FC2ブログ
「イエス」の本を入手した。


th_th_IMG_5885.png

オンラインやアプリ上でも読めるけど、基本的にじっくり読むのは紙媒体にしているので、入手できてうれしい。
そういえば、印刷業撤退したわけじゃないのね。書籍類はもう刷らないのかと思ってた。昨今の電子化が進みすぎてて。
これは去年の4月に出てたみたい。
表紙は特殊加工されていて、指紋もつかないし水にも強そうな感じ。手触りが気持ちいい。
ただ読んでいると表紙はけっこう反ってきますけど。
最近の出版物はみんな廉価なペーパーバックになっているので、しかたない。


th_IMG_3012.png

で、内容なんですが、これは実はその昔発行された「これまでに生存した最も偉大な人」のリメイクバージョンです。


th_IMG_5886.png

本の比較。「イエス」のほうはサイズが大きいです。だから絵も大きくてこれは得した気分。本文よりむしろ絵を見たい人なので←
中身の絵は、ほとんどが「偉大な人」の流用なのですが、色が塗り直されてたり、デジタル処理されてきれいになった感じがします。
文章も、内容は同じことを伝えているけれど言い回しはけっこう大きく変わっていたりして、比べて読むのもおもしろいです。

たとえば…


th_IMG_2988.png

「偉大な人」


th_IMG_2986.png

「イエス」

香壇の「右」を「近く」に変更している。
実際、聖書の記述では「香壇の右側に立った」とありますが、ここでは近くとしたほうが自然ということでしょう。
それから、フォントもすっきりと可読性の高い感じのものになっています。
私は前のほうが好みだけど。


th_IMG_2989.png

「偉大な人」


th_IMG_2987.png

「イエス」

見出しのタイトルも微妙に変わっています。
「4ヶ月」のほうが正確だったようですね。細かすぎて気にもかけないけど。


th_IMG_2991.png

th_IMG_2990.png

この「感謝の気持ちで一杯です」というのはたしかに変。そんなことなんでわかるのよ、と思うし。
こういう、厳密にいうと聖書には書かれていない、憶測の域を出ない文章が以前は見受けられたかもしれない。

次は挿絵について。
新たに増えた絵もあれば、なくなった絵もありました。
あと、細かい修正もけっこういろいろありました。
横になって食事するときのクッションの形が変わってたりw
頭にかぶりものをしてなかった女性はベールが描き加えられていたり。
たぶん、元絵をトレースして描き直したであろう絵も多いです。
たとえば


th_th_IMG_5919.png

「偉大な人」


th_th_IMG_5909.png

「イエス」
よりリアルな人物絵に。
イエスと真ん中の人物だけトレースで、右の人は新たに描き直したように見える。

中でも、私がもっとも衝撃を受けたものは。


th_IMG_5917.png

「偉大な人」


th_IMG_5911.png

「イエス」

イエスだけまるごと描き換わっています。
なんと、新しいほうのイエスは縄で作ったムチを持っていません!
なんで!?ちょっと過激すぎたから?w

イエスが縄のムチを振り回してる描写は、ヨハネの福音書だけに出てくるものなんです。
べつに変える必要はなかったと個人的には思います!

以上です。
実はまだ少ししか読めてません←
四福音書を読んでいて、なんの注釈もないと意味が理解できない場合がよくあると思うんですけど、そんなときにこれを見るとわかりやすいんじゃないでしょうかね。
文体を見るとわかるように、子どもでも理解しやすいし、なにより絵が多いから楽しい。

イエス 道、真理、命」の紹介&感想でした。
↑オンラインで読める。
スポンサーサイト



[Edit]