FC2ブログ
2012.02.25 無料開放きた
スカパー!e2 11日間無料開放。
http://11days.e2sptv.jp/

最近よくやるなあ。

赤毛のアン読んでる。角川文庫のやつ。
講談社の村岡花子版は、結構削られてたことがわかった。
他の訳とも見比べてみたい、とか思ってると一向に「アンの青春」へと
読み進められない。

あとはコバルト文庫を中心に古めの少女小説を数冊。
そして完全版クレヨン王国の十二か月を読んだら、新十二か月や他の作品も
読みたくなってきた。シルバー王妃が出てて面白いやつってどれかな。



クレヨン王国の十二か月 (講談社文庫)クレヨン王国の十二か月 (講談社文庫)
(2006/09/16)
福永 令三

商品詳細を見る


クレヨン王国 新十二か月の旅 (講談社青い鳥文庫)クレヨン王国 新十二か月の旅 (講談社青い鳥文庫)
(1988/02/10)
福永 令三

商品詳細を見る

クレヨン王国 シルバー王妃花の旅 (講談社 青い鳥文庫)クレヨン王国 シルバー王妃花の旅 (講談社 青い鳥文庫)
(1994/05/25)
福永 令三

商品詳細を見る



あと、コバルト文庫の不朽の名作「なんて素敵にジャパネスク」が児童書レーベルの
みらい文庫から発売。
児童書でさすがに「人妻編」はないだろうなー。

私の中で瑠璃姫は山内直実の漫画のイメージが強くて、前髪がセンター分けなのが
違和感あるんですが、コバルト新装版も旧版も、普通にセンター分けなんですね、そういえば。
思い返せば、初めて漫画を見た時は、なんで貴族の姫が前髪下ろしてるんだ…なんて思ったものです。
いまや私の脳内ではそれがデフォになっている…。


なんて素敵にジャパネスク 1 みらい文庫版 (なんて素敵にジャパネスク みらい文庫版) (集英社みらい文庫)なんて素敵にジャパネスク 1 みらい文庫版 (なんて素敵にジャパネスク みらい文庫版) (集英社みらい文庫)
(2012/03/05)
氷室 冴子

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[Edit]