怪盗ジョーカー リアル予告状ゲーム ~大富豪の真実の宝篇~
怪盗ジョーカー リアル予告状ゲーム ~大富豪の真実の宝篇~

またずいぶん長らく放置していたものです。
やっぱり夏が近づくとアナログゲームがやりたくなるんですよねなぜか。
以前、「豪華特急の秘密篇」「ギリシャ遺跡の謎篇」を遊びましたが、この「大富豪の真実の宝篇」をプレイすると3つすべて遊んだことになります。


th_IMG_3567.png

開封します。


th_IMG_3568.png

まあほかの2つと似た感じです。


th_IMG_3569.png

まず最初の予告状の封筒を開けると、こんなチップが入っていました。
これはボードの上に配置するもののようです。


th_IMG_3571.png

こんなふうに、館内を移動していくんですね。
こういうボードゲーム要素好きだな〜と思ってたんですが、そこまで大きな役割はないというか、おまけ的な要素に感じて物足りなかったな。


th_IMG_3572.png

「穴あきトランプ」というキーアイテムを使って謎を解きます。これをシートの裏のヒントで使えば難易度がさがります。
もちろんこれを多用しました←
いや〜そこそこ頭使いましたよ。1時間ほどかかって解いて、ぐったり。
すみませんね、年寄りな感想しかなくて。
正直言うと、他の2作品のほうがおもしろかったんですよね〜。
でもいい頭の体操になりました。
こういうゲーム他にもないのかなあ。もうすこし対象年齢高めだとなおうれしい。
コンポーネントの作りもよくて、ボードゲームのソロプレイ感があって楽しいです。
スポンサーサイト
[Edit]