グスコーブドリの伝記 前編

グスコーブドリの伝記 前編

タイトルは有名なので知っていたものの未読だったので今回初聴き。
結構重いお話でびっくり。農業や自然科学といったちょっと難しいテーマで、耳で聴いただけだと情景が思い浮かべにくいところもあったけど。
俳優・三上博史の朗読がすごく私好みだった。落ち着いた低音の声、穏やかな語り口調、セリフ部分での演じ方、すごく引き込まれました。
こんなお上手な方だったんですね。学生時代からテレビドラマで見てた俳優さんだけど、全然知りませんでした。
他にも賢治作品を朗読したものがあるから聴いてみようっと。



星の王子さま

星の王子さま

星の王子さまは朗読者違いでいくつかあるんですが、高橋大輔バージョンを聞いてみましたw
うーんうーんなるほどーー。
すっごく普通というか、近所のお兄ちゃんがぼそぼそと読んでるみたいな感じじゃないですか?←
そういう素人っぽいのが聴きたい人にはいいんじゃないでしょうか。
あともちろん大ちゃんファンにはたまらんでしょう。
滑舌があやしくてたまに何言ってるかわからなかったりもするけど、そういうところもふくめて、ね。
これはつばさ文庫から出ている2011年の新訳版ですね。表紙絵がちょっとひどいと思うw
王子様の一人称が「おれ」で、きみを「おまえ」という、口調がぞんざいなのもびっくり。
amazonでは評価が高いけど、これは賛否あって然るべき。



タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢

前に本で読んだことあり。作中に出てくる「OSK」を音声で聴きたくてねw
それだけだったんですけど、けっこう聴きやすかったので続きも聴こうかな。

スポンサーサイト
[Edit]