FC2ブログ
親指姫 アンデルセンの童話〈1〉 (福音館文庫)親指姫 アンデルセンの童話〈1〉 (福音館文庫)
(2003/11)
ハンス・クリスチャン アンデルセン

商品詳細を見る


アンデルセン童話の新しい翻訳を読んでみたくて購入。
私が持っているのは矢崎版('1967)と大畑版('1984)。どちらも古い。とりあえず古い。
なので、表現も今の時代に読むと古く感じる。
が、私の好きな「ヒナギク」をまず読んでみて、「あれ?これは大畑版の方が全然良かった…」となり、そのほかの物語もなぜか違和感を感じた。
とくに登場人物の台詞の言い回しかな。古い方が情緒を感じられる言葉遣いが良かった。
新しければいい、とは一概に言えないのだな、と実感しました。
子供にはわかりやすいかもしれないけど。
中のイラストは文庫本だけど結構カラーもあり、雰囲気があって良い本だと思います。
スポンサーサイト



[Edit]