FC2ブログ
歴史ものがやりたい、っつーことで、この値段ならクソゲでも後悔しないぜ、といくつかワンコインでゲットしてきたゲームの話でも。
しばらくそんなゲームのヨタ話が続くやも知れません。

義経英雄伝義経英雄伝
(2005/01/13)
PlayStation2

商品詳細を見る

*このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。という注意書き。
これさ、前に買った鑑識官にも書いてあったんだけど、全然暴力的でもグロテスクでもなかった気がするんだよね。
なんて甘く考えてたら、とんでもなかったです。血どばーー!!って。そりゃジャンルが全然違うんだからあたりまえかー。この手のは基本暴力だからw
敵から一撃くらっただけでも血が飛び散ります。敵に止めを刺したら血飛沫があがります。すごいリアル。
血がダメな人はやらない方がいいです。私も「こ、これ大丈夫か…?」と恐々進めていってたんだけど、そのうち操作に忙しくてまともに目に入ってこなくなりました。
っていうか、感覚が麻痺してきたのかも。こんなの思春期の少年がやってはいけません。
っていう話じゃなくて。
この時代のゲームってあんまりないよねぇ。乙女ゲーマーとしては遙か3の世界しか思いつかないんだけど(笑)
実にいいお勉強になります。史実に忠実に話が進んでいって、細かい解説なんかも見れて「ほほう、なるほど」と源平についての知識が増えること間違いなし。
キャラクターについて言えば、とりあえず義経はイケメンw
これが発売されたのって、タッキーの義経で大河ドラマ放送されてた時期だよね。
でもこの義経、やたら自信家で偉そうで嫌いじゃ。
それよりも凛が!凛かわいいよ凛!(オリジナルキャラ)義経の家来の忍…?じゃないな。でもそんなかんじ。義経に絶対的服従って感じで萌えた。義経はうざーだけど。
しかし、どっかで見たことあるなこの娘…と思ったら、「天誅紅」(忍者ゲーム)の凛だったよ!プレイ動画で前に見たことあったんだよ。そうか、同じフロムソフトウェアからでてるからね~~。
あと気に入ってるのは、那須与一と伊勢義盛。

アクションは戦国無双みたいにフィールドを駆け巡って敵を斬りまくっていくタイプ。
動きはなんだかもっさりしてるね。爽快感はないです。
家来2人に指示を出して作戦を成功させたり、派手さはないけど結構楽しい。
ボリュームは少なくて、10時間もあればクリアできる。
ただ、武器やアイテムの入手に条件があったり、スチルをオープンするのに条件があったりするので、そこそこ続けて遊べます。
スチルがきれいなので、ついつい全部オープンするまでやりこんじゃいました。
このゲームは、後に「義経英雄伝 修羅」っていうのが出てるんだけど、ボリュームが2倍以上になってるらしいです。しかも平家や義仲側のキャラも全部選択できるようになってるし、シナリオもその分大幅に追加されてる模様。
なかなか気に入ったので、いずれ忘れかけた頃にでも買うとしよう。うん。
スポンサーサイト



[Edit]