FC2ブログ
ダイソーで新しいおもちゃゲット。


IMG_1885th_.png

「財テクゲーム」と「不動産王」

「財テク」ってなんかバブリーな響き…。今でも使うんでしょうか。
その財テクゲームから開封して、さっそく遊んでみました。
一見すると人生ゲームとかモノポリーとかの類だと思うのですけど。
私、モノポリーは遊んだことがないし人生ゲームも小学生の頃友達のところで2回くらいしか遊んだことなくて、内容も全然おぼえてないんですね。
だからどのゲームに似ているのかはよくわかりません。
子供の頃に遊んだ「バンカース」という国産ボードゲームがあって(たぶん日本版モノポリーのような)それは「不動産王」の方がそれっぽい感じがします。
とりあえず開封して。


IMG_1886th_.png

まず、カード類を大量に切り離す作業が待っていることに気づきます。
そしてボードは小ぶりですべてにおいて字が小さめ。
老眼の人にはおすすめできません←
取説は日本語に書かれたもののほかに英語バージョンも用意されています。
コンポーネントはすべて日本語なんだけどねw
ひとりで準備し始めたので、カードを切り離すのに時間がかかりました。
カードの種類が多いですね。
財テクカード、ポストカード、ニュースカード、保険証書、借用書、紙幣です。
財テクカードは「不動産」「起業」「投資」に分類され、これを購入するとボードを1周するごとに月収入が得られます。
「ニュースガード」は財テクカードを保有している場合だけ引くカードで、たとえば投資カードを保有しているときに「株価上昇」でを引くと銀行からお金がもらえたり、肉系の店を起業しているときに「狂牛病・鳥インフルエンザ発生」を引くと売上が落ち込み他プレイヤーにお金を支払う羽目になったり。
「ポストカード」は全プレイヤーが引けるカードで「宝くじ当選」とか「スピード違反」とか、お金がもらえたり逆に失ったりということがおこるものですね。


IMG_1889th_.png

取説には、最終的に10億円を集めたプレイヤーが勝者、となっています。
最初に配られる資金は7000万円。
不動産や起業に着手するととりあえず億単位なので、月収入があるとはいえ10億円まで貯めるのはけっこう時間かかると思います。
早くに終わらせたければ、きりのいい時間を決めて、その時点で保有している紙幣の合計金額で勝負を決めるっていうのもありですね。


IMG_1887th_.png


とりあえず1時間ほど遊んでみましたが、すっごい面白いですこれw
お金が足りないけど起業したくて銀行から融資を受けて、毎月の利子とか破産しないように気をつけたりとかいう駆け引きみたいなの、スリリングで楽しい。
こんな細かいやりとりのあるゲームだとは思いませんでした。
対象年齢は7歳以上ってなってるけど、いやいや、無理だろ(やってやれんことはないかもしれんが…)
大人がやって盛り上がれるボードゲームですね。
ただ最初も言ったように、字が小さくコンポーネントもちまちまとしてて、紙幣は鼻息で飛んでしまうほどです。
それと、遊んだ後にコンポーネントをどうしまうか…。
箱に全部一緒くたに入れてしまうのはさすがに抵抗が。
カードや紙幣をきちんとわけて収納したいので、100均のアクセサリーケースでも買ってみるかとも思ったけれど、いいサイズが見つかるようにも思えないし100円もったいないし←
で、家にあるものでこんなふうにしまうことにしました。


IMG_1888th_.png

カードの仕切りは厚紙で。大きさに合わせて山折り谷折りして裏をテープで貼り付けて。
ごく簡単につくっただけなので紙幣の収まりもいいとはいえないけど、全部が混ざり合ってぐちゃぐちゃにならないだけましかな。
これをそのまま元の箱に入れて収納。
このジップつきの小袋は便利ですよね。自作したカードゲームとか、こまごまとしたしたものをまとめておけるのでけっこう使ってます。

で、「財テクゲーム」。ゲーム自体はとても面白いのでおすすめ。
100均でここまで凝ってるのははじめて見たし、こんなに楽しめると思ってなかったので驚きです。
「不動産王」もちょっと遊んでみたんだけど、やっぱりモノポリー系。
自分的にはバンカース。
こちらは「財テクゲーム」に比べるとずっとシンプルでした。
そちらの感想は気が向いたらまた。
スポンサーサイト



[Edit]