FC2ブログ
我らが真央たんは期待を裏切らない復活劇を観せてくれましたね。さすがとしか言いようがない。
で。SPに続く中野&鈴木の接戦はとても見ごたえがありました。

結果、最後の1枠を勝ち取ったのは、まさかの、まさかの鈴木明子。ほんの僅差で。
まぁね、どちらが五輪出場を決めてもすっきり喜べないんですけど、仕方ないわ。鈴木はGPファイナル進出で、しかも表彰台に立ったわけですから。
この人の今シーズンの快進撃は誰もが予想しえなかったことで、4年間オリンピックを目指してがんばってきた中野が不憫に思えて仕方ないけど、鈴木は鈴木で別な意味でがんばってきて、リンクにかける健気な姿勢には胸を打たれるものがありました。
彼女には、今のままの無欲な気持ちで五輪に挑んてもらいたいですね。

あと、点数なんですけど、随分と出るもんなんですね。国内の試合ってこんなもんなんでしょうか。
たとえば、GPファイナルでの鈴木の演技は、素人目ではありますが今回よりもいい出来だったと思うんですよ。今回のあのジャンプ後の転倒を差し引いても。
それでも点は116点止まり。なのに今回は128点台という高得点。ここまでの差はいったい…。
でも、海外で通用するのはやはり鈴木の方なのか。なにがどう違うのかわかりませんが、中野はノーミスで完璧に演技をこなしてもいつも評価が低かった。(ジャンプ時の巻足が評価を下げるというのも聞きますけど)
鈴木はこれまで着実に点数を伸ばしてきている。オリンピックの舞台でどんな評価が得られるのかは見どころですね。
それにしても彼女のステップは見る者を魅了するマジックを持ってる。メダルがどうのよりも、エンタテイメント的に楽しみになるプログラムです。
スポンサーサイト



[Edit]