FC2ブログ
OSKの公演、久しぶりに見に行ってきた。
軽く半年は観てなかったぜ。
春のおどりはチケット取り忘れたし…。

「Burn The Passion!」。
オーソドックスなレビューショーでした。
昔ながらのOSKレビューというか。
選曲が懐かしいのいっぱいでね。

しばらく見ない間にちゃんと見たことない下級生がいっぱい。
若手のパッションがバーン!しててよかったですね。

どのシーンがお気に入りかと言われると、コレ!というのははっきりしないんだけど。
あ、荒城の月がよかった。
あのバイオリンの旋律が流れてきた瞬間、「荒城の月キターー!!」と。
心のなかで盛り上がっておりましたとも。
ことりちゃんって、沙月さんリスペクターでしたよね、確か。
初瀬&沙月カプの荒城の月は見たのかなあ、と。
「ビートシンフォニー」のビデオを参考に見たのかなあと。
そんなどーでもいいことがちらりと頭をよぎりつつ、高世&牧名の美しい着物姿に見惚れてました。

写真売り場に、烏帽子をかぶった高世さんの写真があったんですけど、私はそれを勝手に安倍晴明だと決めつけていたので、(だって安倍晴明神社が近いんだもん)実際その場面を見たとき、敵に襲われた姫をただかばうだけで術の詠唱をするわけでもなく、敵の攻撃によろめくその青年が、ただの平安貴族だというのを理解したとき、なんでそんな無駄に思わせぶりに美形なんだよ高世さんは、と。心のツブヤイターでつぶやくしかありませんでした。
あすみません。無駄なこたぁありませんね。必要です。有益です。

洋舞では、女の子たちのかわいさがミラクルだと思いました。
あと、仮面ライダーなっつい。
まあそれ以外もいろいろとなついんですが。


一心寺シアター、場所分かりづらかったよもう。
もっと分かりやすく看板出しといてくださいよ。
あやうく通り過ぎるか引き返すかするところでした。
実際引き返してうろうろしちゃいましたけども。

夏の南座公演、「レビュー in kyoto」じゃなくなってるー。
「虹のおどり」…。なんだこれは?
あ、チラシの裏に説明書いてる。その昔、東京の松竹座のこけら落としでやったのが「虹のおどり」だったのですってよ。
なるほど、そんな由来が。正直微妙、とか思ってごめん。
二部の作・演出の草野旦氏って、やっぱり宝塚の…ですか。
テレビで見た草野旦作品がことごとく肌に合わなかった私はどうすれば。
ただし火の鳥を除く。
スポンサーサイト



[Edit]