FC2ブログ
松竹座にてOSKの「春のおどり」を観劇。

いや〜名倉先生最高!!ひゃっほう!!
もうそれしか頭になくて…一部…


一部:桜絵草紙〜浪速バージョン〜

松竹座より前に、東京の日生劇場でやった演目なので「浪速バージョン」というのがついてる。
どれくらい変更点があったかは知らない。
以前観た「鏡の夢」が娘役では男役になってた。
浦島太郎!
「漢」。どこのキャラソンなんですかww
民謡メドレー。アレンジ、曲のつなぎが良い。
が、去年(だっけ)やった松竹座での民謡メドレーのような高まりはなかった。
動き、構成?がゆるく感じた。
最後の連獅子が圧巻!


第二部:Catch a Chance Catch a Dream

大切なことだから最初に言う。捨てシーンなし。

オープニングが今までの松竹座公演の中で一番好き。
いや、OSK解散後の公演の中で一番といっても過言ではない。
音楽・振付・衣装のマッチングがハートにズキューーン。
青と白の爽やかな衣装がとても印象に残っています。

「クラブ」の場面。誰かとひとりの女を取り合うでもなく、抗争勃発→ナイフで刺して幕、でもなく。
こういうのが見たかった。みんなのそれぞれのかっこよさを存分に堪能できる。
桜花・高世・桐生という最強トリオの中にあってもキラリと光る真麻里都の存在が忘れられない。

「ピエロの夢」。
ドリーミーングかと思いきや、小フーガの曲にのせてけっこう激しい展開。
Pia-no-jaCの曲っぽい。激しい。
全然息抜きの場面ではないのだ。やっぱり全力です。

タンゴもよかった。
桜花×高世…ふむ…。桜花さんが攻めというのもなかなか…←
しかし振付がエロい。しまいには二人がチューしたところで「な、名倉センセ!?」(ガタッ
…と心のなかでツッコんでしまった。
宝塚なんかではよくありそうですけどね、こういうBL路線。
でもOSKでは滅多にやらない。そこがいいんだ!

ラインダンスといえば大谷盛雄ってイメージですが今回は麻咲梨乃の振付。
高速ではないけれど元気ハツラツ足上げ回数も多く見応えあり。好き。

もうラインダンスを見終わった時点で、おなかいっぱい!
なんですかこの充足感。すでに若干放心気味。
ですが、ラ・ヴィ・アン・ローズを経て最大の見せ場「ジャストダンス」。
すばらしいとしか言いようがない。名作すぎて辛い。
この激しいダンスのあと歌うたわせるとか、なんという無茶を。
たしか、砂漠の場面でも激しいダンスのすぐ後に桐生さん歌ってたよね…。
でもそんなのまったく感じさせず歌い上げるスターたち。
この桜花・高世・桐生の3人で歌うシーンに涙腺崩壊でまいった。
ラストのパレードも羽とか持ち物(小道具)は一切なしでシンプルに。
これだ!って感じ。
派手な衣装や舞台セットを取っ払ってこれだけ魅せられるのが本来のOSKなのですね。
ダンスに焦点を絞って歌を少なめにしたのもよかった。(歌を聴きたくないというわけではなく
非常にハードそうな構成だけど名倉先生のOSKにかける愛と情熱をすごく感じました。

…ところでこの第二部、略すとコピーコントロールCDw
そんなものもありましたねえCCCD。
としょうもない小ネタで締めくくったりして。


スポンサーサイト



[Edit]