FC2ブログ
桜花さんの最後の春のおどり(´;ω;`)ブワッ


第一部 桜花抄

日本物ショー。全体を通してテンポが良くとても見やすいショーだった。
主題歌は明るくで現代タッチな曲調。
お気に入りは2景の源氏物語。松竹座で平安ものっていうのが意外に感じた。
(「平安☆レジェンド」を忘れたわけじゃないですよw)
光源氏と5人の姫の並びは、ため息が出るほどひたすら美しい!
音楽もドラマチックで、浮世の儚さみたいなのが現れていて素敵。大好き。

そしてハイライトの浪速の捕物帖(笑)
ねずみ小僧を追いかける岡っ引き(とは大阪では言わないのか)、それを中心として、丁稚とかお坊さんとか役者とか町娘とか、盆の上で町のセットが回りながら繰り広げられる浪速の町模様。
あっかるいノリでめちゃ楽しい!なにも考えずにただ一緒に楽しめばいいシーン。

次の、桜花さんと男役4人が扇を持って舞うシーンは真田幸村の曲のアレンジが使われてたりもしてうれしい。
ラストも良かった。桜ボレロが入ったり、娘役が可愛い桜傘をくるくるしてるのとか。
冒頭のテーマ曲を最後にも歌うんだけど、最初に聞いた時は感じなかった感動がグッとこみ上げてきて、なんか涙出そうになった…。桜花さん…。


第二部 Au Soleil~太陽に向かって

オープニング、今回のも好きやわあ。
全員、真っ赤なお衣装で。
なんか私、ずーっと真麻くんを目で追いかけてたんよね。
なんでこんなにこの人の動きを追ってしまうんやろ。
ただダンスがうまくてキレがあって、ていうだけじゃなく、手の振りひとつがもう芸術的に美しくて。
一人に集中してないで全体を見たいと思うのに…。

タンゴの場面。
高世さんの女装…!
肩も背中も出してのドレス姿の高世さん…!
最後、桜花さんと組んで踊るんだけどすごい激しかったですね。キャー。
で、なんで桜花さんは去年に引き続いてアッー! な設定なんですか!?続いてるんですか!?←
高世さんの姿を追いかけてたら、隣で桜花・桐生がイチャラブしてて、えっ!?と二度見してしまったでしょうが。
最後に高世さんが、本当は男でした〜つって出てきたらさらに面白かったのに。(べつにガチホ○な展開を期待してるわけではない

カジノの場面。
ウェイター青年の桜花さんが爽やかでかわいかった。

ブラック&ホワイトはびっくりした。
伝説の!あの!初演の!
振付も一緒です。
タイトルにはブラック&ホワイトとはどこにも書いてないけど。
初演の麻咲梨乃版、あれがすっごい好きで音楽も大好きでDVDで何回繰り返し見たことか。
今でも劇場内で感じた衝撃波みたいな光の波を思い出せる。
どうしても初演の思い入れと記憶が強すぎて思い出補正も加わり、ぞわーっと鳥肌。
Take fiveのアレンジかっこよすぎィ!!曲に圧倒されるわ!
振付も構成も音楽も神がかりすぎて。これはもう反則としか。
次の景に入ったらしばらく放心してしまったわ。

その後オーソドックスなスパニッシュとラテン。
ラテンは桜花さんのクンバンチェロがすばらしい。
衣装も白とオレンジでシンプル。舞台セットもシンプル。
今回は結構セットがシンプルであっさりしてると思いました。

桜花さんの退団に合わせた仕様なので、ラストはちょっとしんみりと「別れの曲」アレンジのダンスだったり、(あまり湿っぽさは感じない)やはり桜花さんがいつも以上に出ずっぱりで、高世さん、桐生さん以下の際立った見せ場が少なかったりはしたけれど、これでいいんだと思った。
近鉄時代、入団時からトップ候補として期待されていた桜花さん。
OSKが新たに再出発した立ち上げ公演から約11年。
これまでを思い返してみると、その存在の大きさを今になって改めて知る。
スポンサーサイト



[Edit]