FC2ブログ
新年になっちゃいました。
昔ダウンロードしたアプリを少しづつ消化中。
そんな中、いつの間にか配信終了してるものもあり、なんともうら寂しい気持ちになる。
そのうちのふたつをあげてみます。もう手に入らないのでApp Storeへのリンクはありません。


th_20110923065123.png

「モロー家の秘密」

th_2011-12-15 00.13.04

配信開始から1年もたたないうちに終了していたとは…。
主人公アントワンの養父である伯爵の死、主人公自身の隠された秘密、
さまざまな謎を解きながら真相を究明していく推理アドベンチャー。
エンディングは40種類以上。(ほとんどバッドエンド)

はまったなあこれ。
他では見られない独特のノスタルジックな雰囲気があった。
結構難易度高いので、トゥルーエンド見るために必死になったなあ。
そのトゥルーエンドに感動しつつも、消化されてない謎が残り、
これは続編への伏線だなと思っていたのに。
キャラクターもよかっただけにもったいない。

th_2011-12-15 00.23.27 th_2011-12-15 14.21.21


で、久々に立ち上げたらエラーメッセージが表示され、
一応その後普通にプレイできるんだけど、集めたEDの数々が
見事に全部なくなってた\(^o^)/
課金したゲームに突然姿を消されるとがっくりしますね(170円だけど)
ゲームは進められるようだけど、増やしたはずのセーブスロットは
使えなくなっている。


th_2011-12-18 04.19.21


もうひとつは「プリたん」。

ss.png


th_写真 2012-12-27 14 22 11

こちらは今もなんら問題なくプレイできます。
で、この「プリたん〜プリンス探偵倶楽部〜」は藤堂龍之介シリーズから
派生したものらしいですが、雰囲気もゲーム性もまったくの別物。
ノベルゲーになっているし、なによりずっこけたのがあからさまなBL路線。

th_写真 2012-12-27 17 27 28 th_写真 2012-12-27 22 17 29

スクショではわかりませんが、解像度が低くカクカクしたグラフィック、
全体のボリュームのなさからも元値450とはビツクリ。
もっとも、値段は改定を重ね最後には85円になりましたけれども。


th_写真 2012-12-27 14 23 15  th_写真 2012-12-27 17 26 52

大正時代の大阪が舞台になっているのはめずらしかったですね。
上のような一枚絵の挿入も多かった。
スポンサーサイト



[Edit]