FC2ブログ
2011.05.31 勘違い
トリシア、ただいま修業中! (エンタティーン倶楽部)トリシア、ただいま修業中! (エンタティーン倶楽部)
(2004/01/27)
南房 秀久

商品詳細を見る


しまった。ライトノベルの「トリシア先生シリーズ」がそのまま児童書文庫で刊行されたものとばかり…。
シリーズの外伝だったとは。
ラノベの作品の外伝を、児童書の分野で刊行するなんてケースがあるのですか。
どうりで文体が児童向けだったわけだ。
「女医さんファンタジー」と聞いたはずなのに、どこに女医が?あそうか、女医になる前の話しなのかと納得して読んでたけど、本編とは違ったわけだ。
とりあえず富士見ファンタジア文庫から出てた一作目を探してたら、エンタティーン倶楽部で復刊してた。


あした、出会った少年―花明かりの街で (for Boys and Girls)あした、出会った少年―花明かりの街で (for Boys and Girls)
(2004/05)
越水 利江子

商品詳細を見る


京都弁の女の子(小学生)の一人称で話は進んでいく。
想像してたものと違って少し重かった。
アマゾンの評価ほど心は揺さぶられなかった。現実味を感じすぎたからかもしれない。
胸がチクチクする。
でもラストはぐっとくるものがあり、作者のあとがきでさらに涙しそうになった。
子供には理解しにくそうな描写が多かったように思う。
スポンサーサイト



[Edit]