FC2ブログ
サンケイホールブリーゼにて観劇。
幕開けでいきなり鬼の子がどうとか…真田幸村がなんと、人間と鬼の間に生まれた子とかいう厨二ファンタジーな設定になっていた!!
北林先生ってばもうッ
舞台はOSKの「新・闇の貴公子」っぽいかほりがそこはかとなく。あーダメだ大好き。
宝塚&OSKの実力派OGに加えて和太鼓集団の打打打団天鼓、ダンス集団の夢組がそろえば一大エンターテイメントな舞台が繰り広げられるだろうことは予想できたのですが、予想を上回っていたな…。
太鼓×歌劇としては、過去に一度「ブラインド」という作品がOSKで上演されたけれども、今回は舞台が戦国時代ということでものすごく相性が良かったです。

OSK在団中の桜花さんの真田幸村は何度か観たけれど、私は今回の幸村が一番かっこよく見えた。
というか、北林先生の描く哀愁を帯びたヒーローが好きなのかなあ。
最近は講談の方でも活躍の場を広げている桜花さん。早台詞でも滑舌がよくしっかり聞き取れたように感じます。

この舞台は幸村が中心の物語ではあるけど、今までにOSKで観たものとは違い、後藤又兵衛、長宗我部盛親、木村重成、塙団右衛門といった武将たちと共に大坂の陣を駆け抜けてゆくストーリーになっている。
それぞれに見せ場はあるけど、各武将のバックグラウンドをもっと見たかったと思ってしまう。

幸村の側に仕えるのは霧隠才蔵。なんと女忍である。
普段は影に徹しながらも、時折垣間見せる幸村への秘めた想い。これが素敵。
本当はもっとエピソードがあるんだろうなあ。
尺の都合とかでどれだけのものが削られてるんだろう。
そのためか若干、唐突感のある部分もあったのだけど、ダレ場はない。
それにしても幸村さま。最後の決戦の場で才蔵と両想いになれたと思った矢先「里へ帰れ!」はないと思うぞw

淀の方がもののけ憑きというのも「わぁおw」と思ったが、しっくり来るよね!
こだま愛さんの熱演がすごいのもあるけど、妖怪だの怨霊だのは北林先生お得意の世界って感じで、妖しく美しくて本当にかっこいい。
幸村=鬼の子っていう思い切った設定は、結末のわかっている史実通りの真田幸村物語を観るよりも、ここからどう展開していくのかドキドキさせられた。
幸村が妖刀村正を所持していて、あやかしの気配に反応して刀がキリキリッ!とかもう、ねw
でも村正って徳川に仇なす刀として知られているけど、幸村がこれを所持していたと書かれてるものが実際にあるんだってね。全然知らなかった。勉強になる。
「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり加護島へ」
鬼のようなる真田…。
色んな妄想ができて楽しい舞台でした←

武将たちが歌い継ぐ主題歌や、幸村と才蔵のデュエット曲もよかったな。CD化求む。
というか再演したほうがいいんじゃないでしょうか←
北林作品に松岳先生の音楽。
観終わったあと切ない気持ちが広がって、これがまたなんとも言えない。
しばらくここから抜けられそうになくて困るなあ。
スポンサーサイト



[Edit]