FC2ブログ
カードゲームを自作しました。
サイコロを使ってカードを戦わせる、サイコロバトルカードゲーム。
その名も、「ジパング・ヒーロー!」←

あートレカみたいなのとは全然違って、ひとことで言えばバトエンですw
いちいち戦略考えたりするの苦手です。
バトエンみたいな、鉛筆をただ転がすだけで対戦ゲームが手軽に楽しめるようなのがやりたくて。
シンプルだし運ゲーなので、誰でもできます。
ネットでググったら、すでにそういうのを作ってる人もいました。
遊び方とか勝手に説明していくので、気になったらカード作って遊んでみてくださいw

キャラクターのカードはとりあえず12枚作りました。
6枚ずつ相手と自分に配り、カードは伏せて置いておく。サイコロを振って先攻後攻を決め、手札から1枚を同時に場に出す。
サイコロを振って出た目の指示に従って戦います。


zipang-tsunath_.png

いきなりマニアックな人から始まりましたが、源頼光の四天王の1人です。
キャラにはそれぞれHP(体力)が設定されています。
基本は、1と6に強い効果を持たせています。
ダメージを受けるごとに自分のカードのHPから引いていくのですが、メモ書きがないと忘れてしまうので、HPの増減を書きとめていく紙を用意。
カードのHPが尽きたら、新たに手札から1枚場に出す。
それを繰り返し、早くカードがなくなった人の負けです。
「ターン終了」とは、つまり綱の場合、2の目を出すと何もできずに相手の番になるということです。

では次のカードを。


zipang-hanzoth__20140630132614d9b.png

キャラクターには属性みたいなのがあって、☆か◯のどちらかになっています(まんまバトエンやん←
名前の左にあるのがそれです。
それによって、ダメージを受けたり受けなかったりがあります。

「相手の攻撃を回避」という効果がありますが、これは次の相手からの攻撃、という意味ですが、体力回復の効果を持つカードのみがサイコロを振ればいいことにしています。
攻撃系しか持ってないカードはサイコロ振る意味が無いし、時間もかかるので。

テストプレイしている時、この半蔵のカードが何気に凶悪だった。
攻撃力(ダメージの数値)は大したことないけど、そのかわりサイコロを連続で振れる目が3つもある。
忍なのでね←
いっこうに手番が回ってこないという事態に陥ることもあります。
まあそれもやっぱり運次第。

次のは作った中で一番の凶悪カードです。


zipang-takamurath__201406301658556f4.png

これも若干マニアックか。
唯一、即死スキルを持っているという厄介な人。
そのかわり、自分にダメージを受けるリスクのある技もあるし、攻撃力はもちろん弱いしターン終了もある。HPも低い。
ちゃんとバランスを取ってるつもりです。
ひとりのテストプレイ時では恐怖の1は全然出なかったのに、ふたりで対戦してみると連続で1が出て阿鼻叫喚ww
そのくせ、篁を持っていた側が最後には負けたという…。なんという運ゲー。
なかなかこのカードは盛り上がります。

最後にもう1枚。


zipang-yoshitsuneth_.png

そういえば技名なんですが、史実と伝説、オカルトも織り交ぜて作ってます。
義経のカード。
「静の応援」での体力回復が何気にイラッとします。
「天狗の舞」…はなんなんでしょう。そしてこのネーミングセンスのなさ。

今回はこんなところ。
それぞれのカードの家紋については、室町時代以前の人物ははっきりしていない人もいて(家紋の起源は平安時代後期らしい)、だいたいが後付けです。
直系の子孫が使用している紋であったり、そういったところから辿っています。

最初に「誰でも遊べる」って言ったけど、技名の漢字が読めて、ある程度の歴史上人物の知識がないと面白くはないかな…。
読み方に迷いそうなものにはルビ振ってるけれども。
渡辺綱の「鬼斬り」はオニギリでもオニキリでもどっちでもいいや。
おにぎり、美味しそう。

またカードが出来たら載せていきます。
使用した素材は、フォントも含めすべてフリーのもので作っています。
まだ全部完成してません。
テストプレイは鉛筆で紙に書いた試作品で行ってるんで。
スポンサーサイト



[Edit]
「聖書物語人物かるた」を作ってみた。

最近、バイブルハンターとかいう聖書を題材にしたボードゲームが話題にのぼってたり、そこでのイケメンなダビデに吹いたり。こういう動きを知るとつい遊んでみたくなるよね。

昔から聖書かるたのようなものはあるみたい。
確か子供の頃、誰かが手作りした聖書のカードゲームで遊んだ記憶がなんとなく残っている。
で、作ってみた48枚のかるた。
かなり難航したけどやればできるものね。ちょっと自分を見直したわ←
なにをこんなに頑張ってるのか自分でもわからんけど。
ちょっと公開。
まずあ行。


あ アブラハム 神と歩んだ 信仰の父
い 陰謀から 仲間を助けた 王妃エステル
う  裏切りの 合図は口づけ ユダ・イスカリオテ
え エルサレムの 神殿を建てた ソロモン王
お お魚に 飲みこまれたヨナ 海の中


ヨナとかちょっと笑っちゃうけど。
大人も子供も楽しめる様なのが出来たと思う。
ちなみに私が一番好きな聖書の人物は、ヨセフ。次いでエステル。
あ、イエスは別格で。

じゃあその他のもちらっと。


く  偶像の 排除運動 すすめたヨシヤ
ち 長子の権利 煮物ほしさに 手放すエサウ
と 止まる太陽 勝利をおさめた ヌンの子ヨシュア
に 虹かかる 約束のしるし ノアの方舟
ほ 滅びへ向かう 民への警告 やめないエレミヤ


いくつかの文字は本当に苦労した。
たとえば「ぬ」。
これはもう、ヌンの子ヨシュアしかないんじゃないかと思ったんだけどw
ここから、非模範的な人物も入れていいことにしよう、となって、
「盗んだもの 隠したアカンの 重い罪」
だとか、上に書いたエサウを入れることにしたのだ。
大方どの人物を使うかは最初に決めておいたけど、使える文字が少なくなるにつれ考えるのが厳しくなってきて。
ちょっと不本意なのは「ペテロの後悔 イエスを三度否認する」。
「へ」がまったくうまく出来なくて。ヘロデかベツレヘムしか思いつかない。
結局ペテロにしてしまった。もっといいエピソードにしたかったのにな。
もうすこしで完成だーって時に、肝心のイエスを入れ忘れてたり。
エピソードは山ほどあるから最後の方につくろうと思ってすっかり忘れていたという。

若干無理がないか?という「も」。「燃える炉の中 シャデラク メシャク アベデネゴ」。
他のとリズムがちがう。
子供のときに覚えるんですよね、こういう呪文みたいな名前って。
メネ・メネ・テケル・ウ・パルシンとかさ←関係ない
この名前の持つ独特の語感が好きなので。
3人続けて覚えるから余計に。

絵札の方もまた重要で、その句に合った絵がなければ作れないというハードルの高さ。(自分で描く技術はない)
でも某協会の膨大な資料の中から絵を拝借して作ったので(非営利目的の個人利用ならセーフらしい。たぶん←おい)手持ちの資料を探すのに大変時間はかかったものの、ほんとに色んなシチュエーションの絵がたくさんあるので必要なものはそろった。


写真 2014-06-22 15 04 39 (1)th_

個人的にひとりぼっちで遊んでるだけなので許してください。
こういうのは子どもたちに遊ばせてあげると大変喜ぶと思うので、公式で製品を作ったらいいと思う。
この協会の出版物の絵は他の追随を許さないほど美麗だしね。
あ、でも日本独自の遊びだから無理か…。


写真 2014-06-22 15 04 39th_

カードの端を丸くカットするのはこれを使ってるよ。↓


サンスター文具 かどまる3 S4765028サンスター文具 かどまる3 S4765028
()
サンスター文具

商品詳細を見る



しかしかるたの句って考えたの初めてで、けっこう難しいものですね。リズムを合わせるのとか。
ネット上で参考にできるようなのはほとんど見つからなかくて、48句も考えるのは苦労したけど、懐かしかったし勉強になったな。
[Edit]
2014.06.20 おはしの達人
100円ショップ、ミーツで見つけたおもちゃ。


写真 2014-06-20 15 24 31th_

おお、これはちょっと楽しそうw と思いまして。
「マナー豆」みたいなお箸を使った遊びですね。
縁日の景品とかのまとめ売りで、単価60円のやつでしたこれ。


写真 2014-06-20 15 25 04th_

いかにもプラスチックなちゃっちいものを想像してましたが、この豆がけっこうかわいい。


写真 2014-06-20 15 25 35th_

つやつやとした光沢が、本物の枝豆の雰囲気出てるー。


写真 2014-06-20 15 26 14th_

このように付属の皿に豆を入れていく。
お箸がめちゃ短いです。
ちなみに、細長い豆は簡単に掴める。
なにげにムズいのは、丸と三角のやつ。


写真 2014-06-20 15 27 07th_

だが、丸の豆はこのように真上からそうっと掴み上げると別段難しくはない…。
三角のが一番難しいと私は思うのだがどうでしょう。
二人で対戦すると、焦りが出てついミスることも…。

箸の持ち方って、実は私の場合26歳の時にちゃんとした持ち方に矯正したんですよ。自主的に。
それまでずっと、中指の力で物を掴んでたんです。上の箸に中指をかける感じで。
20過ぎても癖って直せるものですなあ。
私の兄が20過ぎて箸の持ち方を直したって話を聞いたもので、やる気になったんですけどね。
自分の箸の持ち方がおかしいけど、今更直すとかどうせ無理…とか思ってる人はやってみてください。
そんなに辛くもなかったし、今では以前の持ち方はもうできない。
まあ、今でも完全にきれいな持ち方なのかどうかは微妙ですけどね(汗
大きくて重いものを持ち上げるのとか、たまに苦手に感じる時がある。
硬いものを半分に割くときとか。
握力が弱いせいなのかしらw


写真 2014-06-20 15 27 53th_

対象年齢5歳以上ってなってます。
箸って何歳から使い出したのかな、自分の場合。覚えてない。
[Edit]
シャット・ザ・ボックス」というダイスを使った伝統ゲームを発見。

一時期さいころで遊べるゲームを調べまくってたので、これもちらりと見た記憶はあったが、今回実際に遊んでみると簡単でそれでいておもしろい。
とは言っても、実物を買ったわけではなく、家にあるもので代用した。


写真 2014-06-17 15 26 15th_

どうせ使わないだろ−ナ−と思って取っておいたチョコレートの箱。
トランプでも遊べるけど、手で触る感覚とかも私にとっては大事なので、上記のサイトにも書いてあった麻雀牌でやってみた。
ダイソーの麻雀牌。ちっちゃくて若干やりづらいが。
緑のフェルトを買ってきて箱に敷けば、さらに雰囲気は出ると思うのだが…。
とりあえず押入れを漁ってたら出てきたウレタンスポンジを四角くカットし、お菓子やらの下に敷くナプキンらしきものを貼り付けてみた。


写真 2014-06-17 15 24 42th_

高さが出て、牌を裏返しやすくなり、転がる音も静かになった。

「シャット・ザ・ボックス」の遊び方。
二つのダイスを振り、出た目の合計になるように牌を裏返す。
例えば4と6が出たなら、合計10になるように。
そのまま4と6でもいいし、3と7でもいいし、9と1でもいいし。そんなかんじ。
ダイスを振り続け、めくれなくなったら終了。
めくることの出来なかった牌の数を合計して、一番少なかった人の勝ち。


大人ふたりで遊ぶのも普通に楽しかったし、ひとりでやってもちょっと楽しい←
算数苦手だけど、これくらいなら楽しいと思えるレベル。
これ、全部裏返すことなんて奇跡やろ?なんて思ってたけども、母親に教えてあげて一緒にやったら、3回目にしてまさかのシャット・ザ・ボックス!
しかも、最後の一つは「2」だったので、出目はピンゾロ!


写真 2014-06-17 15 28 14th_

その後なんとなくひとりでコロコロやってたら、何度目かに私もシャット・ザ・ボックス達成!
あら、意外と出来るものなのか!?

算数の勉強にもなるし甥っ子にもやらせてあげようと思ったけど、まだちょっと早いかなあ。
おばちゃんでさえ計算がおぼつかないしな←

日本でさいころを使った伝統ゲームといえばチンチロリン。
うーむ、やはり賭博遊戯になってしまうわけだが。
私は幻想水滸伝のミニゲームで知り、太閤立志伝にもあったからテレビゲームで遊んだのがはじまりなのであるが、実際に道具を用意して遊んでみたら断然面白かった。
でももっと簡単シンプルな遊び方がある。ピンコロ(ピンころがし)だ。
それぞれ出た目の数だけ持ち金を出していき、ピン(1の目)を出した人が場に貯まったものを全部もらえるというやつ。
4、5歳からでも、大人と遊んでもなかなか盛り上がるよ。
もちろんお金は使わない。おまわりさんに捕まっちゃうw
うちはおはじきを使ってる。
おはじきはなかなか万能でよい。

花札にしろピンコロにしろ、こんなちっちゃい子供に教えるなんてガラの悪いおばちゃんやなー。はっはっは。
立派な知育やでこれ。うん。
[Edit]
2014.06.01 しずかったー


ネガティブな言葉や悪口なんかを、しずかちゃんが自動的にきれいな言葉に直してくれるアプリを試す。
上の文章は私が打ったもの。


写真 2014-05-29 15 10 36th_

写真 2014-05-29 15 45 24th_

写真 2014-05-29 15 45 50th_



写真 2014-05-29 15 50 34th_

しずかちゃんがかわゆい〜〜。

いろんな悪口雑言、ネガティブな言葉で試してみるね。


写真 2014-05-29 16 50 05th_


写真 2014-05-29 20 28 14th_


写真 2014-05-29 20 24 40th_


写真 2014-05-29 20 25 18th_


写真 2014-05-29 20 15 56th_


写真 2014-05-29 20 22 18th_


写真 2014-05-29 20 20 37th_


写真 2014-05-29 20 33 30th_


…しずかちゃん、あなたはすばらしい。
[Edit]