FC2ブログ
2007.02.25 Rhythm&Dance
なら100年会館って初めて行ったヨー。ついでにJRの奈良駅周辺も久しぶりだったヨー。ダイエーがあった建物も完全になくなってたし、うら寂しい気持ちになりました。

で、OSKの公演を観に行ったわけで。100年会館、思ったより大きかったです。エントランスやホール内の雰囲気も良くて、奈良のわりにイケてるじゃん、みたいな(馬鹿にしてませんよ。奈良大好きっ子ですから。ていうかほとんど地元)
「Rhythm&Dance」ってタイトルがかっこよいですねぇ。
一部は「お祭り行進曲」で笑えましたが。
秋のおどりは観に行ってて、結構気に入ってたので一部も楽しかった。
天神祭。あの振り付け好き。若木さんが超かわいかった。
雨乞い太鼓の高世さんの剣の舞は心地よい緊張感も相俟ってひたすらかっこよく、娘役の下駄タップもかわいかった。
大阪メドレー、大好きです。歌謡曲のくささがたまんね。
「大阪ラプソディー」って母親が歌ってたから聴いてみたら、上沼恵美子の歌だったのか~。海原千里・万理時代の。

二部の洋舞は正直もうちょっと盛り上がってほしかった。
クラシックメドレーはあれですか、モーツァルトの。華麗なるメヌエット、でしたっけ、あれ、コンチェルトでしたっけ。?
そこで使われてたメドレーなんですかね。モーツァルトメドレーだったらどうしようと思ってたけど、ベトベンがきたのでテンション上がりました(どんだけモーツァルト嫌いなんだよ)
「悲愴」、1~3楽章フルに使いましたね。(ですよね?記憶が…)悲愴はどの楽章とっても名曲ッスよね~。アレンジもかっこよかったよ。既製曲かなぁ。
第三楽章のボーカルが良かった。若木・桜花・高世で歌い継ぐやつ。
高世さんの声、美しいなぁ。生で聴くと特に。
なんかクラシックの曲が多かった。どこの場面だったか、川井郁子のヴァイオリン曲もあったし。確かビゼーのカルメン。
高世さんと若木さんの民族衣装のところだったかな。
あとはうさぎさん、かわいかったです。
あ、もちろんNOISYのエロさ加減も好きですよ。男役同士のリフト。

秋のおどり以来のOSK観劇だったけど、これが今のOSKカラーなのかな。全体的に見て、洗練された印象が残った(良くも悪くも)。
桜花・高世・桐生の3人はそれぞれに持ち味が違っててすごく面白い。頼もしい3人だよ。キャスト的にも充実した公演だったと思う。
スポンサーサイト



[Edit]