FC2ブログ
th_2012-04-19 15.15.37

th_2012-04-19 15.15.09


大阪松竹座へ「春のおどり」を観に行って来ました。
90周年ですよ、 9 0 周 年 !!
80周年がついこの間のことのように思える…とはいえ、激動の10年でしたよねえ。

いやあ楽しかった~。とにもかくにも、観劇中はジーーンとすることしきりで。
演目は、和と洋のショー二本立てでした。
OSKの歴史に残る場面をかいつまんでの再現、という形になってるのでしょうか。
三面鏡のシーンはよく覚えています。
66年振りに行った松竹座公演での1場面ですよね。
「楊貴妃」なんかは、突然そこだけ中華になって浮いてましたが…。
まあ、記念的な作品だったのですね。
ロックアレンジ民謡メドレーのノリノリなことw
ディストーションギターのビート刻みかっこいいわあ。きもちいー
そして爆音で踊り狂う劇団員たち。
楽曲ひとつでガラリと違うものに見えてしまう日舞。こういうのは高まる。
桜ボレロは以前も聞いたことあるけど、あやめ池でやった80周年記念公演でも
聞いたことあるような…。あれが初出?

さあて大好物の第二部洋もののほう。
演出・振付、大谷盛雄先生。
パンフには、「過去の公演からのイメージを胸に秘めて構成…」と書いてありましたが、
大谷先生の本気を見ました。
他の振付師陣も作曲家陣もグッジョブ過ぎてもう。
オープニングの振付すき。オープニングをそんなに気に入ることってあまりないんだけど。
中川昌氏の主題歌の安定感。
スパニッシュ、ラテンはやはり外せないのでしょう。
しかしどちらも見飽きた感はまったく感じなくて、あらたな魅力を見せてもらったと思えるほど素敵。
黄昏のスペイン、というような大人っぽくてシックな、それでいて激しいダンス。
サンバのあの特有の衣装ですらかっこよく見えてくるようになったのは、いつの頃からなのか…。
いや、今回のラテンは明らかにかっこよかった。娘役も男前だ。

この公演、場面の繋ぎがいいんですよねー。
チェリーガールズからロケットへの流れ、曲の繋ぎも含めよかったなあ。

音楽も振付もどれも素敵で捨てシーンなし。ふぅ…。
やってるほうは大変なのでしょうけれど、OSKのこういうスピード全開の駆け抜けるような
ダンス構成が大好きです。
いい90周年公演でした。100周年も、生きてたら観に行きますwのでこれからもOSKが続きますように。




th_2012-04-19 15.08.20

心斎橋にアップルストアがあったので写真を撮ってみたw
スポンサーサイト



[Edit]