FC2ブログ
京都南座公演観にいってきました。
久し振りに祇園に来たので、開演前に八坂神社、円山公園をぶらっと散歩し、知恩院にも行きました。あっちこっち修理工事中でタイミング悪いったらありゃしない。方丈に行く気もそがれて鴬張りの廊下を歩いてから帰りました(笑)
工事、だいぶ長引きそうなんだね…。八坂神社の立派な楼門も白いシートに包まれてたしがっかりした。

で、南座に戻ってレビューin kyotoです。
ヤヴァイ。超感動した。くそう、源氏物語良かった…。
和装の美しさに胸きゅんした。
平安貴族の衣装ってなんであんなにそそるんでしょうか。
長い黒髪に広がる着物の裾。美しい姫たちがずらっと並ぶオープニングにぞくっときた。

舞台セットはシンプルで、それでいて気品があって京都らしいというか、清々しい感じでした。音楽も美しかったりOSKらしい曲調だったりで満足。
車争いのシーンはびっくりしたけど。車の騒音とか現代的なアレンジで、いきなりなんだ、と(笑)そういうのありなんだと思って。

平安アイドルの歌もいきなりポンポン持って変なのきたよこれー的な。ちょっと吹き出しました。「L・O・V・E・光♪」っておい。そういうの大好きだから。

桜花昇の光は思った以上にはまってるというか、美しかったです。BI☆青年でした。まさに光り輝いてた。
桜花さん、歌上手くなった?それとも音響がいいの?その両方?

一部の上演時間は一時間ほどなので、登場人物や場面のそれぞれの描かれ方は非常にあっさりしたものですが、私はドロドロしたのが嫌いなのでそういうのが一切感じられなくて、ただ美しい雰囲気に浸ることができて良かったです。

二部の感想に続きます。

000invalid_filename.jpg

パンフの表紙カッコイイ。
スポンサーサイト



[Edit]