FC2ブログ
こねずみとえんぴつ―12のたのしいおはなしとえのほん (世界傑作童話シリーズ)こねずみとえんぴつ―12のたのしいおはなしとえのほん (世界傑作童話シリーズ)
(1982/09/30)
ステーエフ

商品詳細を見る


計算してみると、15年ぶりくらいに図書館で本を借りた。
新しいカードを作るのも面倒な気がして、行ってもその場で読んで帰るくらいだった。
で、最近は味をしめていろいろ借りちゃったりしてるわけだが、長年タイトルもわからず、ずっと探し求めていた絵本が見つかって、思わずその場で小踊りしちゃうほどうれしかったその本、「こねずみとえんぴつ」。
小学生の低学年のころ、何度も借りて読んだお気に入りの一冊だった。
なんだか不思議な感覚を覚えたきのこのお話が、一番印象的。
絵も躍動感があって彩り豊かで、ほのぼのした気持ちになれます。

当時木造だった図書館の、床の軋む音と夕日が差し込む懐かしい情景が
思い浮かぶようだ。
スポンサーサイト



[Edit]