FC2ブログ
はやみ甲作・演出の「永遠の桜」を観劇。
中央線の本町で下車して御堂会館へ。

今回は「夢組」作品としてではなく。
夢組メンバーも出演しているのですが、宝塚歌劇団&OSK日本歌劇団のOGの共演。
キャスト陣が豪華すぎて目が飛び出ました。

瀬戸内美八/高汐巴/洋あおい/えまおゆう/こだま愛/
未央一/北嶋マミ/愛那結梨/
涼風うらら/高帆未来/一色すぐる/友麻亜里/珠希星佳/沙月梨乃/花風ひかる


それで、舞台は戦国乱世。架空の戦国時代の物語でした。
これがもう、がっつりお芝居。
はやみ甲なのだから、夢組なのだから、例のビシバシダンスが入るんでしょう?
などという期待は見事に打ち砕かれてしまいました。

でも、やはりいいお話作らはる。
難しい話ではないんですよ。ストーリーもシンプルなものなのに、
言ってるセリフも時々赤面するような甘じょっぱさがあるのに、
最後にはもう世界に没入して涙している私がいた。
宝塚OG、さすがの上手さ。
脚本演出もあるけど、役者の力量がものをいいますわ、やっぱり。
もちろんOSKOGも負けてなどいませんけどね←

もうちょっと物語の広がりが欲しいなと思う部分もあって、
夢五郎一座の面々の忍の設定がなんかもったいないなあ!
綾姫の侍女であるふたりが、いつくノ一の正体を現して立ちまわってくれるのか、
楽しみに待っていたのに。
忍衆のかっこいい群舞がバシッと入ってもいいと思いません?
エンディングで桜の精のダンスは無駄にキレキレでしたがw

最後ははやみ甲らしいハッピーエンド。
多少ご都合主義なところがあっても、やっぱりハッピーエンドはいいもんです。
心が和みます。
この公演は平和と愛がテーマらしいのですが、見終わって印象に残るのは
「父の子に対する愛」。
主役がもう、でかい息子のいる父親ですから、ここからしてこんな歌劇のお芝居って珍しいのかも。
もう一人の父親は、愛娘のお姫様に対する溺愛っぷりが可愛いかったし。

エンディング曲が石川智晶でしたね。はやみ先生、好きなのかな?
以前はガンダム00、今回のは戦国BASARA。



二曲目の「涙腺」だったと思うのですが。
ようつべのは消えてたようなのでiTunesで試聴。




音割れしてるけどニコ動にあがってるやつ。
スポンサーサイト



[Edit]