FC2ブログ
DSCN0574.jpg

前から一度作ってみようと思ってた生チョコレート。
バレンタインに自分の分まで買う余裕なさげなので、家にあった板チョコ2枚で作りました。
チョコを細かく刻む手間はかかるものの、意外と簡単。
ただ、生チョコが柔らかすぎて切り分けるのが一番大変だった…。
も少し生クリームの量を減らすべきか、それともキンキンに冷やしてから切り分けるべきか…。

DSCN0579.jpg

ムラがあってあんまり見栄え良くないw 人にプレゼントできるレベルじゃないーー。(そんな気ないクセに)
抹茶の場合、ほんとはホワイトチョコで作るらしいけど、そんなことしてらんないので抹茶をまぶしただけ。いやー十分美味い。
なんか店で買ったみたいだよ?(自分で言うな
とろけるー。
コアントローが効いてて良いです。
これをグランマニエにしたり、ブランデーにしたりするとまた違った味わいになりそう。
スポンサーサイト



[Edit]
コアントローというのはリキュールのひとつで、オレンジの香りが特徴的なホワイトキュラソーである。

PA0_0003.jpg

よくお菓子に使われてたりするが、コーヒーに入れるのもありのようなので試してみました。

まっずーーーorz

オレンジすぎだよバカ!(誰に怒ってる)
これはコーヒーの風味を台無しにします。むしろコーヒーが飲めない人におすすめしときます。
でもほんとにあるんですよ、カフェ・ア・ラ・ジュ・セとかいうややこしい名前の、コアントローを使ったコーヒー。泡立てた生クリームの上にオレンジの皮をのせた一見お洒落な一品。

うーん大失敗。紅茶の方が合うんじゃないか?

アイリッシュウイスキーも底をついたので、その辺で普通に売ってる安物のウイスキーを買ってきました。

PA0_0001_20090112143445.jpg

昔懐かしトリスウイスキー。…って、私は全然知らなかったけど、親世代には懐かしいらしい。
味的にはアイリッシュの方がやっぱり好きだけど、コーヒーに入れるんだからそんな大差はありません。美味いです。冬の夜の定番になりつつあります。

あ、ちなみに私は下戸です。
コーヒーに入れるくらいの少量のアルコールで、ほわーんとしちゃいます。


[Edit]
PA0_0007.jpg

無性にお腹がすいたので、ホットケーキミックスで簡単にマフィンを作った。
砂糖とメープルシロップを適当に入れ、バターの替わりにオリーブオイルを使った。

PA0_0005_20090124230447.jpg

少しはあの独特のホットケーキミックスらしさは消えるんじゃないかと思ったが、やはりホットケーキミックスの味だった…^^;
表面にグラニュー糖をちょっとかけて焼けば、メロンパンっぽいカリカリ感が出るのだ。
しかしこれ、ローズ型の意味ない…。
[Edit]
という耳慣れないお菓子を見つけたので作ってみた。
材料が超シンプル。
ノンオイルなところに惹かれた。バターも使いません。
ちなみに、コーンスターチを使うレシピと片栗粉を使うレシピがあったので、うちには今片栗粉しかないということで今回はこっちで。
でも、身体へのやさしさを考えると片栗だよね?コーンスターチは酸化防止剤が入ってるのがちょっと…。
いやでも、仕上がりに差がありそうな気がしてきた。

DSCN0570.jpg

DSCN0569.jpg

ずっと欲しかった、ローズのシリコン型を買ったので試しに使ってみました。
初めて使用するので型はずれが良くないかも…と。やっぱりちょっとくっついちゃいました。
このお菓子はほんとはもっと大きな型で作るんですがね。買ったばかりの型を試したくて。

DSCN0571.jpg

こっちはクグロフ型。
うん、やっぱりこっちもちょっとくっついた。何回か使ってるうちになじむらしいんだけど。
でもかわいいなぁ、クグロフも。カップケーキサイズはなんでもかわいいです。

肝心のお味は、すごく軽くて素朴な味でした。なんかに似てる…と思い巡らしたところ、「甘食」に味が似てる気がします。甘食て…。私は好きですよ甘食。
[Edit]
今更ながら、デジタルチューナーを購入。
今まで何で調弦してたかっちゅうと、ピッチパイプ。レトロな言い方をすると調子笛。
ヴァイオリンの調弦はAの音を基本に、AとD、DとG、AとEの重音の響きを聴きながら合わせていきます。
つまり、チューナーなんかに頼ることなく耳を鍛えろってことですよね。
だからAの音さえとれたらチューニングはできるんですが、その肝心のAが、私の持ってるピッチパイプは高めなのです。
一般的にA=440Hzが基本のようで、そのピッチパイプは448くらいありました。最初からそうだったのか、途中から高くなりだしたのかはわからない。でもピアノと合わせると明らかに高かった。

昔の人たちは耳を鍛えろと言いますが、やっぱり便利ですよデジタルチューナーは。正確な音が目ではっきりと見て取れるし、細かい調整が出来る。他の楽器と合わせる時なんか特に助かりそう。
実は、ヴァイオリンというよりウクレレ用に買ったんだよねこれ。ウクレレって意外とチューニングの狂いやすい楽器なのです。今まではたいして気にしていなかったけど。
ついでにメトロノーム機能も付いているので、リズム感のない私はこれで一から練習しなおすがいいですね(笑)

ヴァイオリンは弦も張り替えました。久し振りに。しかも、スチール弦。
ヴァイオリンを始めたばかりはスチール弦をずっと使ってたけど、ナイロンに変えたときのあの柔らかな音色が心地良くて、もうスチールには二度と戻るまい、と思ってたのでしたが。
経済事情がそれを許しませんでした(笑)
今回初めて買ったのは、ダダリオ社のヘリコア。
開封して弦を触ってみてびっくり。なんだこのふにゃふにゃした弦は!
これがスチールなのか…?と。
実際楽器に張ってみて、テンションも高くなく指も痛くないし、ナイロン弦となんら変わりない。
音に深みがない感じはするけど、立ち上がりはすごくいいみたい。
あと、チューニング後の安定はさすがスチール。おかげでペグも変な方向を向かずにすんだ。

PA0_0004.jpg
こちらインフェルド赤。

PA0_0000.jpg
こちらヘリコア。
うあぁアジャスタも買い換えるんだったー!ネジが硬くて左手では回せんorz
[Edit]
スフレチーズケーキ作りました。

DSCN0550.jpg

焼きたてほやほや。徐々に沈んでいきますよ。

DSCN0561.jpg

一晩明けて次の日。

DSCN0565.jpg

切り分けてみた。

ベイクドチーズケーキも好きだけど、スフレチーズケーキはふわふわシュワシュワ感がたまりません。
メレンゲ作りと蒸し焼きという手間がかかりますがね。
ほとんどのレシピは天板にお湯を注ぐだけだと思いますが、私の使ってるレシピは型の周りを囲むようにタオルを置くんですよ。そこにお湯を注ぐ。
よりスチーム効果があるってことなんですかねぇ。なんか面倒ですけど。
結構古いレシピ本なんですが、(ていうかオーブンについてきた本)このスフレチーズケーキは失敗したことがない。間違いなく美味しく仕上がるということで重宝してます。
[Edit]
090104_2026~01

おねーちゃんが買ってきてくれたチェブラーシカのポストカード。
ポップで激カワ!きゅんきゅんしちゃいますねっ。ウフフ。
こないだ吹き替えver.も見たんだけど(一話だけ)やはり言語の方が私は好きだ。
チェブはかわいかったけどね~~。

お餅とお菓子を食べまくってるせいで気分が悪い…。くそう、正月め…。
そのくせ、体重は減るという怪奇現象。体重計、壊れたか?それともなんかの病気か。
[Edit]
5日まで仕事がないので暇です。だらけてばっかです。
ゲームとテレビ三昧。
ゲームは「転生學園月光録」を、去年からやってます。ストレスたまりまくりなゲームなのに、2周目クリア。もうだめ…。
もうひとつは「鑑識官」。意外と面白い。D3のシンプルシリーズとしては、文句なしのコストパフォーマンス。絵からしてギャルゲっぽいのかしら、と思ってたが全然違った。
普通に真面目に推理アドベンチャー。主人公にも好感が持てて感情移入しやすい。
難易度もそこそこあって、(ていうか私としては意外と難しかった)間違った選択を続けてるとゲームオーバーになる。スリリングでした。(何回もゲームオーバーになったよ…)
証拠品を鑑定に出すのがだんだんうっとおしく感じることもあったけど、操作性はわりと快適な方だと思う。
最後のシナリオがよく出来ていて、それまでのコメディタッチな部分とシリアスな部分がいいバランスをとっていて、キャラとの会話部分も含めシナリオには好印象をもてるゲームです。
テキストのスキップ機能があればなおよかった。
続編もしたい。
[Edit]