FC2ブログ
新美南吉の詩集より。
動物の名前のついた詩がいくつかあってその中から3編。


「鮒」

僕は先刻から
菱の花の開く音だとばかり
思つてゐた
あにはからんや
君が空気を食べる
音とは

「蛇」

君は草の径に
ながながとねそべつてゐる
通せんぼといふわけか
よして貰ひたいよ
そんな愛嬌は

「鼠」

君は熟達した
泥棒だ
電燈が消えて
どのくらゐすぎると
人間は寝入るか知つてゐる
すると君は戸をつたつて下りて来て
卵の殻をかじりだす
だが永年の経験による
君のこのかんもここでは
失敗だった
この家の主は
電燈は消しても眠れないのさ
朝が白むころまで
眠れないのさ


それぞれに「君」と呼びかけているところがいいですよね。
この3編を朗読。「鮒・蛇・鼠

「永年」はえいねんって読むのが正しいのかな?
ここではながねんと読みました。

スポンサーサイト



[Edit]