QED 式の密室

QED 式の密室

このシリーズ、調べてみると「QED 百人一首の呪 」が一作目のようだけど、オーディブルでは5作目にあたるこの「QED 式の密室」からスタート。
ミステリよりも歴史薀蓄に比重が置かれていて、オカルト伝奇が好きな私にはけっこう好物なお話なのでした。
でも小難しいというかマニアックというか、情報量多すぎて頭が追いつかない、何言ってるのかわからないことも多々ありw
漢字の読み方による違いがかなり出てくるので、これをただ音声にするだけだとまったくの意味不明になってしまってるのが残念。
朗読の人は女性だけど、登場人物は男性の方が多くてよく演じ分けるなあと苦労を察しつつ、でもとても聴きやすい朗読で気に入りましたわ。
続きも聴きたい。

安倍晴明は小説や漫画やアニメなどで超人的な人物として描かれているのが当たり前すぎて、この本の「式」の解釈にはショックをうけること必定。


三姉妹探偵団 1

三姉妹探偵団 1

表紙絵を見るとラノベ、でも内容は結構ハードなんですよ。
さらっと殺人がおこるし暴漢に襲われるし長女が不倫に足踏み入れるし。
赤川作品って、冷静に考えるとすごいことが起こってるのに淡々と描かれている、という印象があります。
でも先がどうなるのかは気になるし、朗読者も上手で聴きやすいし飽きませんでした。
今でもシリーズが続いているんですね、びっくり。今もこのノリで三姉妹仲良くやってるのかな。

残念なのは、音声データの編集処理がずさんなところ。
ノイズ除去の影響なのか、語尾がたまに消えているし不自然に途切れる。
行間をあける間隔が短くて場面が切り替わったのをすぐに理解できない。
明らかに編集ミスで言い間違いを消さず言い直している箇所がひとつと、急に章のタイトルが割り込んで入ってくる箇所がひとつ。
こういうところちゃんとチェックしてほしいなあ。
この書き方だとどんだけひどい状態だそれ、と思われるかもしれませんけど、私が細かい所が気になるだけで普通に楽しめると思いますよ。
お金出して買ったCDだと返品してますけどね←
スポンサーサイト
[Edit]