th_IMG_1737.png

今年ももうそんな時期なんですね。早い。
3冊もらってきました。
ナツイチの表紙があざやかなブルーにシンプルな猫の絵で、かわいいっすね。


th_IMG_1738_Fotor.png

上からカドフェス、新潮文庫の100冊、ナツイチ。


th_IMG_1740_Fotor.png

角川のキャラクター、ハッケンくんも、もっとバーンと主張してほしかった。

見てるだけで楽しいけど、前年に続きまだ読みたい本が他にも山のようにあるのでまた追々…ってことに。
たぶん無限ループだろうな。
最近、時代小説にはまってるので(特に江戸もの)気になったもの3冊。


幻色江戸ごよみ (新潮文庫)

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)


危急 辻番奮闘記 (集英社文庫)

危急 辻番奮闘記 (集英社文庫)


かたづの! (集英社文庫)

かたづの! (集英社文庫)

下の2冊は、読書メーターを見た限りでは微妙なんですが…。

最近読んで気に入っているのは風野真知雄作品。
「姫は、三十一」と「四十郎化け物始末シリーズ」。
芦川淳一の「おいらか俊作シリーズ」、築山桂の「緒方洪庵・浪華の事件帳シリーズ」。
ライトな読み心地の時代小説が好みです。

スポンサーサイト
[Edit]