FC2ブログ
第1部「桜彦 翔る!エピソードⅡ~黄泉へ 桜ふたたび~」

(ネタバレ全開注意。私のブログは基本ネタバレなんですがね。)

前作の続編、ということですが、今回の舞台は黄泉の国なので、全体としてダークな雰囲気と妖艶さが際立っていました。
私は前作よりもこっちの方が断然好き。これぞ北林ワールド。
ただ、1時間という枠に収めるには難しい内容です。
人間関係もストーリーも複雑で、理解できるようにわかりやすく表現しようとしてるんだと思いますが、そこがかえって薄さを感じてしまったり。
説明的なところに時間をさかないといけないので、人物の魅力が描ききれないまま終わってしまう。
ただただ、時間が足りない。
私はこれを一本の長編にして、最後にショーをつけるという近劇時代の構成にしたものが見てみたい、と思います。

今回、前作のあらすじを追うのにスクリーンを使いましたね。
OSKでこういうのは初めて?
グリッソムの美しいドアップが堪能できて最高です(笑)
グリッソムのビジュアルは二次元のキャラクターのようでした。その辺のゲームの悪役キャラにいそう。顔の模様かっこいい。
ま、他の人達も二次元ですけどね。
しかしあのナレーションはいったい誰…(笑)

オープニングがチョンパでした。
音楽が現代ちっく。こういうノリは好きなんだけど、若干音が軽くチープに聞こえる。
音楽の人は前作と同じ人なんですかね。すみません、確認してません。
でも歌が同じだったし、たぶんそうなんですね。
路線としては松岳先生に似てる。

今回はとにかく、衣装です。
衣装萌え!
北林作品における松竹衣装と大谷衣装のタッグは最強なんではないか。
コスプレ好きにはたまらないぃぃーー!ハァハァ…
いや、それをいうなら衣裳をデザインした人か。前岡直子というお方。
最近衣裳デザインが誰かとかチェックしたことなかったので、まったく存じ上げませんが。
神すぎる。
そしてことりちゃんのかわいさに身悶える。好きなのは特に黒い方。(記憶喪失時の黒衣装)
ラバーナはストレートヘアにイメチェンしてた。ふつくしい。
ヴィヴィかわいかった。なにこのかわいい声!と。
櫻子ちゃんだと気付かなかった。
「長靴をはいたネコ」の王女とか、昔はかわいらしい役もこなしていた櫻子ちゃんだが、近年こういう役どころは見たことがなかったので驚き。

今思いついたんだけど、RPGでゲーム化出来そうだな。
妄想中。

パーティメンバー:
・桜彦
・ラバーナ
・ヴィヴィ

ラスボス戦直前でゼノビアがパーティイン。黒ゼノビアから桜パワーで白ゼノビアに変身。
そして桜彦の武器:
桜の枝。

ラバーナの剣に対して桜の枝で戦うとか、すごいなwと思ったよ。

…まぁこんな感じで。
いろいろ理解出来ていないところがあるけど、とりあえず1部は面白かった!

北林先生のブログで、衣裳さんのことも触れられてました。

スポンサーサイト



[Edit]