FC2ブログ
1_201506290029190ea.png


「ファンタシースター」といえばセガ初のRPGで、1987年に発表以降今でも続いている人気シリーズ。
名前はもちろん知っていたけど、初めてプレイしてみることに。
やってみて気づいたんだけど、これがファンタシースターの4作目だったとは。まずった。
ファーストシリーズと呼ばれる最後の作品だったのだ。
でもまあなんの問題もなくプレイ出来たのではあるが。
ちなみにメガドライブですよ。ニンテンドー機しか知らない私には未知の領域でしたよ。
しばらく放置期間もあったりで、クリアするまで1年かかったけど。

とにかく。
もう、ライラさんが好きすぎて辛くてどうにかなりそうだったわ!
これ子供の頃にプレイしてたら、絶対憧れの女性ゲームキャラNO.1になってた。
ソフトとしては、1993発売。
DQ5、FF5が92年でした。

イベントの時に漫画のカット割のように、グラフィックが挟まれる演出がドラマを盛り上げる。
ストーリーもキャラクターもいきいきしてて、システム面もストレスなく今でも遊びやすい作りです。
最初の頃はふつうにファンタジーRPGみたいだったけど、途中から宇宙空間を移動し始めたりして「あそうか、これってSFだったんだ」と思い出した。
戦闘時などに使う魔法の役割が「テクニック」と「特技」に分かれていて、特に「テクニック」の名前がぜんっぜん覚えられなくて難儀した…。

まあそれよりもライラさんですよ。
途中から攻略を見はじめて、盛大なるネタバレを見てしまった時のガッカリ感がひどかったんだけど、展開を知ってもなお、あのイベントは涙なくしては見られなかった。
私これからどうやって生きていけばいいのだろうと打ちひしがれ…。
しばらく引きずっててプレイするのも力が入りませんでしたわ。
こういうのって、10代の頃にやってたらあっさりできるものなんかなー。
ちなみに私がはじめて涙したゲームはFF4のパロムとポロムのあのシーンなんですが。

ともあれ無事クリア出来てよかった。
初プレイなので思い出補正もなにもないのに、エンディングはすごく感動した。
RPGでこんなに胸熱になったの久しぶりだ。
スポンサーサイト



[Edit]
最近と言っても2、3ヶ月経ってますけど。

「know ~知っている」
原作:野﨑まど
2080年の京都。電脳バトル。連レル、知ル。
連レルの役者さん、感情の出し方、息づかいが好き。

「カモメに飛ぶことを教えた猫」

原作:ルイス・セプルベダ
油まみれのカモメを助けた雄猫のゾルバ。
卵を孵してカモメの赤ちゃんのママになる←

「夜叉ヶ池で見つけた命」

主人公タカシの中のT細胞(免疫機能の司令塔となる細胞)がもうひとりの主人公。
細胞との不思議な旅を描いたけったいなファンタジー。

「蜩ノ記」

原作:葉室麟
戸田秋谷様激シブ。真面目で真っ直ぐな爽やか若侍、庄三郎の語り口が好き。
前回は台風情報で一部肝心な部分が聴けなかったが、今回でばっちりコンプリートできた。

「チョウたちの時間」
原作:山田正紀
正直さっぱりわけわからんかった…。難しい。
一昔前のSF小説っぽい。

「吸血鬼」
原作:江戸川乱歩
小林少年登場!
このシリーズは前からかもしれませんけど、突っ込みどころ結構多いよね。

「氷山の南」
原作:池澤夏樹
再放送だが前回の聴き逃していた。
水資源の枯渇。南極海から氷山の氷を運ぶというプロジェクト。
ジン「アイリーン…」
アイリーン「…きて」
ぶーーー!!(噴飯)
唐突なイチャコラシーンに何度吹き出したことか。
この二人もちょっと理解不能だったけど、前半は特に面白かった。

「スタープレイヤー」
原作:恒川光太郎
10の願い事で自分の思い通りの世界を作っていく。
が、途中から他のスタープレイヤーの存在や、スタープレイヤーを抹殺しようとする動き、戦争勃発。
ラスト付近はちょっと怖い。

7月27日から再放送予定の「海に降る」はおすすめ。
[Edit]
2015.06.12 コガモたち
最近、散歩道にある川にカルガモ親子の憩う姿が。
10日ほど前から見てるから、初めて見た時より大きくなってきた。


IMG_0639th_.png

IMG_0636th_.png

人間が近づくと、母親が一生懸命コガモを守ろうと避難させたり。
下の写真、右の方に3匹の頭が見えてるの、わかります?
ここのところの雨で水かさが増し、色も濁っているな。


IMG_0641th_.png

今日はなんと。二組の親子連れに遭遇。


IMG_0642th_.png

IMG_0643th_.png

頑張って大きくなれよ!

[Edit]
2015.06.09 最近の猫
2th__20150609165841572.png

暗闇の中のナッツ


2_20150609165846f3f.png

箱入りあんず


3_20150609165853ed3.png

我先に


4_201506091658524b4.png

みんなどこ行った?
[Edit]
12_20150607175353f2b.png


という本が、大阪城パラディオンの売り場にありました。
著者の菅原みどりさんって、「夢のレビュー史 宝塚・OSK・SKDのあゆみ」
っていうのを書かれた方ですよね。
当時、主にOSKとSKDの関係を知りたくて買って読んだなあ。

この「桜グラフィティー」は、OSKのOGについて書かれた本でした。
在団中のエピソードや退団後の活動について。
嵯峨みさ緒から桜花昇ぼるまでのすべてのトップスターには数ページが割かれていて、あとは煌みちるインタビュー、洋あおい、大谷盛雄対談、66期生(桜花昇ぼる、沙月梨乃、篁セイ(ACCHY))座談会、など。
近鉄時代OSKにハマっていた身としてはどれもこれも興味深い。

その中から個人的に2つだけ。

洋さんのリサイタル「レボリューション・タイム」でまず思い出すのが、ラヴェルのボレロに合わせてお茶を点てるシーン(笑)
ただただ可笑しくて好きなシーンなんですけど、なんと「裏千家の茶道をマスターして臨んだ」って…どんだけなんですか!

桜花さんと沙月さんが同期だってこと、私はOSKにハマってから1年以上たってから知って、「え、接点が全然見えないんですけど!」と周りの人と言ってたくらい、お二人が一緒に組んでいるところやお互いの名前を出すことなど皆無に見えました。
この座談会を読んで、なるほどと納得いきました(笑)

なにもかもが懐かしいです。
私は東雲あきらがトップスターだった以前のことはまったく知らないので、当時のOSKの様子もうかがい知ることが出来て貴重。
あ、現在OSKで振付師として活躍されているはやみ甲先生や中村ゆみ先生のコメントもありました。

伝統伝統と簡単に言ってもそれがどれだけ重い言葉であるか。というのを感じてしまう。
この先100年200年続きますようにって、その思いを受け継ぎ先の未来へ繋げていくことって並大抵のことではないんだろうと思った。


[Edit]
2015.06.06 読んだ本
読書メーターサーチ(iOSアプリ)の配信及びサポート終了。

本の登録はバーコードじゃなくても手入力で十分だったし、けっこう前にアプリは消したな。
スマホサイト使いやすいし。


今読んでる本。
12分の1の冒険の続編。
まだ読み始めだけど、日本製のお弁当箱大活躍!
ジャックって何歳の設定だっけ。
漆塗りの弁当箱を愛用してる子供って…w
またドキドキハラハラな冒険が待ってるんだろうか。


これから読む本。

最近の女児向け少女漫画な表紙が若干の抵抗を感じさせるが、完訳ということと河合祥一郎の訳がよさげだったので。
今までに村岡花子、中村佐喜子、きったかゆみえの訳を読了。
意外と金の星社のきったかゆみえ訳が読みやすかった。
ていうか、いい加減「アンの青春」に進んだらどうだ私…。


最近読んだ本。
東野圭吾は初読みだったけど、がっつり推理小説ばかりじゃないんだ。
こんなタイムファンタジーはじめて読んだ。ページをめくる手が止まらん。徹夜して読んだ。

積読本が多いのに新たに読みたい本も増えるばかりでわけわからんくなってくるこの頃。
[Edit]
(前の記事からのつづき)

オープニングが群舞じゃないんですよね。
いつもなら明るく元気な笑顔はじけるダンスで幕開けって感じだと思うんですけど。
「レイニーデイ"雨の降る街"」という景から始まって薄暗く幻想的で、音楽がまた素敵で冒頭からすでに世界に惹き込まれてしまう。
つづくジャングルの場面と合わせて音楽共に一番好きなシーン。
ここの群舞たまらんわー。野性味に溢れてて滾ってくる感じ。麻咲先生の振り付けかっこいい。
OSK持ち前の磨かれたダンスセンスと群舞力の熱量の高さが相まって、観てるこっちが息苦しくなるくらいの迫力。

雰囲気が良かった。わかりやすい世界ではないけど。
人の配置の形や照明の使い方が、今までとちょっと違う空間を感じたのかな。
それとほんっとに暗転しない。
延々と次のシーンにつながっていく。
今までに観たOSKは暗転の多い舞台が結構あって、洋舞に限って言えば私はそれはまったく気にならない。
かえって一区切り入れられると気持ちが一旦落ち着いて、次にどんな違った場面が待っているんだろうとわくわくできたり、すごいダンスを見たあとの暗転ではつかの間の余韻を楽しめる。
むしろそこで一息つきたい。観てる側も。
それが、今回のような作品では息つく間もなく流れていくので、ちょっと頭の回転が追いつかないというか休憩なしだと疲れるというか…。
この「シーンが途切れない」については、真麻さんがあとのトークショーで、「死にそう」っておっしゃってたくらい演じる側は相当ハードなんでしょうね。
いや楽しいんですよ。鳥肌ぶわー立てながら十分わくわくできたし、ひと味違ったOSKの魅力として満足できたんですけど。

ストーリー設定的なものは全然理解できなかったなあ。
常にわかりやすいポジションに見せ場があるわけじゃないからどこに焦点を合わせたらいいのかわからんし、あっちとこっちで全然違うことしてて、これはどこを見た方が流れ的に正解なのだ?とか、ちょっと情報量多すぎる。
フィナーレに入ってここでやっとOSKらしいというか、明るめでほっとできる場面になる。
あ、それとパレード。
いつもなら出演者全員が出てきて拍手、そのあと主題歌にのせて手拍子、とこういう流れなのに、さあ張り切って手拍子はじめるぞーと思ったか思わないかのうちに幕が降りたという…。
あれ。そういうえば、主題歌って覚えてないんですけど、明確なテーマ曲ってありましたっけ…←
ここ最近、記憶力が悪すぎて嫌になる。

私が見た回はラッキーな事に、最後にトークショーがありました。
高世・桐生・真麻・悠浦・楊の男役5人。
あれだけのハードな公演の直後にご苦労様です…。
真麻さんが進行役で、お客さんからのアンケートの回答を受けて質問していくという。
なんだかみんな、兄弟みたいな感じで仲良さそうで面白かった。
「かっこいい決めポーズ」をしてくださいのところでは、みんなそれぞれに素敵だったけど、桐生さんのあれは一体なに!?
っていう、桐生さんが面白すぎました。
あとお客さんに抽選でOSKグッズが当たるという、その内容が。
ラインダンスの講習DVDって、なにその激レア品…。
研修生たちがお手本にするんでしょうか。
高世さんも丸い枠の中で解説してるとか(笑)見てみたいものです。
[Edit]
大阪松竹座にて観劇。
高世さんのトップお披露目公演でした。

一部の和物「浪花今昔門出賑」。

オープニング、主題歌がいい。松岳先生ちょっと仕事しすぎ。
続く「THE殺陣」。
もうもうもう鳥肌立ちまくりんぐ。
前半の緊張感を帯びた真剣な佇まいからすでにドッキドキなんだけど、後半、3人の剣士が突然現代の若者に早変わり。
ここの演出かっこよすぎて倒れそう。
刀をあんな風にぐるんぐるん回すのって、手首ぐねりそうなんですけど、大丈夫なんですかあれは?(笑)
は〜剣を鞘に納める所作、かっこいいなあ。3人ともきまってるな〜。
芝居の中ではなく、殺陣をショーの1場面にするのって、新しいですよね。(しかも時代超越)
ああ血湧き肉躍る。日本刀は日本人の魂だ。
って、べつに刀剣女子ではありません。
このシーンだけでもう元は取れたかなと←早すぎる

「川祭り」、音楽が良かったです←
ズンズンと、リズムが気持ちいい。
音楽のノリがいいと、楽しみどころのわかってない日舞でも楽しめるんですよね。
獅子舞、後ろの方にも2匹いてかわいかった。

途中、大阪締めなるものがあって、高世さんに「お手を拝借」といわれたが、さっぱりわからず全然手拍子が合わなかった…。
以前にもこういうの、やったことあったような…?

へらへら踊り、噂では聞いていたけど初めて見ました。
噂の倒立までがけっこう長かった。
さっきニコ動にあったから見てたんだけど、あのメロディーは一度聞いたら忘れんなあ。




「蝶」
音楽がファンタジックでピアノが綺麗で、美術も美しくて。
後半ちょっと寝そうになったけれど耐えました←
雰囲気を楽しめました。

以上、品格のにじみ出るOSKの和物ショーでした。


ニ部の洋舞は「Stormy Weather」。

元宝塚の演出家、荻田浩一氏を迎えての作品。
初めて聞いた時、「うーん知らない」
と思ったが、BDのデータを照合した結果、「ドルチェ・ヴィータ!」と「タランテラ!」を見たことがあったようで、それをなぜか保存してあったので見返してみることに。
この二本を見た感想としては、オープニングからエンディングまで一貫したテーマらしきものがあって、暗転がほとんどなくずっと繋がっていくイメージ。
綿密に構成されたレビューってかんじ。
なんとなーく良さはわかったが、好みではない。
なんか舞台上がごちゃっとしててどこを見ればいいのか、ストーリー設定もさっぱりわからない。
といった具合でして、でも、私が宝塚に思い入れがないだけなので、OSKでの作品を観ればきっと「良かった!」ってなるんだろうなーと予想していた。
これもまた好みじゃなかった草野亘作品でさえ、満足できたから。
結果、今までに見たことのないOSKのレビューになっていて、とても面白かった。

つづく。
[Edit]
2015.06.03 最近の猫
2th_.png

久しぶりにうちのニャン。
布団が薄くなったら、最近私の足元で寝てるみたいで朝方しょっちゅう蹴ってしまいます。
そのせいで目が覚める。こっちがな。
私が寝ていない時はベッドのど真ん中を占領しています。

暑くなったせいか抜け毛が多いせいか、二匹とも食欲が安定しない。
食べ物だけ吐いて毛玉が出てこない。
放置された餌はいたむので結局ゴミ箱へ。
うーん。こういう悩みがあるのか猫は。3年めにして知った。

ナッツは台所が激しく甘えてくる場所。子猫のころ、台所がお気に入りだったためか。
スリスリしながら付いて回ってくるので邪魔で仕方がない。←死ぬほど可愛い
この季節、半ズボンに靴下履いてない状態で台所に立っていると、このナッツのやつめ、足首に噛み付いてきます。
甘えているのはわかるけど、めちゃくちゃ痛い。
エスカレートの最終段階には歯をたてたまま足首抱え込みの蹴り蹴り攻撃です。
夜中でも叫びたくなるくらい痛い。
夏は足が傷だらけの季節です。
[Edit]
2015.06.03 プレッツェル

ブリーゼの帰りに立ち寄ったプレッツェルのお店、Auntie Anne's。
お兄さんがひとりで生地を形成して焼いてはった。


3_2015060202444868f.png
チラ。

初めて食べたけど、大きくて食べごたえあってお腹いっぱいになってしまった。


2_2015060202444351e.png

表面はカリッと中はもっちり。注文したアーモンドクランチはひかえめな甘さで好みであった。
アイスコーヒーはSでも量がたっぷり。これも美味しい。

昔は真夏でもホットしかたのまなかったのに、最近は結構飲めるんだよなー。
冷え性が治ったわけではないけど、昔は仕事の関係で体の芯まで冷えてたからな。
最近は逆にすぐ熱中症になるのが辛い…。
[Edit]
サンケイホールブリーゼにて観劇。
幕開けでいきなり鬼の子がどうとか…真田幸村がなんと、人間と鬼の間に生まれた子とかいう厨二ファンタジーな設定になっていた!!
北林先生ってばもうッ
舞台はOSKの「新・闇の貴公子」っぽいかほりがそこはかとなく。あーダメだ大好き。
宝塚&OSKの実力派OGに加えて和太鼓集団の打打打団天鼓、ダンス集団の夢組がそろえば一大エンターテイメントな舞台が繰り広げられるだろうことは予想できたのですが、予想を上回っていたな…。
太鼓×歌劇としては、過去に一度「ブラインド」という作品がOSKで上演されたけれども、今回は舞台が戦国時代ということでものすごく相性が良かったです。

OSK在団中の桜花さんの真田幸村は何度か観たけれど、私は今回の幸村が一番かっこよく見えた。
というか、北林先生の描く哀愁を帯びたヒーローが好きなのかなあ。
最近は講談の方でも活躍の場を広げている桜花さん。早台詞でも滑舌がよくしっかり聞き取れたように感じます。

この舞台は幸村が中心の物語ではあるけど、今までにOSKで観たものとは違い、後藤又兵衛、長宗我部盛親、木村重成、塙団右衛門といった武将たちと共に大坂の陣を駆け抜けてゆくストーリーになっている。
それぞれに見せ場はあるけど、各武将のバックグラウンドをもっと見たかったと思ってしまう。

幸村の側に仕えるのは霧隠才蔵。なんと女忍である。
普段は影に徹しながらも、時折垣間見せる幸村への秘めた想い。これが素敵。
本当はもっとエピソードがあるんだろうなあ。
尺の都合とかでどれだけのものが削られてるんだろう。
そのためか若干、唐突感のある部分もあったのだけど、ダレ場はない。
それにしても幸村さま。最後の決戦の場で才蔵と両想いになれたと思った矢先「里へ帰れ!」はないと思うぞw

淀の方がもののけ憑きというのも「わぁおw」と思ったが、しっくり来るよね!
こだま愛さんの熱演がすごいのもあるけど、妖怪だの怨霊だのは北林先生お得意の世界って感じで、妖しく美しくて本当にかっこいい。
幸村=鬼の子っていう思い切った設定は、結末のわかっている史実通りの真田幸村物語を観るよりも、ここからどう展開していくのかドキドキさせられた。
幸村が妖刀村正を所持していて、あやかしの気配に反応して刀がキリキリッ!とかもう、ねw
でも村正って徳川に仇なす刀として知られているけど、幸村がこれを所持していたと書かれてるものが実際にあるんだってね。全然知らなかった。勉強になる。
「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり加護島へ」
鬼のようなる真田…。
色んな妄想ができて楽しい舞台でした←

武将たちが歌い継ぐ主題歌や、幸村と才蔵のデュエット曲もよかったな。CD化求む。
というか再演したほうがいいんじゃないでしょうか←
北林作品に松岳先生の音楽。
観終わったあと切ない気持ちが広がって、これがまたなんとも言えない。
しばらくここから抜けられそうになくて困るなあ。
[Edit]