FC2ブログ
どうやらスーファミの本体が一部イカレてる模様。
ソフトによってプレイできるのと出来ないのとがある。無念だ。
わざわざ店のスーファミ本体で確かめたから間違いない。(恥ずかしい奴

ところでGBのテッカマンブレードは、私が下手すぎるわけではなく難易度が異常に高いらしい。安心し…ていいのか?
私はGBのソフトをGBAでプレイしているが、画面暗いし色味変だしあまり快適とはいえない。GBCの方がいいという噂。中古といえど結構高いんだよこれ。
スポンサーサイト
[Edit]
2007.11.25 GBAでGB
ゲームボーイの「宇宙の騎士テッカマンブレード」をプレイ。元のアニメは隠れた名作だと思う。かなり鬱アニメだったけど当事ハマったなぁ。最終回泣いたし。
しかしこのゲーム、激ムズ…。私がヘタレなだけなのかなぁ。全7面らしいんだけど、3面ですでにもうムリ。やっぱりアクションは私には向いてないヨーー。下手くそすぎる。
音楽が超カッコイイんでせめて5面くらいまで行きたかったけどな…。
GBの音源って好き。ファミコンとちがってステレオっていうのもあるし、なんか低音がかっこいいんだよね。
[Edit]
公式サイトこれ
なんか乙女ゲーのタイトルみたいなんですが(笑)
歌劇★ビジューが姫路菓子博2008にて4/18~5/11まで公演するらしいです。なんという長丁場。しかも土日だと1日5公演とかなってるぞ…。そして出演者陣が豪華だぞ。
でも姫路…orz
このポスターめっちゃかわいいやんなぁ。
パティシエかぁ…。萌ゆる…。
キャスティングは交代制みたいだ。これは悩むだろう(行くつもりなんかい)
[Edit]
DVD
ソドムとゴモラ [DVD]ソドムとゴモラ [DVD]
(2007/11/30)
リチャード・ハリス、バーバラ・ハーシー 他

商品詳細を見る


なんか「ソドムとゴモラ」って響きが嫌。原題のまま「アブラハム」で良かったのに。
アブラハム役は、リチャード・ハリス。ダンブルドア先生ですよ。
ストーリーはドラマ性を持たせるためか、結構創作入ってるしちょっとアレでしたので、史実に忠実というより話を楽しみたい人向け、かな。
ソドムとゴモラの町は、もっと気持ち悪い描写に仕上がってるんじゃないかと思ってたけど(男色家の男共がギラギラしながら迫ってくるとか・笑)その辺は心配要らなかったッス。それとかロトが娘二人と近親相姦、とか。よかったー完全に省かれてて。
でもいくら子孫を残すためとはいえ、こういう行為が許されてるんだよね昔は。まぁ元をたどれば、アダムの息子のカインやセツ以降そういう行為によって人類が増え広がっていったわけだけど。

あれ、話がそれた。えーっと。とりあえずアブラハムの演技はとても好印象でしたよ、と。そして最後は息子イサクを焼いて神に捧げようとする例のシーンまでですよ。
[Edit]
今年も大晦日の日にやるらしいんスよね。「きょうは一日みんなのうた三昧」NHK-FM。
10時間もぶっとおしで聴けるわけないと思うんですが。
やっぱりみんなのうたといえば、「メトロポリタン美術館」ッスよね。うんうんとうなずいてる人は、20代後半から30代にかけての人だな。当時あのラストは怖いと思ったものだよな。絵の中に閉じ込められちゃうんだぜ。でもあの人形アニメーションかわいかったなぁ。あのかわいさが残酷。
たぶん10時間の間にかかることでしょう。去年もかかってたけど。…音源持ってるからべつにかかんなくてもいいけど。
それより映像が欲しいな。教育テレビの放送時間枠でちょうど流れてくんないかな。
「ロバちょっとすねた」と「命ひとつを友にして」と「しらんぷり」と「月のワルツ」を誰かリクエストしてください(自分でしろよ)

フィギュアのGPシリーズもあとロシアと日本大会ですか。
予想通り、昨日は浅田真央が2位を大きく引き離しての1位。
外国人選手も良かったけどな~。フリーでミスらなければ。
キミーがかわいかったな~。
[Edit]
OSKの話題が続きますが、ブラック&ホワイトのダンスって何回か再演されてる?
きのう「ダンシングNew OSK」のプログラムを見てたら、れい美花ver.のブラック&ホワイトが載ってて。
これ観にいったんだけど全然覚えてない。記憶が見事に抜け落ちている。
過去の自分のブログに感想探しに行ったけど見つかんないよ。サンライズの感想は書いてるのにな。

そういえばもうすぐしゃばけが始まる。実写で妖怪か。ん、やっぱりあまり期待しないでおこう。
で、NHKは結局ラジオドラマ再放送してくんないので、聴いてみたい人はニコ動で検索するべし。低音質なのはしかたないけど、おもしろいよ。金子貴俊の若だんな、好きだな。
最近私のIDでも24時間開放されて快適快適。エコノミーモードも解除されたし。でもそのせいか重くなった気もするなやっぱり。
[Edit]
引き続き二部。洋舞ショーです。
今までの公演の中からのベストセレクション、らしいです。
主題歌の歌詞が変という突っ込みはこの際置いといて。

まずニューヨークの秋から。トランペット桜花さんとかなつい。
特に好きな場面ではなかったんですけどね。秋だからこのチョイスなのかしら。でも全体的にグレードアップしてた。
オーバーオールの少年がかわいいんスよね。一挙一動が愛くるしいんスよね。こりゃ秋のおどりver.('04のだっけ?)のこころちゃんを越えたかな。今回は誰がやってたんかな。と思ったら今回もこころちゃんだった。視力が悪いというハンデ。
回想シーンの後、秋のおどりver.では桜花さんの前に現れるのは若木さんなのに、今回のは高世さんに変更されてた。
高世さんが恋人の若木さんと別れて、いつの間にか意気投合して桜花さんとお友達になっちゃってたの?(笑)…べつに別れてる必要はないか。
なんだか哀愁があって、こっちのラストの方が好きだな。

キャッツ・イン・オータム、元のは知らないけど、むっちゃ可愛かったです。これむっちゃ可愛かったです(2回言った)
萌えとかそういうんじゃなくて(笑)これはカッコイイねこダンスです。ステキです。

スパニッシュの場面はこれもやっぱり秋のおどりから。より引き締まったダンスシーンになってた気がするのは桐生さんの男前オーラが強かったせいか。照明が薔薇でいっぱいだ。

今回初お目見えのチェリーガールズのシーン。もっと別の何かを私はきっと期待してた。あのふわふわした衣装を脱ぎ捨ててからは良かったけど。

そしてブラック&ホワイト。なんなんですかこの鳥肌ダンスは。
振り付けなんかもうがらっと変わっちゃってるんですね。構成的に秋のおどりver.の方が洗練されてたような、すでに完成されてたような気が勝手にしてるんですが、スピード感とテンションの高さはこっちの方が上のような。
このダンスだけで鳥肌14回たっちゃったよ。
そして今更だけど音楽のアレンジが神がかってる。これはもう神曲と言わざるをえない。

「OSK・ゴーゴーゴー」とかいう歌は(タイトルじゃなくて歌詞のフレーズです)いらんかった気も。OSKOSK言い過ぎだと思うんス。主題歌でもOSK言うてるしね。

久し振りにDVD欲しいと思った公演です。過去の公演のDVD化が遅れてるようですが、ちゃんと発売されますよ、ね…。
[Edit]
京都南座公演観にいってきました。
久し振りに祇園に来たので、開演前に八坂神社、円山公園をぶらっと散歩し、知恩院にも行きました。あっちこっち修理工事中でタイミング悪いったらありゃしない。方丈に行く気もそがれて鴬張りの廊下を歩いてから帰りました(笑)
工事、だいぶ長引きそうなんだね…。八坂神社の立派な楼門も白いシートに包まれてたしがっかりした。

で、南座に戻ってレビューin kyotoです。
ヤヴァイ。超感動した。くそう、源氏物語良かった…。
和装の美しさに胸きゅんした。
平安貴族の衣装ってなんであんなにそそるんでしょうか。
長い黒髪に広がる着物の裾。美しい姫たちがずらっと並ぶオープニングにぞくっときた。

舞台セットはシンプルで、それでいて気品があって京都らしいというか、清々しい感じでした。音楽も美しかったりOSKらしい曲調だったりで満足。
車争いのシーンはびっくりしたけど。車の騒音とか現代的なアレンジで、いきなりなんだ、と(笑)そういうのありなんだと思って。

平安アイドルの歌もいきなりポンポン持って変なのきたよこれー的な。ちょっと吹き出しました。「L・O・V・E・光♪」っておい。そういうの大好きだから。

桜花昇の光は思った以上にはまってるというか、美しかったです。BI☆青年でした。まさに光り輝いてた。
桜花さん、歌上手くなった?それとも音響がいいの?その両方?

一部の上演時間は一時間ほどなので、登場人物や場面のそれぞれの描かれ方は非常にあっさりしたものですが、私はドロドロしたのが嫌いなのでそういうのが一切感じられなくて、ただ美しい雰囲気に浸ることができて良かったです。

二部の感想に続きます。

000invalid_filename.jpg

パンフの表紙カッコイイ。
[Edit]
DVD
昔の白黒の方です。サイレントです。1927年です。こんなのが存在してたこと自体知らなかった。
サイレント映画って初めて見たんですが、音楽は付いてるんだね。後付け?
辛気臭いんだろうなぁ~と思いつつ期待せずに見たけど、思った以上にこれはイイ。良いイエス映画だ。もちろん役者はしゃべらないし映像と音楽と時々入る字幕だけ。それがかえって嫌味がなく見る側の感性にゆだねられるというか、特に反発もなく見ることができた。
最初の娼婦のシーンはちょっと長かったけども。
音楽がすごい雰囲気出てるのね。ミステリアスなピアノの旋律が印象的。
でもやっぱり全体的には暗いので、辛気臭いっちゃあ辛気臭いですよ。その薄暗い音楽をずっと聴いてると鬱になってくるぐらいに(笑)

イエスは今まで見た役者より線が細くてちょっとイメージ的には違うけど、悪くはないです。
この映画ではイエスが子供たちをすごく大事にされて、子供たちが周りにたくさん集まってくる様子が描かれていて、ずっとこういうのが見たかったので良かった。
最後、イエスが亡くなる際に地面が割れ、至聖所の垂れ幕が二つに裂ける壮大なシーンが繰り広げられるんだけど、今まで見たどの映画よりもすごかった。ていうかやりすぎ?(笑)いや、実際こうだったのかも。聖書読んでた時けっこうこういうイメージで読んでた気がするもん。

復活後のシーンはカラーになりますよ。
[Edit]
SKD検索してたら間違ってSKD48とかいう秋葉系のユニットの動画をクリックしてしまった…。まぎらわしい。

ところで今日はOSKの南座公演の初日ではないか。京都南座は52年ぶりって書いてあったけど、この前資料を見てたら東京のSKDの方がよく南座で公演してなかった?
一応京都に住んでるので、南座も見てみたかったし観に行きます。源氏物語の話自体はあまり興味ないけど、美しい平安絵巻が広がってるのかなぁとか。

関係ないけど、歌劇戦隊ローゼンナイツの中で架空の歌劇団が登場するんですが(名前だけ)、「白百合少女歌劇団」略称”SSK”といいます。まぁ私も作者もOSKのことしか知りませんから、OSKを意識してのことなのですが、存在しました。SSK。今から何十年も昔に。SKDに改名される前の松竹少女歌劇団です。「少女」が入ってるからSSKだったんだ…。
ま、そういう単なるネタ話でした。

今日はフィギュアの中国大会がある。もう先にニュースとかで結果を見るのは止めます(笑)
[Edit]
2007.11.04 カナダ大会
中野友加里のインタビューが痛々しかった…。日本人じゃ一番好きな選手なのでフリーまじでがんばってほしいよ。と思ってたら、ニコ動で早々とアップされてる!思わず見てしまった…。なにやってんだ俺のばかー!!TV見る楽しみが減っちゃったじゃないかー!!
ゆかりんはがんばりました。ジャンプもミスらなかった。かっこよかった。驚愕の超高速ドーナツスピン、TVでじっくり見るぞ!

ところで、なんで今度の中国大会だけ放送枠1時間しかないの?村主やキム・ヨナやコストナーやジャンが出るというに。ランビエールもシリーズ初登場だというに。
余計な映像を削ってくれるんならそれでもかまわないけどさ。腑に落ちない。
[Edit]