FC2ブログ
この月曜日からはじまった青春アドベンチャーの新作。
今3話まで聴いたところだけど、なかなか良い。
ナレーションが小山茉美さんということで、そこも期待していたんだけど、新作としては久しぶりの冒険ファンタジーもの。
でももっと明るいストーリーを想像していたな。内容は結構ダークで残酷。
原作本を検索してみると、妖怪人間ベムなどの原作、脚本を手がけた方の遺作だそう。


砂漠の王子とタンムズの樹砂漠の王子とタンムズの樹
(2013/05/25)
足立 明

商品詳細を見る

ラノベ風なカバー絵からはちょっと想像できない内容かと…。
今年の読書感想画中学部門の指定図書にもなっていたらしい。


ところで、最近までラジオドラマを録るのにMDコンポを使っていたという旧式の私なのですが、やっとUSBメモリなどに録音できるタイプのものを買ったのです。今年の頭に。
(PCで録るというのは選択肢からはずしていますゆえ)


東芝 Bluetooth対応 SD/USB/CDラジオTOSHIBA CUTEBEAT TY-CR100-K東芝 Bluetooth対応 SD/USB/CDラジオTOSHIBA CUTEBEAT TY-CR100-K
()
東芝(TOSHIBA)

商品詳細を見る


MDプレイヤーというのはもうどこも生産終了しているので、これが壊れたらどうなるんや、という不安からなのですが。
その上MDメディアはかさばるしお金もかかる、フラッシュメモリだと1枚で大容量保存できるうえにコストも安くすむ。
今更すぎながらやっと気づいたんですな。
がしかし、この東芝のCDラジオ購入失敗の原因は、音質の悪さ。
とくにNHK-FMのノイズは聴いていてイライラする。
インターネットラジオの音質よりマシという程度だ。
アンテナの形状の問題かと思って、MDコンポについていたアンテナをつけてみたが変わらず。
機器自体の問題なのか…。
そして、タイマーのセットやオンオフの操作がいまだにわかりづらく、取説を見ながらセットする始末。
そしてそして、メモリ内の録音物は、一つひとつフォルダが作成される。
驚くほどの使いづらさだ。
こんなことなら、ソニーのラジオレコーダーを買えばよかった。


SONY ポータブルラジオレコーダー R51 ICZ-R51SONY ポータブルラジオレコーダー R51 ICZ-R51
(2012/02/14)
ソニー

商品詳細を見る


なぜ東芝のにしたのか。
CDがついていたから。
Bluetooth対応だったから。
値段がちょっとだけ安かったから。
二兎(三兎?)を追うものは一兎も得ずです。
しかもCDもBluetoothも購入以来一回も使ってないぞ…。
おまけに、東芝のはmp3の音質が128kbpsまでしか対応していない。(ソニーは192kbps)
もう自分のあほさ加減に呆れるしかありません。

このままでは私個人の用途としてはいらない子、ただのゴミになってしまうのでよく考えてみた。
そうだ、外部入力でのタイマー録音だ!
元使っていた未だに生きているのが奇跡のソニー製MDコンポ。
これをラジオにしておき目覚ましタイマーを設定しておく。
東芝のCDラジオ側は、録音タイマー設定してLINEにしておく。
ふたつをLINEケーブルでつないで準備完了。
両方の時間設定とかめんどいけどうまくいった。
無駄なことしてるなとは思うが、今までどおりの良音質できけるのだからよしとする。
128kbpsなので劣化はしてますがね。
ていうかこれに気づいたの結構最近で…バカなのか私は…。
スポンサーサイト



[Edit]