FC2ブログ
シャット・ザ・ボックス」というダイスを使った伝統ゲームを発見。

一時期さいころで遊べるゲームを調べまくってたので、これもちらりと見た記憶はあったが、今回実際に遊んでみると簡単でそれでいておもしろい。
とは言っても、実物を買ったわけではなく、家にあるもので代用した。


写真 2014-06-17 15 26 15th_

どうせ使わないだろ−ナ−と思って取っておいたチョコレートの箱。
トランプでも遊べるけど、手で触る感覚とかも私にとっては大事なので、上記のサイトにも書いてあった麻雀牌でやってみた。
ダイソーの麻雀牌。ちっちゃくて若干やりづらいが。
緑のフェルトを買ってきて箱に敷けば、さらに雰囲気は出ると思うのだが…。
とりあえず押入れを漁ってたら出てきたウレタンスポンジを四角くカットし、お菓子やらの下に敷くナプキンらしきものを貼り付けてみた。


写真 2014-06-17 15 24 42th_

高さが出て、牌を裏返しやすくなり、転がる音も静かになった。

「シャット・ザ・ボックス」の遊び方。
二つのダイスを振り、出た目の合計になるように牌を裏返す。
例えば4と6が出たなら、合計10になるように。
そのまま4と6でもいいし、3と7でもいいし、9と1でもいいし。そんなかんじ。
ダイスを振り続け、めくれなくなったら終了。
めくることの出来なかった牌の数を合計して、一番少なかった人の勝ち。


大人ふたりで遊ぶのも普通に楽しかったし、ひとりでやってもちょっと楽しい←
算数苦手だけど、これくらいなら楽しいと思えるレベル。
これ、全部裏返すことなんて奇跡やろ?なんて思ってたけども、母親に教えてあげて一緒にやったら、3回目にしてまさかのシャット・ザ・ボックス!
しかも、最後の一つは「2」だったので、出目はピンゾロ!


写真 2014-06-17 15 28 14th_

その後なんとなくひとりでコロコロやってたら、何度目かに私もシャット・ザ・ボックス達成!
あら、意外と出来るものなのか!?

算数の勉強にもなるし甥っ子にもやらせてあげようと思ったけど、まだちょっと早いかなあ。
おばちゃんでさえ計算がおぼつかないしな←

日本でさいころを使った伝統ゲームといえばチンチロリン。
うーむ、やはり賭博遊戯になってしまうわけだが。
私は幻想水滸伝のミニゲームで知り、太閤立志伝にもあったからテレビゲームで遊んだのがはじまりなのであるが、実際に道具を用意して遊んでみたら断然面白かった。
でももっと簡単シンプルな遊び方がある。ピンコロ(ピンころがし)だ。
それぞれ出た目の数だけ持ち金を出していき、ピン(1の目)を出した人が場に貯まったものを全部もらえるというやつ。
4、5歳からでも、大人と遊んでもなかなか盛り上がるよ。
もちろんお金は使わない。おまわりさんに捕まっちゃうw
うちはおはじきを使ってる。
おはじきはなかなか万能でよい。

花札にしろピンコロにしろ、こんなちっちゃい子供に教えるなんてガラの悪いおばちゃんやなー。はっはっは。
立派な知育やでこれ。うん。
スポンサーサイト



[Edit]