FC2ブログ
大丸心斎橋劇場にて観劇。
京都、東京と来て最後に大阪公演。

第1部 炎舞(カルメンより)

和物…ショー?のようなミュージカルのような。

なにがやりたかったのかよくわからない、理解不能な演目でした。
これが東京へ行っただとぅおー!?
私がカルメンのストーリーをちゃんと知らないからなのか、阿国と名古屋山三のストーリーを知らないからなのか。
理解力が足りないというのや日舞にあまり関心がないのもあるとは思うけども。けども…
内容の薄さ、幼稚さがひどい…。
なんでそうなってこうなったのか、というのがさっぱり。
カルメンの曲にのせての歌も取ってつけたようで違和感。
久しぶりに変な汗をかきながら観ることになってしまった。


第2部 SHOW×SHOW「CONNECTION」

1部を観たあと気分がどよ〜んとしてたのが嘘のように吹っ飛んだ第2部。
麻咲梨乃先生の作・演出というのは初めて。
振付師の先生なので、名倉先生や大谷先生の過去作品を思い浮かべていた。
ところが、予想外にストーリー仕立ての笑いあり、ぷち感動ありな洋舞ショーだった。

オープニング、黒スーツにピンクのシャツが印象的なスタイリッシュでかっこいいダンス。
そのあとはじまるお芝居。昭和のネタを色々取り入れつつもそれがダサくかっこ悪い、中途半端になってないのがすごい。
(いつもならなってそうなのに…←)
数式をえんえんと読み上げる学ランガリ勉くん、長ランリーゼントの不良。
単なるネタにおさまらずドライでシュール、芸術性すら感じる←言い過ぎ
照明とか音楽とか、使い方がセンスいいというか…。
幼少時の「むすんでひらいて」の歌が、あとに来るトラウマのシーンでホラーっぽくなってるのが効果的。

主人公たちがショービジネスの世界で生きている舞台設定というのはよくあるけど、夢と現実の交差、場面転換がスムーズなのでだらだらしたストーリーでないのがいい。

高世さんの演技では、島倉千代子に対する「お千代さんか〜」とか、人生いろいろに「いろいろ♪」と合いの手を入れてるのとか、すごくかわいくてツボってしまった。
新しいラジオになってからは音質もきれいになってるのが細かい。
そこから聞こえてくる竹内まりやの歌から高世さんの歌唱へのつなぎもうまい(笑)
当たり前なのかもしれないけど、それが大豆。あっちがう。大事。
テンポよく、気持ちが途切れずに最後まで楽しめた作品。




OSK観に来たおかげで、綾瀬はるかの期間限定グリコ看板見れたった。

2_20140927122504dc9.png

1_201409271225014c8.png

道頓堀橋から
スポンサーサイト



[Edit]