FC2ブログ
聞こえるシリーズは一時中断。
いい加減に「床下の小人たち」を読もうかと思ったんだけど、ラノベのほうにいっちゃいました。


少年舞妓・千代菊がゆく! 花見小路におこしやす (少年舞妓・千代菊がゆく! シリーズ) (コバルト文庫)少年舞妓・千代菊がゆく! 花見小路におこしやす (少年舞妓・千代菊がゆく! シリーズ) (コバルト文庫)
(2002/07/26)
奈波 はるか

商品詳細を見る


「少年舞妓」ってタイトルがなんかもう、ねえw
コバルト文庫で今でも続刊しているシリーズのようです。
京都の祇園が舞台で、花街用語なんかもバンバン出てきて、なかなか知ることのない舞妓・芸妓さんの知識もかじれて、京都好きならその辺も楽しいかもしれない。

主人公のキャラクターがしっかりしてるので、13歳男子が舞妓に化けるという突っ込み入れたくなる設定でもアリかな、と読み進められましたが、けっこうきわどいシーン入ってくるんだなあ。ははは。
主人公、ノーマルなはずだけど思考が乙女すぎる。そして周りはイイ男だらけだぜ。
基本BLは読まない私ですが、2冊目以降は続けて4冊読めちゃいました。ふは。
今後、美希也はどこまで乙女になっていくのでしょう。
楡崎に身も心も許すような展開になってたらすげー嫌だw
スポンサーサイト



[Edit]