FC2ブログ
最後まで視聴した(もしくはするはず)冬ドラ

・S~最後の警官~
・失恋ショコラティエ
・緊急取調室

黒田官兵衛は3話で止まってるけど今から消化可能かどうか。
今日から世界フィギュアなのでますますいろんな作業が手に付かなさそうだ。
失恋ショコラティエは現在最終回の途中まで。
薫子さんがおもろすぎる。

2014春の新ドラマ1回目視聴予定

ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~
極悪がんぼ
ビター・ブラッド
ブラック・プレジデント
新解釈・日本史
TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部
SMOKING GUN
花咲舞が黙ってない
銀二貫
吉原裏同心
BORDER
MOZU Season1
トクボウ
アリスの棘
死神くん
リバースエッジ
ロング・グッドバイ
弱くても勝てます
ルーズヴェルト・ゲーム

刑事ドラマ多すぎィ。
そういえば、この前の2013年ドラマの記事上書き。
ハニートラップの存在を忘れていたため…。
スポンサーサイト



[Edit]
最後まで視聴した秋ドラマ

・猫侍
・ハニー・トラップ
・Doctor-X
・ミス・パイロット
・真夜中のパン屋さん
・実験刑事トトリ2


2013年マイベストドラマ

1.ガリレオ
2.半沢直樹
3.猫侍
4.妻は、くノ一(BS)
5.ハニー・トラップ

記憶が古すぎて引っ張りだすの難儀した。
そしてこれからはBSのもランクに入れよう。

去年の秋にNHK地上波でやってた「真夜中のパン屋さん」はBS放送時に見逃してたので。
相棒はまだ去年のが消化できていない。
あと2014年冬ドラもぼちぼち最終回を迎えるドラマが多数。

こないだの土日に二夜連続でやってたキムタク主演のスペシャルドラマ、「宮本武蔵」が意外にもおもしろかった。
私の中の宮本武蔵像は北大路欣也なのでw線の細い武蔵はどうかと思ったが、なにより殺陣の迫力が素晴らしいから見入っちゃうわ。保存しときたい。
あれ、みんな怪我してそうじゃないか?本気すぎて。
まだ二夜目のは見てないんだけどね。
名だたる剣豪が次々に出てくるのがワクワクする。

[Edit]
2014.03.15 卒業式の歌
小学校の卒業式で歌った歌を探してたら、ちょうど今は卒業シーズン。
昭和のかほり全開の、昔によく歌われていた懐かしい卒業式ソングを貼ってく。




爽やかだのー。
歳がバレるそうね、これ知ってたら。




なんか…心が洗われるような歌声だ。
クラスに「ともよ」って名前の子がいたら間違いなくからかわれてたよね。

)

卒業文集の扉ページにこれの歌詞が書いてあったなあ。
大好きな歌だけど、30過ぎたBBAが歌ってたらさむいきもいうざい…でしょうね。

そして最後。
「一つのこと」という曲だけれども、昨日はじめて知ったんだけど、この曲って2バージョンあるんだってね。
おかしいと思ったんだよね、私が歌った「一つのこと」と、お姉ちゃんが歌ってた「一つのこと」が、どう聴いても違う曲。
これを合わせてハモるんじゃない?って言ってたけど、どうやってもハモれやしない。
ちゃんと正式に2種類の「一つのこと」が存在してたのか。
ちなみに、youyubeで検索してヒットしたものはテンポが遅くて音質もあれだったので、ニコ動にあったボカロで聴き比べました。




こっちが私が歌った方だな。




こっちはお姉ちゃんが歌ってた。

姉が習った歌とか、なぜか私もマスターして「私が下歌うから、おねーちゃん上歌って!」って言ってよくウザがられた記憶がある。


[Edit]
聖剣伝説の新シリーズ
どのハードで出んの?
スマホアプリでした…。っていう。

なんだ課金ゲーか、と思いながらサイトを見ると、音楽が「伊藤賢治・菊田裕樹・下村陽子」ってなってますがな(関戸氏抜かしてごめん)
サントラの発売日も決まってる。
作曲者の豪華メンツで懐古厨のユーザーも釣ろうという魂胆ね。
3曲だけ公式サイトで流れてるんだけど、担当書いてなくても菊田さんと下村さんはすぐわかるなー。
イトケンの戦闘曲はよ!
うん、課金はサントラだけで良さそうね!!w

アプリの方は今日配信開始されたようです。
一応事前登録もしたけど←したんかい
他に消化せねばならないゲームをとりあえすずませんとな…
[Edit]

チケットは結構ギリギリで取ったんですが、観に行ってよかったと思える作品。
勢いがあって気迫がダイレクトに伝わってくる熱い公演でした。
ラスト付近は涙をこらえるのが大変。

これの原作となる「オシリスの花嫁」は観劇済み。
でもけっこう昔のことなので、記憶が薄く変更点とかあまりわからない。
結末が変わったのはわかりました。

音響効果は「オシリスの花嫁」に比べたらずっとよくて聞きやすかった。
音楽と効果音と音のボリュームで勢いと迫力を出してる。
重厚ハードなストーリー。
ラブラブした場面はあるけれど、たいした緩衝材にもならないくらいに話が重くて皆さんの演技が迫真で悲痛さが募ってくるだけに一部を見終えた段階では気が滅入る。
一応アスランとクラウディアをメインに捉えてるが、その他の登場人物にも幅広く見せ場があり、特に悪役キャラのインパクトが強くてそっちに持って行かれがち。
主役のアスランの影がイマイチ薄い。
たまに現代のノリのセリフが入る。(これははやみ作品の癖とも言えるw)

気になってしまった部分は多々ありましたが、私のお気に入りのキャラとしてはシムール王子とウォースラーですかね。
ウォースラーはおいしいとこ持って行きすぎィ。
最後はずいぶん打ち解けたふうで、あ、そんなキャラだったんかと。楽しい旅になりそうですね。
シムールのキラキラオーラの眩しさは反則じゃないでしょうか。
序盤でソロで歌に入る場面があるんですけど、ここらへんの声といい歌声といい、めちゃめちゃ澄み切った美声におどろきました。
元々歌はお上手だけど、今回ほど心に響いたことはなかった。
ただラストのシムールがですね、ダークサイドに堕ちたみたいなブラック王子になっててびっくりしたんですけども。

星読みの姉妹が儀式で唱えた呪文が気になる。
なんて言ってたんだろう。ディレイがかっててさっぱりわからぬ。
ああいうファンタジーなシーンが好き。

クラウディアの役どころは難しそう。
原作でさえ、クラウディアがアスランに好意を持つまでが急速で心情が理解しにくかった。
運命の出会いといえばそれまでだけど。
でも、原作では演じ手の若木さんの包容力がすごくて細かいところが気にならないくらいだった。
そして初瀬アスランの場合、不憫な境遇と傷心を抱えたその佇まいで母性本能にうったえかける様子が、若木クラウディアの包容力とうまく合ってたように感じます。
あくまで個人的な感じ方ですけど。
今回のアスラン&クラウディアにあまり感情移入できなかったんだなあ。

あとは、アーシェがかわいい!
故人ではあるけどアスランとクラウディアには見えている霊体。
セリフはなくバレエ的な美しい所作でアスランの周りを漂ってるんですが、すごく可憐で幻想的。
アスラン・アーシェ・クラウディアの関係性がなんか好きでした。

舞台上で4本の柱をうごかして場面転換などをなさってるんですけど、「オシリスの花嫁」の時にこのうちの1本がグラグラしててそのうち倒れましてね、それが急に脳裏に蘇って焦りましたわ。←どうでもいい情報

みなさん、絶叫する場面が多かったのでエネルギーの消耗が激しそうですよね。
最後まで喉は大丈夫だったんでしょうか。
ショーとかはついてなかったので、今度はショー作品でがっつりダンスが見たい。
パーッと発散型のやつ。
[Edit]