FC2ブログ
th_IMG_4206.png

フィンガーツイスター、人生ゲームは以前にも感想書きましたが、今更ながらモノポリーです。
大人の一番人気はこのモノポリーだったんじゃないかと予想してるんですけどどうでしょう。
コンポーネント、特にお札が自分で切り離すペラペラの小さい紙じゃなくて、しっかりとした厚みのある大きいサイズのものだったことに驚きです。


th_222

本家のモノポリーは遊んだことありませんが、モノポリーの日本版ともいえる「バンカース」は子供の頃よく遊んでました。
基本は土地を買って家を建てて、他プレイヤーがそのマスに止まると通行料をもらう、というやつですよね。
このマクド版モノポリーはぐっと簡略化され、土地ではなくアクティビティのマスになっていて、そこに止まると強制的に料金を払ってマスを買い取り、他プレイヤーがそこに止まるとその同じ金額を受け取ることができる、というルールです。
お金が支払えなくなったら破産ということでそこでゲーム終了。
長々とならず、1プレイはけっこう短い時間で遊べるのでいいですね。
サイコロでもルーレットでもなくコマ、というのも遊び心があるというか、私はこの形状初めてでした。
でもよく回るので、うまく回そうとせずに転がさないと無駄に時間がかかりますw
ボードの絵柄もレトロな雰囲気あっていいなあと思います。

それにしてもこのマクドナルドのキャラクター、なんと2003年頃から姿を消していたんですね。
いや全然知りませんでした。
私自身はなぜかドナルドとハンバーグラーくらいしか覚えてなかったんですが、今の小中学生はこれらのキャラクターはまったく知らないということになりますね。
今の子供にこの変なキャラクターは受け入れられたんだろうか…。
スポンサーサイト



[Edit]