FC2ブログ
前回の続き。
出来上がった本の中身はこんな感じ


th_IMG_5525.png

サイズはB6。一般小説の単行本と同じサイズです。
個人的には文庫本サイズが好きなんですが、単行本サイズのほうが行数を1、2行多めにし、文字数も1、2文字多くし、大きめのフォントを使っても違和感ないし、結果的にページ数をおさえられるので安く仕上げられます。
ページ数を少なく安くする、これが最大のメリットだと思いました。
余白も余裕をもって入れられる。
このサイズだと2段組にする人も多いようです。さらにページ数をおさえられますが、わたしはあまり2段組が好みじゃないんですよね。
内容がおもしろくないと、読み進める気が失せるというか。
なかなかページが進まないとイライラしてしまう。そんなことありません?

この本のページ設定。
フォント:凸版文久明朝 9.50pt
行数:18
文字数40
左右余白:1.5cm
上下余白:1.6cm

左右、上下はもちろん個別に設定はできるんです。私が同じにしておいただけで。
ここにもまた私の設定ミスがあります。


th_IMG_5524.png

ノドの部分。(真ん中の綴じてるとこ)ちょっとぎっちりです。もう数ミリ余裕がほしい。
ページ数が50ページくらいだと問題なかったかもしれない。
LibreOfficeでの設定はこうです。


33.png

ふつう、ノドは余裕をもたせた設定にしますよね。両方とも1.5cmにしてますけど。
私、左右を個別に設定すること、知らなかったんです←
最初の画像を見てもらうと、ヘッダー部分は左右別に設定できていることがわかりますよね。
これ、けっこうめんどくさくて。
自分が使い慣れてないからかもしれないけど、レイアウトくずれたり変なことになって。
だから左右で余白を変えるのもめんどくさいんだろうと思って、そのままで入稿したんです。
ところがきのう、実に簡単に設定できることを知りました。


th_スクリーンショット

右のほうの「レイアウト設定」というところを見てください。
この時点では「左右」になっています。
この部分を


 2018-10-28

「左右対称」に変更します。
するとさっきまで余白の部分が「左」「右」になっていたのが、「内側」「外側」に変わっています。
小説などの右綴じの場合は、「外側」がノドになりますから、ここを広めに設定します。
ついでにそれに合わせるように「内側」はせまく設定し直しましたが、そうしないと行数が勝手に変わったりするからです。
けっこうギリギリのところで設定しているのです。私が使いこなせていないせいなのかもしれませんけど、余白をいじるだけで行数、文字数が勝手に変わってしまうのです。
どうにかなりませんかねこれ。
行数と文字数の設定はというと

1111_20181029161713667.png

ちょっと見づらいか


th_111.png

ここ重要ですよ。
「1文字の最大サイズ」と「ルビ文字の最大サイズ」が特に。ルビのレイアウトがくずれるのにも関係してきます。私の経験では。
ここを少しずついじりながら、自分の求める最適な行数・文字数にしていきます。
よくわからんのですが、ここをいじることによって行数・文字数が増えたり減ったりするのです。
しかし、この画像では文字数「42」になっていますが、実際は40です。
これはさきほどの「余白」部分を少しづつ調整することによってそうなりました。
余白をいじるだけでも、行数をちゃんと18に設定しているのに17になったり16になったりするんです。
なんでかよくわからんのですがね←

さて、「ルビ文字の最大サイズ」は5ptに設定されています。しかし、実際には5にするとレイアウトがくずれます。


ffff.png

文字スタイルを開くとこの状態。
4.5ptに設定していますね。
あれ、ヒラギノ明朝になってる。またここにもミスが…。まあいいやろ、ふりがなくらい。


333.png

今の状態。
これを、今度は5ptに変更します。


444.png

するとこうなります。
最大5ptってしてるのになんでやねん。
謎です。


最後にLibreOfficeを使って小説を書くにあたって、これだけはまずするべき、というのを書いておきます。
LibreOfficeの設定を開き、「LibreOffice Writer」の互換性のところの「テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない」にチェックを入れます。


th_スクリーンショット

そしてもうひとつは、全般のところの「文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)にチェックを入れる。


66666.png

このふたつは絶対必要な気がするんですよね。
最初の「テキストの行間にリード」はたぶんルビにも関係する。
そしてふたつめは、よくわからないんですけど←
たとえば、Evernoteに書き溜めておいたものをコピーしてLibreOfficeに流し込むとあら不思議。レイアウトがむっちゃぐちゃになります。
編集の「元に戻す」とかまったく無意味。私はこれで1時間以上を棒に振った気がします。
そのとき「文字の罫線に正方形のマスを使用する」の設定を見てみると、なんと勝手にチェックが外れています。
再度チェックを入れると元通りになりました。

まだ他にも書き留めておかないといけないことはあるけど、また次回。
スポンサーサイト
[Edit]