FC2ブログ
マタイ28:9のイエスのあいさつ。
「こんにちは」が「おはよう」に。

新共同訳・新改訳・フランシスコ会訳
「おはよう」
口語訳
「平安あれ」
文語訳
「安かれ」
前田訳
「ごきげんよう」
回復訳
「喜びなさい!」

前田訳の「ごきげんよう」が優雅でいいなw

ここのギリシャ語を見てみました。


th_IMG_3113_20190423155621c34.png

『カイレテ』と読むみたいですが、これは直訳すると「喜びなさい」。
この言葉を他に使っている箇所をぜんぶ洗ってみると、すべてが「喜び」を意味する訳でした。
例えば…

フィリピ4:4
「主にあって常に歓びなさい。もう一度言います。歓びなさい!」

こんなふうに。
イエスのあいさつだけが、最近の主流では「おはよう」とかになってるんですね。
イエスの復活後に発せられた言葉なので、「喜びなさい」に意味がある気もせんではないのですが、どうなんでしょう。
もちろん、古典ギリシャ語では『カイレテ』はあいさつの代表的な言葉のようなので、この解釈で正しいのかもしれません。
ちなみに単数のときに使う『カイレ』だと、すべてあいさつになっています。
マタイ26:49ではユダ・イスカリオテが裏切りの際、イエスに口づけしながら言った「ラビ、こんにちは」
とか、27:29ではローマの兵士がイエスにいばらの冠をのせて、「こんにちは(または万歳)、ユダヤ人の王よ!」と愚弄したときとか。
『カイレテ』は相手が二人以上、複数のときに使うあいさつの言葉らしいです。


先ほどの画像は「王国行間逐語訳」からの引用です。
JW Libraryのアプリならダウンロード可能なんですよね。
英語とギリシャ語が並列されているから調べやすいのです。
私、英語すらさっぱりなので、めったにこういう勉強しないんですけど。
気になった人は英語で「Kingdom Interlinear」を探してみるといいです。
こういう使い方もできますよ。


th_IMG_3115_20190423155621ecf.png

9をタップするとあらわれる、左端にある、本が重なってるみたいなアイコンをさらにタップすると。


th_IMG_3116.png

このように、アプリ内にダウンロードされている聖書がぱっと出てきて比較できるようになっています。
便利ですよ。
それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト



[Edit]