ここからは萬葉植物園です。
東門から入ると、藤の園はすぐそこです。


th_IMG_3434.png

もう、いろんな種類の藤がそこここで咲き乱れ、辺り一帯あまいにおいに包まれています。


th_IMG_3439.png

八重の藤も見ごたえありますね。


th_IMG_3443.png

th_IMG_3442.png

藤、といえばやはり紫のものをイメージしますが


th_IMG_3438.png

th_IMG_3437.png

白い藤というのも気品と繊細さがあって素敵。


th_IMG_3448_Fotor.png

また、ピンクの藤はとりわけかわいいですねえ。
とくにたくさん写真を撮ってしまいました。


th_IMG_3455.png

th_IMG_3451.png

th_IMG_3458_Fotor.png

th_IMG_3457.png

th_IMG_3461.png

th_IMG_3462.png

ほんとに壮麗なながめです。
昔来たときはちょっと早かったか遅かったかで、これの半分くらいも咲いてなかったです。
だからこの光景は驚きでした。


th_IMG_3467.png

th_IMG_3466.png

鯉の泳いでいる池のある場所。
すごく美しいながめ。
近くにベンチがあり、いつまでも見ていたい気にかられましたが満席でした。
藤園をあとにして園内を歩きます。


th_IMG_3469.png

th_IMG_3452.png

th_IMG_3470.png

アヤメやツツジがきれいです。


th_IMG_3472.png

ダイコン…?こんな白い花がたくさん咲くのか。
根元を見ると、ほんとに大根が埋まってますw


th_IMG_3473.png

th_IMG_3474.png

正門を入ってすぐのところにある藤。
これで見納め。


th_IMG_3475.png

名残惜しさもありつつ、暑さで結構まいったので正門から帰ります。


th_IMG_3477.png

そして入り口のすぐそばには


th_IMG_3479.png

万葉粥で知られる春日荷茶屋。
まず注文を告げて精算し、注文したものを受け取ってお庭のほうへ。
(店内・お庭どちらでも食べれる)


th_IMG_3481_Fotor.png

th_IMG_3480_Fotor.jpg

アイスコーヒー。
かき氷があったらそっちにしたんだけどな。
とにかく暑い。
しかしここは風が涼しくてきもちいい。
しばらくここで一服して帰途につきます。


th_IMG_3484.png

帰りは「ささやきの小径」(下の禰宜道)から。
途中「鹿苑」があって、子鹿の公開は6月からで、にゃらまちも始まるしで、どうしようかな〜と考えてました。

車に乗って帰り道、転害門前にある「いとくゐ餅」さんに寄る。
google mapには「いとくいや」って書いてあるんだけど、どっちなんだろ。
ちゃんと店の看板見なかった。
通りからちょっと奥まったところにあるので、目立たず、こじんまりとしたちいさなお店。
和菓子というよりお餅屋さんで、赤飯やお餅、三色団子が置いてあった。
みたらし団子を注文すると、その場で焼いてくれる。


th_IMG_3485.png

醤油ダレは甘くはなく、ご飯の代わりにもなりそうな味わいです。
1本70円。焼きたては香ばしくて美味しいよ。

初夏の清々しい晴天の下、いい一日が過ごせました。




ちょっと急ぎ足で撮った動画ですが。


スポンサーサイト
[Edit]