FC2ブログ
何ヶ月ぶりかでファミコンで遊びました。
「殺意の階層」。マイナーゲーですねぇ。
推理ものなのです。
おそらくファミコンの推理ゲーの中ではトップクラスの高難易度なのではないでしょうか。びっくりした。
攻略サイトを頼らずにクリアするなんで絶対無理ーー。
捜査開始一日目ですでに行き詰ったorz(期間は三日間)

このゲームの一番の特徴は、時間の概念があること。
コマンドを実行するたびに3分経過するので、コマンド総当りはまず無理。
それに登場人物多いから選択肢多すぎて大変なんですけど。
それとボタンの操作がABの役割が逆ってどうなのよ。やりづらいいったらありゃしない。

エンディングは3種類用意されてるんですよ。ファミコンのくせにマルチエンドw
真のエンディングは結構衝撃的で、ゾクっとしました。
それにしても、ひとつでも見落としがあったりすると容赦なくゲームオーバーだし、なにかと超シビアなゲームなのであまりおすすめができませんが;;推理ゲームが好きならやってみる価値はあると思います。
私は攻略サイト頼みでしたが、読みながら「こんなのぜってーわかんねー!!」と叫びながら。犯人を選択する時にいたっては「え、こいつが犯人だったの?」と思いながらボタンを押してました。
ヘタレすぐる。つーか真面目に推理しろ。

Satsui_no_Kaisou_-_Power_Soft_Satsujin_Jiken_(J) 200903251609235

ミンキーモモとかww

Satsui_no_Kaisou_-_Power_Soft_Satsujin_Jiken_(J) 200903251524127

「せいかくに ばくはつしたところ」って何ww



スポンサーサイト



[Edit]