FC2ブログ
暦を見たらもう小雪すぎてますのか。
まだまだ晩秋だと思っていたのに。


th_IMG_3981.png

コセンダングサに


th_IMG_3980.png

マルバルコウ


th_IMG_4134e.png

アワコガネギクかシマカンギクか…
とアシナガバチかしら


th_IMG_4121.png

貫禄あるアオサギさん


th_IMG_4132.png

ムクドリが集会中


th_IMG_4131.png

なにをお話してるのかな





スポンサーサイト



[Edit]
トンネルの森 1945

トンネルの森 1945

著者の実体験を元にした戦時中のお話。
最近戦争ものに触れる機会が多い気がする。
昔は「はだしのゲン」や「火垂るの墓」のトラウマが強烈過ぎて避けて通っていた道だったんだけど、児童書の子ども視点で描かれるものはやわらかく、すっと心に入ってきます。
あれ、「はだしのゲン」「火垂るの墓」も子ども視点だが…。
たとえば「木かげの家の小人たち」は小人ファンタジーということで手に取った本だけど、戦時中の厳しい環境下での小人たちとの交流を描いた印象深い作品。
また青春アドベンチャーやFMシアターのオーディオドラマでも時々取り扱われるテーマであり、戦争を体験していない世代でも、苦しい時代を人々が経験しいかにして乗り越えてきたかを知ることができる。
現在放送中のテレビドラマ「トットちゃん」も戦時下の黒柳家の生活が描かれ、小さなトットちゃんが「トンネルの森1945」のイコにちょっと重なってみえました。

「トンネルの森1945」の主人公イコは小さい頃に母を亡くし、意思の疎通もままならない継母との疎開先での生活とか、厳しい環境に置かれているのですが、あまり悲壮感はなく父親大好きなイコの一生懸命な暮らしぶりがかわいいです。
終盤あたりの東京大空襲のくだりはさすがに辛いものがありましたが…。
森で出会う兵隊さんは結局誰だったんだろうか。


ナーダという名の少女

ナーダという名の少女

朗読者の大塚さとさん、お声が個性的です。
吹き替えのお仕事を主にしている声優さんなんですね。
いや、すごくお上手で←
ナーダのキャラクターはこの方の演じ方で魅力がぐっと引き出されてます。全編にわたって聴きやすかった。
それに、あとから修正のため録り直した部分ってどうしても違和感が生じるものですが、ほとんどそういうの感じませんでした。
音量も大きくなったり小さくなったりというのがなくて、こういう聴きやすさも大事。
作品の質をさらに高めている。

舞台がブラジルのリオというあまり出会わない設定のお話で、こういう異国文化を色濃く物語に組み込んだものって好きです。
知らない土地への憧れやその土地の情景が想像で広がる感覚が。

もともと児童文学は好きなんですが、角野栄子作品はこのオーディブルを通してその魅力をさらに発見している次第です。
おばけのアッチと魔女の宅急便くらいしかこれまで読んでこなかったけど、幼児向けからYAまで幅広く多種多様で、数多くの素敵な物語を書かれてるんですね。
「ラストラン」「ナーダという名の少女」「トンネルの森1945」ですっかり好きな児童文学作家さんのひとりになりました。
[Edit]
小麦製品を食べない日に小腹がすいてすぐなにか食べたいときにつくるやつ。


th_IMG_1889.png

米粉+バナナ+牛乳

全部混ぜ合わせてフライパンにココナッツオイルひいて焼くだけ。べつにバターでもいいんだけど。
ちゃんと計ったことないけど、まあホットケーキ作る容量で。
バナナ多めにしたら砂糖入れなくてもいいくらい甘い。


th_IMG_1940.png

なんちゃってミニメロンパン。
これは普通に小麦粉。ホットケーキミックスで。
オーブンで焼くのですぐ食べたいとき向きではなくて、かんたんだったので作ってみたやつ。
[Edit]
ナルニア国物語1 魔術師のおい(上)

ナルニア国物語1 魔術師のおい(上)
ナルニア国物語1 魔術師のおい(下)

甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉より大秘事

甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉より大秘事

ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記

ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記


田中芳樹原作のゼピュロシア・サーガがおもしろかった。
80年代に書かれた中世ヨーロッパ風の王道ファンタジーもので、異世界往還ものでもあり、高校生の二人が身を置く現実世界の学校環境があまりにひどいのは今の時代からはちょっと考えられないけど(80年代ってこんな感じだよな…)まあそれより戦争シーンやアポロニアとレオンの間に流れる切ない想いが主軸で、結末を聴き終えると正直言って高校生二人はべつにいなくてもよかったんではないかとも思うんだけど、とにかく美しいアポロニアとレオンの不器用な思慕、みたいなのが聴いててキュンとくるわけですね!←
朗読者の女性のお声も美しく、アポロニアにぴったり。
ただ女性より男性の登場人物がほとんどで、演じ分けもすごいんだけど(気品あるアポロニアと下卑た男の声のギャップがすごすぎる)叫ぶシーンがすごく多いのはちょっとまいります。
めちゃ耳痛い。
もうちょっと地の文との音量のバランスを考えてほしい。
こういう編集の甘さはどうも気になってしまうなあ。

たまには古き良き異世界ファンタジーもいいものです。
[Edit]
th_IMG_4012.png

ダイソーのプチブロック。
こういう立体組み立てブロックにはさほど関心がないんだけど、このオウム…じゃないのか、インコはちょっと良さげだったので、しばらく売り切れの時期をやり過ごしてこのほどやっと購入。


th_IMG_4054.png

カラフルできれい。プチサイズでかわいい。


th_IMG_4055.png

むむ…難しそう。
こういうので遊んだことほとんどないから、勝手がつかめなくて苦戦。


th_IMG_4058.png

ぐぬ、ちっちゃくてやりずらい。説明書とにらめっこしつつ約1時間。
1時間もかかったんだよ!


th_IMG_4061.png

かんせーい。

こういうのは組み立ててるときが一番楽しいな。
100円だけど、いい出来だな!
無性にアイロンビーズがまたやりたくなってきたぞ。

これまで作ったゲームのアイロンビーズはこれだよ。


th_IMG_3115.png

th_IMG_3117.png

th_IMG_1547.png

th_IMG_1610.png

いろいろ他にも作りたいけど、かさばるんだよなあ。
最近ナノビーズに24色セットの商品が発売されてたから気になってるけど、かなり細かい作業になりそうだから躊躇する。
でもこのくらいのプチサイズのほうが飾りやすいしよりかわいらしいんだよな。
[Edit]
th_IMG_4105.png

約2年ぶりの宇治でした。


th_IMG_4077.png

河川工事も完全に終わったわけじゃなさそうだけど、だいぶ小奇麗にすっきりしました。
左のフェンスの残ってるあたり。


th_IMG_4066.png

お昼ごはんは知る人ぞ知る「とり菊」へ。


th_IMG_1931.png

最初にポット付きの温かい緑茶と、キムチときゅうりのお漬物が運ばれてきます。
お茶の葉天ぷら御膳をいただきました。
てんぷらはカラッと揚げたてで美味しいです。
昔ながらのアットホームな雰囲気がよいです。


th_IMG_4071.png

腹ごなしにぶらぶらお散歩。
まだ紅葉はちらほら。


th_IMG_4074.png

th_IMG_4076.png


th_IMG_4084.png

ウミウ、すっごい増えてる!
そういえば日本で初めて人工孵化に成功したって何年か前にいってたな。
「うみうのウッティー」なんてキャラクターもできてた。


th_IMG_4082.png

柵にピントあっちゃった…
宇治川で泳いでるのも見かけたけど、あれはカワウなんだろうね?


th_IMG_4096.png

th_IMG_4097.png


お約束のように平等院表参道を通って時々お店をのぞきつつ、宇治橋通り商店街の方へ。


th_IMG_4102.png

色んなお店があって目移りしながら歩くのを楽しみつつ、「モグモグベーカリー」へ。


th_IMG_4099.png

宇治橋通りってあんまり来ないんですよね実は。
ここのパン屋さんも有名だけどはじめて。




th_IMG_4101.png

大正時代から続く和菓子の老舗「総本家 大茶萬」
和菓子をいくつか購入。


th_IMG_4104.png

「noccas wion(ノケイズ ウィオン)」というちょっと変わったお名前の自家焙煎の珈琲屋さん。
鮮度を重視しているという、こだわりをそこはかとなく感じる。
注文してから豆を挽き丁寧に淹れてくれる。


th_IMG_1932.png

テイクアウトして宇治川まで戻っておやつの時間にします。


th_IMG_4109.png

気持ちのよい場所確保したで。


th_IMG_4112.png

抹茶の水無月はめちゃめちゃ濃いお茶の味。美味しい。
コーヒーはソイラテにしたけど、すごく深みのあるいいお味で大変気に入りました。
最後まで美味しく飲めた。値段もリーズナブル。
去年スタバができて予想通り大盛況のようだったけど、noccas wionのコーヒーをテイクアウトして景色を眺めながら飲んだほうが気持ちいいで。
ちょっと歩くから冬だったら冷めるけどw

やっぱり緑の多いところはいいですな。
道中、宇治川ラインを車で走るのも気持ちがいいしいい気分転換にもなる。
人がそこそこ多くても、自然の成分で疲れ方も違ってきます。



「とり菊」



「モグモグベーカリー」



「総本家 大茶萬」



「noccas wion(ノケイズ ウィオン)
[Edit]
平家物語~祇園精舎

平家物語~祇園精舎

平家物語を平幹二朗の朗読で聴く。
いやーぜんぜんわからなかったです←
平家物語の原文って、源氏物語とか枕草子とかの平安時代のものよりだいぶ読みやすかったんですよ。
古語をまったく理解してない私でもなんとなーく意味がわかる。
それでもやっぱり自力で読む気になれず朗読で聴こうと思ったんですが、わからんかった!
字面をみないと何のことを言ってるかさっぱり。
これ聴きながらすやすや眠りの世界へ。
こうなったら吉川英治の「新・平家物語」でも聴いてみようかな?
[Edit]
th_IMG_4037.png

いいお天気の日に


th_IMG_4053.png


th_IMG_4044.png

アヒルに餌やり


th_IMG_4041.png

こっちもちょうだい


th_IMG_4042.png


th_IMG_4020.png

鯉も一緒くたに鳥の餌を食す


th_IMG_4025.png

わざとアヒルのくちばしに手をやって噛んでもらったが、ちょっと痛かった


th_IMG_4026.png

マガモの背中


th_IMG_4040.png

ノラさん


th_IMG_4031.png

まつぼっくり


th_IMG_4052.png

「みごとなコイの鑑賞場」ってかいてある
[Edit]