FC2ブログ
オーディブルの聴き放題が終了し、コイン制がはじまりましたね。
30日間無料みたいなので、解約はせず引き続き様子を見ることにしました。
初日はいろいろごたごたがあったみたいで、わたしのところも最後に聴いた本まで全部削除されるという不具合が発生しましたけども、今は正常に表示されてます。
ただ、本をコインで購入するにもいちいちウェブサイト経由しないといけなかったり、すごく使い勝手の悪いものになっています。
まだ返品したこともないし、何回まで返品できるのかとか、全部聴いたものを返品するとどうなるのかとか全然わかりませんが、いずれ試してみようと思います。
あ〜また今月もHDDに溜まってる朗読・オーディオドラマ関係が消費できないのか……。


ダックスフントのワープ

「ダックスフントのワープ」

朗読者はふつうの男性の声だけど、少女マリの話し方がかわいい。主人公とマリの会話が楽しい。
哲学を含んだ寓話が挿まれているのが印象深い。だんだん意味わからなくなってきたけど。
でも結構重い話だったんだよなー。最後が辛かった。ちくしょう。

堀英二さんの朗読が気に入ったので、この後しばらく堀英二朗読作品が続きます。


雪が降る

「雪が降る」

会社の中で起きる仕事のトラブルからはじまり、男って大変だなあと思いつつ、最終的には対照的な二人の40男のかっこよさと友情にじんわりあたたかくなる。短編だけどドラマ性があって聞きごたえあった。


海の短篇集

「海の短篇集」 

不思議だったりゾッとするような不気味さが残る話だったり。


台風

「台風」

聴き心地はよくて引き込まれるんだけど、やっぱり結末が辛い。


デジ・ボウイ

「デジ・ボウイ」

同い年でも対照的な従兄弟。生きる目的も持たず感情のないアキフミに苛立ち、成績を追い抜くのに必死になるナオキ。どう考えてもわかり合うことのない二人。ラストはけっこう衝撃です。


緑魔の町

「緑魔の町」

子ども向けのSFホラー。朗読者の窪田涼子さんは初聴きかな。初版が1976年だからかなり古いのだが、それにしても気違いの連呼には笑った。あと擬音語が多いのでそこでもまた笑ってしまう。なので朗読向けとは言いにくいがナレーションは巧みだったと思う。あかなめってなによwと、やっぱりつい笑ってしまうのだった。全体的にシュールすぎるわ、今の時代に聴くと。
スポンサーサイト
[Edit]
2018.08.25 庭の草花
th_IMG_5189.png

台風去って散らずに残ってるサルスベリ。


th_IMG_5170.png

ノゲシの綿毛


th_IMG_5172.png

夏の間よく見かけるこの蔓性の花。
いろんな木に絡みついてきます。
名前はヘクソカズラ。ひっどい名前。
くさいらしいですよ。屁糞ですからね。
葉っぱ揉んでみたけど、ふつうに青臭いだけだったけどなあ。
茎の汁も同様。
ドクダミのほうがよっぽどにおうよね。そこに存在してるだけでにおうもん。


th_IMG_5194.png

別名ヤイトバナ。
真ん中の赤い部分がヤイト(お灸)の痕に似てることから。
痕ってなに、やけどってこと?お灸のもぐさの燃える様子ではなく?
私もお灸の痕はけっこうたくさんあるけど、こんな赤紫にはならんかったぞw
ほかに、子どもたちが手に乗せてお灸遊びをしたところからの由来、という説明をしているものもあったけど。
どっちにしても、ヘクソカズラよりは受け入れやすい名前だ。
万葉集にも出てくるくらいだから昔から広く認識されていた花なんですね。
[Edit]
新装版 ロードス島戦記 5: 王たちの聖戦

「ロードス島戦記2〜5」

面白くて一気に5巻まで聴いてしまった。集中すると案外聴けるものだねえ。
パーンはだいぶ落ち着いて、大人になってましたね。
魅力的なキャラも次々に現れ、そして容赦なく死んでいく…。
中学生の頃に読んだときはちょっと難しい話に感じていたけど、今聴くと質の高さを感じる文章でストーリーにぐいぐい引き込まれていく。
ロードス島戦記ってけっこうシリーズたくさん出てるんですね。「ロードス島伝説」なんかもちょっと気になってきたよ。
図書館にあるから借りてみたいな。


パーク・ライフ

「パーク・ライフ」

特にドラマチックなことが起こるでもなく、その辺にいそうな20代サラリーマンの視点で日常的風景が描かれていく。起伏に乏しいのですごくおもしろいというものではないけど文体が心地よく、曖昧な感覚を言葉におこす感じが所々にあって、あ、それなんかわかる。と思う箇所がいくつかあった。
ナレーションも声も眠りに誘われるような心地よさだった。
もう一編の「flowers」は、うって変わっての卑猥な描写やら胸の悪くなるような内容が受け付けなかったので流し聞き。


ペンギン・ハイウェイ

「ペンギン・ハイウェイ」

森見登美彦作品は、「宵山万華鏡」を読んでちょっと自分には合わないと感じ、オーディブルで「夜は短し歩けよ乙女」を5分ほど聴いて挫折。
もうこの作者の作品に触れることはあるまいと思っていたものですが、このペンギンハイウェイの主人公が小学生ということで聴いてみる気に。
おもしろかった。最初は「なんだこのクソ生意気な小学生は」と、その口調にも違和感を覚えたけれども、どんどんアオヤマ少年がかわいくて仕方なくなってくる。
町の描写や少年の過ごす生活の様子に耳を傾けるのが楽しい。
日常世界に突如割り込んでくる不可思議な出来事はなかなか想像しにくい部分もあったけど、キャラクターの魅力や会話のテンポの良さもあって、最後まで聴けた。
ナレーションの方のアオヤマ少年の喋り方がとにかくかわいい。


初恋

「初恋」

19世紀のロシア文学のオーディオドラマ化。
登場人物はそこそこ多いがキャストは2人。でも誰が誰かわからなくなることもなく、朗読形式とはまた違ったおもしろさがある。
内容は、美貌の公爵令嬢に恋してしまった少年の、甘く苦く、切ない初恋の行方、みたいな感じでしょうか←
この令嬢がまー小悪魔というか、自分の崇拝者をはべらせて好き勝手もてあそぶ、そこに群がるバカな男どもという図で、滑稽で笑えてきます。
原作は現代人が読んでも共感を呼ぶという評価なので、文字で読むとまた違う感想をいだくのかもしれない。
原作をどこまで再現しているかわかりませんが、古式ゆかしい言葉遣いは聴いていても心地よいものですね。


ちょっと徳右衛門 第一章 初鰹: 幕府役人事情

「ちょっと徳右衛門 幕府役人事情 : 第一章 初鰹」

録音環境に難あり。であるのですが、ナレーションは聴きやすく、なかなか胸に染み入るいいお話でした。
今も昔も変わらない、家族のために働く中年男の哀愁。結末の暖かさに救われる。
続きが出るような説明書きなのに出てませんね。続き、本で読もうかな。

というわけで、オーディブルもりもり聴いてますよ。ちゃんと計算はしていないけど、40時間くらいはいったのかな?
あとのこり1週間!
[Edit]
セリアだかダイソーだか忘れたけど、数年前に100円ショップで買ったゲーム。


th_IMG_5146.png

昭和の時代にヒットしたゲームらしい。昭和生まれの私でも知らんかったのだが。
遊び方の意味がよくわからんくて放置してたのだが、一度ちゃんと遊んでみた。


th_IMG_5145.png

最大4人まで遊べるのかな。4色あるから。
今回は2人で遊んだので、ひとりが2色担当することに。
まず適当にボールを穴に入れる。
で、四方についているバー、自分の色の付いてるやつを順番に操作して、相手のボールを穴に落としていく。
最後にボールが盤に残っていた人の勝ち。
本家のゲームは「生き残り頭脳ゲーム」っていうんだな。


th_IMG_5147.png

作りがちゃちいので、よく引っかかったりボールが弾け飛んでしまったりもする…。
スライドする板が上下に二枚重なっていて、それをいかに上手に操作して計算して、穴に落とし込むか。
最初全然意味がわからなくて、こんなの運任せじゃないの、と思っていたんだけど(頭悪いのでね…)最後の方になってやっと仕組みを理解しましたよ。
ある程度考えてわかるし、見えてなかったり記憶してないところは運任せにもなる。
なかなかバランスも良くておもしろいかも。


th_IMG_5148.png

この角にだけ、穴から落ちたボールが出てくる。

サイズが小さいから、これがもうちょっと大きいサイズだったらやりごたえあるんだろうと思うよ。
[Edit]
セリアで「キッズクラフト ペットコレクション」というのを買った。


th_IMG_5133.png

これと猫のがあったんだけど、こっちのデザインに惹かれたので今回はこちらを。
ペーパークラフトの組み立てハウスはセリアにもダイソーにも色んな種類でありますが、どれも子供向けなかんじなのに対してこれはどちらかというと大人向けな印象。(「キッズクラフト」だけど)
全部切り離して組み立てていきます。


th_IMG_5132.png

ちょっときみ邪魔。


th_IMG_5134.png

素材は背景を抜いた鳥写真。


th_IMG_5136.png

キチッと組むの、そこそこ大変ね。


th_IMG_5137.png

横から覗ける


th_IMG_5143.png

完成。前面を閉めた状態。小窓から小鳥が覗くはずなんだけど…遠くてよく見えん。


th_IMG_5140.png

前面を裏返して組んだ場合。
飾っておくのにいい感じ。
デザイン素敵だなあ。
鳥が写真じゃなくてイラストだったらなお良かったけれども。


th_IMG_5144.png

あまった鳥を入れておく小袋付き。優しすぎる。

そういえば今日、いつもの散歩道の川にカルガモ親子を見かけたよ。
今年はもう遭遇できないのかな…と諦めていただけに、うれしかった。
薄暗い時間帯でカメラも持ってなかったんで今年は写真撮れなかったけどいいんだ。
かわいかったな。
[Edit]
th_IMG_2594.png

夏バテ気味なにゃんこに。
ねこちゃんの国産牛乳。
そっか、ねこ用の牛乳って今まで与えたことなかったけど、ねこって牛乳好きやんな!
と思って買ってきたんだけど、のまねーーー。
おまえらはほんとにねこか。


th_IMG_5114_2018080821193893e.png

ニャンコ学園。
かわいいハート型のおやつだった。
スモーキーなフレーバーが食欲そそる感じ。
ソフトタイプなので胃にも優しそう。
これは二匹ともまあまあ美味しそうに食べた。
ナッツは上品な口をしてやがるので、細かくしてやらないと食べないが。


th_IMG_2595.png

カシャカシャぶんぶんとかいう名前のついたおもちゃ。
評判良さげで、これでうちの子らも運動不足解消させるぞ!と意気込んでみたものの、
あそばねーーーー。
あんずは迷惑そうによけていきました。
ナッツがまだちょっと食いついてくれたんだけど、1分もしないうちに飽きられました。

おまえらにはやはり、野生の鳥の羽が必要なのかもな…。
去年カラスの羽を拾ってコレクションにしようと思ったら、あんずがおそろしい勢いで向かってきたので隠したんですけど、あの封印を解くときがきたか。


th_IMG_5109.png

羽の先に紐をくくりつけて。


th_IMG_5104.png

反応薄いー。匂いが薄れてるからかな?


th_IMG_5074.png

もーおまえらむずかしいわ。


th_IMG_5079.png

食っちゃ寝、食っちゃ寝の猫になんでこんなに機嫌とらんなんあかんねん。


th_IMG_5070.png

暑くてまいってるだろうと思って気分を紛らわせてやろうとしてるのにさ。
まあ食欲は落ちてるけど、今日も元気に生きてるナッツとあんずです。


[Edit]
2018.08.04 きれいなお空
th_IMG_5122.png

夕暮れの空。
コウモリが飛び交い、宵の明星が輝く。

今話題の火星の大接近で赤く輝く火星もきれいなんですけど、金星もきれい。
今は半月くらいに欠けた状態。最大光度のときは、三日月くらいに欠けてる状態なんだって。
あと、夜8時くらいに散歩に出かけると、ちょっと南寄りに木星の大きな輝きもあり、火星・土星・木星・金星が等間隔に並んで輝く姿が見えておもしろかった。

その他最近の空


th_IMG_5099.png

夕焼け空に虹


th_IMG_2554.png

いつもの散歩道
ここ最近ずっと、とりわけ夕暮れの空がきれいで感動してます。
[Edit]
クレーンゲームなどのアミューズメント景品、ソフトゴム弾 ハンドガンがかわいかっこいい。


th_IMG_5086.png

ぱかっと開けると


th_IMG_5093.png

黄色いのはゴム弾です。


th_IMG_5087.png

th_IMG_5088.png

刻印とかなんも入ってませんけど、グロックを模したようなデザインでかっこいい。


th_IMG_5089.png

こんなにちっちゃいんです。


th_IMG_5096.png

素材は合金ABSとなってました。
質感がいい。いかにもなプラスチッキーな感じじゃないのがよい。


th_IMG_5094.png

マガジンは残念ながらダミー。
じゃあどう弾をこめるのかというと


th_IMG_5091.png

直接銃口に詰めちゃいます。
ゴム弾はじめてなので不思議な感じ。
んで


th_IMG_2597.png

スライドをぐっと後ろに引いて、トリガーを引いて発射。
ちゃんとコッキングできるんですよねこれ。
スライドもトリガーも意外と重いんですが、小さいのでやりやすい。
発射音も意外と大きい。
何メートル飛ぶのかとか命中精度なんかはぜんぜん試してないんですけど、眺めてるだけでにやけちゃいます←
うち、音に敏感な猫もいるのでめったに弾こめての遊びはしないんですよね。
自作のターゲットなんかも物入れの奥にしまい込まれている。
音の静かなエアコッキングガンってないのかな〜。
[Edit]