FC2ブログ
・毒見師イレーナ

殺人罪で死刑囚となったイレーナが、このまま絞首台に送られるか、それとも最高司令官の毒見役となるか選択を迫られる。

毒見師になったことで死刑は免れたけれど、常に命の危機に瀕する緊迫感。
毒にあたって死にかけたり命狙われて痛めつけられたりけっこう辛い状況に置かれてるんだけど、唯一心の支えになっているヴァレクとの微妙な距離感、関係性が聴きどころになってたかな(乙女的に)
これは素直に面白い作品でした。たぶん今年のベスト3に入るかな(気が早い)
特にヴァレク役の松田洋治さんの声が素敵すぎましたね。
それに全然年齢を感じさせない。今アシタカやっても違和感なさそう。

全15回という長編でも中弛みを感じずに楽しめた良作ですけど、ただひとつ、終盤でイレーナとヴァレクが急速に親密になるのがなんか…なんかこそばゆい。
なんやねん、いつの間にそんな恋愛関係になるまでになっててん!ていう。
よくダメな乙女ゲーで言われる感想みたいになってますけどw

たぶん好評だっただろうし、続編もきますかね?
今のところシーリーズで4冊出ているみたいで、あらすじ見ててもドラマチックな展開でおもしろそう。


・カーミラ

前回も暑苦しい感想書きましたが、それの続きです。

さて最終回、この1回でどうやってまとめるのかと途中まで進んだところで、これは百合的にはあかんパターンや!ぎゃーってなったんですね。
カーミラの元婚約者の血を引く男爵とかいうやつ邪魔なんですけど!?
ボルデンベルグ男爵はカーミラが元婚約者の記憶を呼び覚まさせる役割になってるわけか。
カーミラが本当に愛したのはローラだと私は妄想思いたいわけですよ。獲物として見てただけとか思いたくないわけです。
カーミラも婚約者のことをとうとうと語り出しちゃってもう!もう!
…と思ってたら、ローラがここでまわりの制止を振り切って吸血鬼化したカーミラに一心に駆け寄っていくんです。そしてカーミラもまたローラの想いにうたれてその愛を受け止める…←
なんと、最後に真の愛に目覚めてめでたく両想いになる神展開じゃないですかこれ。
もちろん原作にはないシナリオですが、原作は謎がそのまま残ってたりカーミラの最後にローラは立ち会ってないしなんの感動的なやりとりもないまま、ふたりの関係は終わっていたので。
私はこのラジオドラマ版の結末や盛り上げ方は良かったなーと思いました。

それにしても最後のローラのモノローグ、思わせぶりな終わり方ですね。
「そして…」のあとは1話の冒頭のモノローグに繋がるんですよね…。
やっぱりローラがカーミラに対して抱いてたのは恋心だったと解釈していいんですよね←
終盤のローラはカーミラのこと大好きすぎてちょっとびっくりでしたわ、ありがとうございます。
最後に吸血鬼化した野々すみ花さんの演技も凄味があって良かった。
あそこでテンションの高まりがあって物語がきれいに収束されていった感じ。

こういう幻想的なゴシックホラー、ロマンスものは好きな人は好きだろうし、もしかすると人を選ぶ作品かもしれませんが、私は久々に青春アドベンチャーをリアルタイムで聴いてしまいましたよw
あ、そういえば4月から放送時間が変わるみたいですね。
9時15分〜になるようです。

カーミラの聴き逃し配信は1話が3/13までなので、まだの人はぜひ。


スポンサーサイト
[Edit]