見たことない。
なによこのイケメン!と最初こそ違和感あったけど、かっこいいんだわこれが。
CGもきれいでムービーが多く、このムービー収集のためにやっているといっても過言ではない。
音響もキモチイイのでイヤフォン必須。
家康と青春してる信長様が好きです。

もうひとつはこれ。


th_IMG_1732.png

th_IMG_1734.png

th_IMG_1733.png

ssx3。
スポーツゲームってほとんどやったことないけど、これすごいおもしろい。
雪山からありえないようなコースをありえないトリックの連続でありえないスピードで滑り降りる、爽快感抜群のスノボゲーム。
ついのめりこんでやってしまいます。
が、ドヘタなのでトリックで思うように点が出ず、レースイベントだけでなんとかピーク3まで行けたかんじです。

ちなみに決戦3もssx3も、PS2ですからね←
いやー、PS4…じゃなくて、PS3をいい加減に買おうかと思ってるんですけど(これもすでに先日生産終了したんですよね)いまだにPS2でやりたいソフトが残ってるんですよ!
ペースがスローすぎて積みゲーが消化されない。
もう今さら新しいゲーム機買っても1、2本くらい遊んで放置する可能性ありだし、そうまでしてハード買う意味があるのか、とかもう年寄りの悲哀です。
遊びたいけど遊ぶのしんどい。

でも今月発売するNew2DS LLはちょっと欲しかったりする。
3D機能いらないから2DS買おうかと思ったけど、パタンって閉じられないのが嫌で買うの断念してたから。
今から買うとしたらもうNew2DS LL一択ですよね。
サイズは小さくなり重さもNew3DSと同じくらい(というか少し軽い)
画面の大きさのことでNew3DSとNew3DS LLどちらがいいか、と迷うこともない。(New2DS LLしかないから)
液晶画面の品質以外はNew2DS LLしか選択肢なしってかんじ。

とぐだぐだ考えつつも、携帯機より据え置き機のほうが好きだからやっぱりPS3を…でもまだPS2が…とかぐるぐるしてます。
そして積読本も溜まる一方。
[Edit]
かっわいい。

00000418_820_461th_.png

NESのミニが海外で発売されることは前にアナウンスあったけど、ついにファミコンも!
ファミコンソフトが30タイトル内蔵。
HDMI接続、USB電源で駆動という現代的な造り。
ただ、もちろん手持ちのファミコンソフトをさすことはできないし、ダウンロードなどでソフトを追加したりもできない。

なーーんだ。

いやいや、でもこの手のひらサイズのファミコン、これ見ただけでも欲しくなるくらいかっわいいな!
で、マリオシリーズの1〜3まで収録されているのもいいな。
FFⅢがあるのならDQもどれか1作品入れてほしかったけど…。
で、どこでもセーブできる機能がついてるのもポイント高い。
エミュではなく、公式から出る機器にこういう機能ついてるっていうのはね。
(バーチャルコンソールのソフトにもついてるけど)
発売日は11月10日かあ。NESより一日早いのね。


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


レトロフリークという夢のような機器もありますけど、ソフトの接続部分の造りが弱かったりトラブルもあるようだし、結構手間暇かかりそうでなかなか手が出せないし。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)
レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

しばらく様子見。
[Edit]
1_201506290029190ea.png


「ファンタシースター」といえばセガ初のRPGで、1987年に発表以降今でも続いている人気シリーズ。
名前はもちろん知っていたけど、初めてプレイしてみることに。
やってみて気づいたんだけど、これがファンタシースターの4作目だったとは。まずった。
ファーストシリーズと呼ばれる最後の作品だったのだ。
でもまあなんの問題もなくプレイ出来たのではあるが。
ちなみにメガドライブですよ。ニンテンドー機しか知らない私には未知の領域でしたよ。
しばらく放置期間もあったりで、クリアするまで1年かかったけど。

とにかく。
もう、ライラさんが好きすぎて辛くてどうにかなりそうだったわ!
これ子供の頃にプレイしてたら、絶対憧れの女性ゲームキャラNO.1になってた。
ソフトとしては、1993発売。
DQ5、FF5が92年でした。

イベントの時に漫画のカット割のように、グラフィックが挟まれる演出がドラマを盛り上げる。
ストーリーもキャラクターもいきいきしてて、システム面もストレスなく今でも遊びやすい作りです。
最初の頃はふつうにファンタジーRPGみたいだったけど、途中から宇宙空間を移動し始めたりして「あそうか、これってSFだったんだ」と思い出した。
戦闘時などに使う魔法の役割が「テクニック」と「特技」に分かれていて、特に「テクニック」の名前がぜんっぜん覚えられなくて難儀した…。

まあそれよりもライラさんですよ。
途中から攻略を見はじめて、盛大なるネタバレを見てしまった時のガッカリ感がひどかったんだけど、展開を知ってもなお、あのイベントは涙なくしては見られなかった。
私これからどうやって生きていけばいいのだろうと打ちひしがれ…。
しばらく引きずっててプレイするのも力が入りませんでしたわ。
こういうのって、10代の頃にやってたらあっさりできるものなんかなー。
ちなみに私がはじめて涙したゲームはFF4のパロムとポロムのあのシーンなんですが。

ともあれ無事クリア出来てよかった。
初プレイなので思い出補正もなにもないのに、エンディングはすごく感動した。
RPGでこんなに胸熱になったの久しぶりだ。
[Edit]
2013.07.06 FF5
FF5(GBA版)クリア。放置期間長かったが、EDまでたどり着いたぜ。
プレイ時間は31時間。
あれ?少ない。あまり寄り道しなかったかも。
攻略サイトにお世話になったし。

ネオエクスデスのメテオが凶悪すぎた。
にとうりゅう+みだれうちと、ぜになげでなんとか倒せた。
もちろん全員すっぴんにリボン装備。
もう一度戦って勝てる自信はない…。
GBAで追加された顔グラがひどいのとか新ジョブがあまり使えないのとか色々あったけど、やっぱりストーリーいいよね。
時々ほろりとさせられた。
美しいドットグラフィックや演出も、やはりこの時代のスクウェアはすごかった。
ジョブチェンジには異常なほど悩まされる。
好きなジョブは忍者かな。
風水師のアビリティ「ちけい」ってこんなに使えたっけ。
しかし5のドットキャラグラの凝りようたるや神がかっているな。

5もおもしろいけど、私の一番好きなFFは4だ。
だけど未だリメイク版はプレイせず。
3DグラフィックのFF4はなんか怖くて(イメージの崩壊が)手が出せない。
PSP版はしてみたいけどな。
さて、クリア後のダンジョンとかあるみたいだから気が向いたらプレイしてみるかな。
[Edit]
スーファミの麻雀ソフトをいくつか購入。
父親に押し付けて来た。
操作方法は教えてきたけど、ちゃんと出来てるかなあ。
エニックスの「常勝麻雀 天牌」とコナミの「真・麻雀」。

iOSアプリでやるのとはやっぱり全然違って、リーチやあがりなどの
ガイドも表示されないから、自分でよく考えて慎重になってしまう。
うっかりまだテンパイじゃないのにリーチかけてしまったり
ツモったの間違えて捨てたり…
でも、アプリで慣らしたからこそ出来てる感じ。
昔のは今みたいに演出も地味で、なんとも味気なく盛り上がりに
欠けるけれども、淡々と打ちたいだけならばこれもアリだなあ。
このシビアさを逆に楽しめれば。

ハンゲームの天極牌の方は、今でもちまちま遊んでます。
勝ち抜き戦で全員撃破!
かなりきつかった。
敵のリーチのかかる速さやあがる速さが凄まじくて心が折れそうになるも、
私なりに戦略を立てて望めば、まあ運も作用しますが勝てました。
最初から大きな役を狙わず、とりあえず役牌やタンヤオやピンフあたりで
さくっと早く上がれるやつにして、少しずつ点を稼ぐ。
で、配牌がたまたまラッキーなことになってたら、一発でかいのを狙う。
ついに最後の一人、シャカを撃破!頂点に到達!…かと思いきや、どうやら
裏ボスがいるらしく、もう一回初めから勝ち抜き戦で勝ち抜けってさ。
キャラクターのアイコンが全部埋まったし、もうやりきった感あるんだけどな…。
新しい牌とかまたもらえるんかな。
[Edit]