FC2ブログ
その昔、ラジオ関西で「愛・姫路城」と題するラジオドラマを放送したことがありました。
「ビバ!タカラジェンヌ スペシャル」の中で放送され、たぶん4週に渡ってのものだったと思う。
というのは、私の手元に残ってる音源は3回分しかないので、はっきりとしたことは覚えてなくて。

このラジオ番組のことを調べてみてもネット上でヒットしたのはわずか1件。
ここらでちょっとわかるだけの情報を書き起こしておこうと思います。

その唯一見つかったサイトの情報によると、放送日は1995年1月ということなんですけど、番組内では「世界文化遺産に選ばれた姫路城…」と言っていることから1994年の1月じゃないのかな。文化遺産に登録されたのは1993年12月のようだから。
パーソナリティの小山乃里子、ゲストの紫吹淳、月影瞳が解説員の人と姫路城を回りながら話をしつつ、スタジオ収録済みのラジオドラマへ…という形。
キャストはすべて現役宝塚歌劇団の劇団員。

1回目は「千姫」、2回目は「お夏清十郎」、3回目は「お菊の井戸」。
姫路にまつわる話ということで、1話完結。

「千姫」
当時10代で歴史にも興味のなかった私にはたいして面白くもなかったのですが、今聴いてみるとちょっと意外なストーリーでした。
豊臣秀頼には影武者がいて、その影武者イシビヤマタベエは徳川の世で生き延びて歌舞伎役者に身をやつしていたが、身バレし千姫に呼び出され、千姫は大阪城で自害した秀頼と命運を共にできなかったのをずっと悔いており、マタベエの手で命を絶ってくれるよう願い出るという…。元ネタあるのかな?

「お夏清十郎」
但馬屋の娘お夏と手代の清十郎は駆け落ちし一緒に逃げる約束をするが、待ち合わせ場所にお夏は現れず、かわりに十手持ちが来て、店の掛け金を持ち逃げした濡れ衣を着せられて投獄、手打ちにされる。お夏はその後気が触れ、清十郎を探し回る…という悲恋もののストーリーでした。この話が一番宝塚らしいというか、男女のベタな恋話をドラマチックな感じに仕上げられてました。

「お菊の井戸」
怪談話ではない。途中までは大筋は同じだと思うんだけど、お菊(コギク)が殺されるパターンではなく。
これもこういうバージョンの話もあるのかな、私が知らないだけで。
コギクよりジロウマルのほうが主役っぽかった。


以下はそれぞれの配役。

「千姫」
千姫:麻乃佳世
イワミ シンジュウロウ:愛華みれ
アワシマ クメヤ:美月 亜優
オヌイ:星奈優里
オタマ:水谷紫乃
サヘイジ:久城 彬
ワラベ:夏風りお、未来優希

「お夏清十郎」
お夏:花總まり
清十郎:久世星佳
クマゾウ:千珠 晄
捕り手:久城 彬
町の男女とコーラス:夏風りお、未来優希、水谷紫乃

「お菊の井戸」
カミゴオリ ジロウマル:麻路さき
コギク:森奈みはる
アオヤマ ダイゼン:千秋慎
サエグサ ゲンバ:和央ようか

作・演出:大関弘政

スポンサーサイト
[Edit]